▷ ▷ ▷ LINEお友だち登録で10%OFFクーポンGET!

車ガラスのウロコ・水垢・油膜取りの料金は?オートバックスと他店を比較

車ガラスのウロコ・水垢・油膜取りの料金は?オートバックスと他店を比較

フロントガラスにこびりつくウロコ(油性水垢の一種)は、一度ついてしまうと拭いたり水洗いしたりしても、簡単には落ちません。

ウロコは水垢が変質してできるものですが、水垢はなぜ発生するのでしょうか。

水垢が発生する原因とオートバックスやKeePerなどで水垢除去をした際の料金などについて、以下より説明していきます。ぜひ参考にしてください。

\公式ショップならLINE登録で最安値!/
おさるのスゴピカ ウロコ取りおさるのスゴピカ ウロコ取り
目次

フロントガラスに水垢がつく原因は?

油性の汚れである水垢は、以下のようなことが原因でフロントガラスにこびりつきます。

  • 排気ガスや煙に含まれている油分に空気中のホコリ、チリが混ざってガラスにへばりつく
  • 塗布したワックスやコーティングが古くなって汚れになる

フライパンについた油汚れが、どんなにゴシゴシと洗っても落ちないのと同様の現象が、フロントガラスにも起きてしまうのです。食用油などのようには簡単に落とせないため、研磨剤を含むクリーナーなどを使用して洗浄する必要があります。

フロントガラスに付いた油膜によって視界は悪くなり、運転に支障をきたすため放置すると大変危険です。

オートバックスでフロントガラスのウロコ・油膜取りができる

フロントガラスウロコ・水垢・油膜取り

オートバックスでは、フロントガラスのウロコ・油膜取りのサービスをしています。

もちろん、自分で市販のクリーナーを使って除去することはできますが、プロにお願いすることで確実に綺麗な仕上がりが期待できます。

以下では、オートバックスで水垢除去・油膜取りをした際の料金などについて、詳しく解説していきます。

オートバックスでボディー水垢除去する料金

通常の洗浄では落とすのが不可能な水垢は、オートバックスに依頼すれば除去することが可能です。

オートバックスの水垢除去は、車のサイズによって料金が異なっており、最安値で1,620円、最高価で3,024円となっています。

ほとんどの業者がオートバックスとほぼ同様の料金設定をしているので、1,500〜3,500円が水垢除去の相場と考えていいでしょう。

オートバックスでガラス油膜取りする料金

ガラスにこびりついた油膜は、通常の洗車では落ちません。しかしオートバックスにガラス油膜取りを依頼すれば、オートバックス独自の特殊な洗剤を駆使して、簡単に落とすことが可能です。

オートバックスの油膜取りの料金は、フロントガラス1面を頼んだ場合、税込1,650円となっています。

フロントガラスコーティングする料金

オートバックスでは、汚れ落としだけでなくコーティングも受け付けています。フロントガラスにコーティングをほどこしておけば、コーティングされたガラスの表面が撥水効果をもたらして、水垢・油膜がつきにくくなります。

また、撥水効果によって雨の日でも前が見やすくなるのも、コーティングのメリットです。

オートバックスが行っているコーティングは、エコノミーコート・ハードコートの2種類があります。コーティングは、施工を行う前にフロントガラス表面を研磨しますが、エコノミー・ハードの違いは以下の通りです。

スクロールできます
コーティングの種類特徴料金
エコノミーコートコーティング前の研磨時間は20分ほどで撥水効果は2〜3ヶ月。2,990〜8,490円
ハードコート研磨時間は1時間ほどで付着物を固着させない効果あり。5,690〜15,790円

オートバックスのフロントガラスコーティングの料金は車のサイズによって異なり、また店舗によっても違いがあります。事前に連絡をして確認しておくといいでしょう。

フロントガラスのウロコ・油膜取りができる商品3選

フロントガラスのウロコ・油膜取りは、小さい汚れであれば市販されている専用アイテムを使っての除去が可能です。ではおすすめの除去商品3タイプを以下より紹介していきます。

①ながら洗車「スプラッシュ&リムーバー大容量350ml油膜取り」

油膜取りでかつ撥水力も強い、施工現場でも使われる油膜取りになります。

油膜取りをした後に撥水剤をかける手間をが1行程で、本来40分程度かかるところを1分で完了させることができます。

②おさるのスゴピカ「ウロコ取り」

おさるのスゴピカ ウロコ取りシリーズはスポンジで拭いて水で流すだけで頑固な水垢を除去するこできます。フロントガラス以外にも樹脂できたバイザーやピラーパネル、ボディにも使用することができるため、あらゆる水垢に対応している専用クリーナーです。

使用方法も簡単なので、素人でも簡単に頑固な水垢を取り除くことができるのが特徴です。

\公式ショップならLINE登録で最安値!/
おさるのスゴピカ ウロコ取りおさるのスゴピカ ウロコ取り

③キイロビンゴールド & ミラクリア セット

汚れ除去に加えてコーティングもしたい人におすすめなのが、プロスタッフのキイロビンゴールド&ミラクリアのセットです。

キイロビンゴールドはナノパウダーと酸化セシウムを融合させることによって強力な除去力を実現させています。ミラクリアは撥水効果が5ヶ月持続するアイテムです。

他店舗のフロントガラス油膜取りの料金は?

フロントガラスの交換はオートバックスだけでなく、他店舗でも依頼可能です。では他店舗で交換を頼んだ場合いくらほどの費用になるのか、次より紹介していきます。

イエローハットの水垢・油膜取りはどう?

イエローハットでは現在、水垢除去のみの作業をしてもらうことはできません。

ウロコ・水垢除去をしてもらうためには、ボディコーティングの中でも特に人気の高いメニュー「ガラスコーティング」の作業の一環として、除去してもらうことができます。一見すると綺麗に見えても、車の塗装面には様々な汚れが付着しているため、専用の液剤や粘土、クロスなどを用いて丁寧に汚れを除去してもらえます。

料金はコース内容や車のサイズによっても異なるため、価格表をご覧ください。

耐久5年の最高級「プレミアムクラス」

サイズ価格
SSサイズ47,300円
Sサイズ52,800円
Mサイズ58,300円
Lサイズ63,800円

耐久3年の高品質「スタンダードコース」

サイズ価格
SSサイズ27,500円
Sサイズ30,800円
Mサイズ34,100円
Lサイズ37,400円

耐久1年の手軽さ「エコノミークラス」

サイズ価格
SSサイズ16,500円
SSサイズ18,500円
Mサイズ20,500円
Lサイズ22,500円

興味がある方はこちらから予約▶【イエローハット

KeePerの水垢・油膜取りはどう?

KeePerの場合もイエローハットと同じで、水垢除去のみの作業をしてもらうことはできません。

KeePerのサービス「キーパーコーティング」では、車の塗装そのものが持っている本質的な輝きを引き出して価値を保つ人気な施工となっており、徹底的にウロコや水垢などの汚染を除去した上で、作業をしてもらうことができます。ガラス被膜の上に、「レジン」の膜で水シミを強力に防止すると同時に、より強いツヤを生み出しています。

新車を超える艶「EXキーパー」

サイズ価格
SSサイズ108,100円
Sサイズ117,900円
Mサイズ128,500円
Lサイズ143,000円

圧倒的な艶「Wダイヤモンドキーパー」

サイズ価格
SSサイズ68,800円
Sサイズ76,100円
Mサイズ83,400円
Lサイズ88,800円

深い艶を生む「ダイヤモンドキーパー」

サイズ価格
SSサイズ47,500円
Sサイズ52,500円
Mサイズ57,500円
Lサイズ61,300円

透き通るガラス被膜「クリスタルキーパー」

サイズ価格
SSサイズSSサイズ16,600円
Sサイズ18,600円
Mサイズ20,800円
Lサイズ22,800円

興味がある方はこちらから予約▶【Keeper

あわせて読みたい
フロントガラスの油膜とは?油膜の原因と除去する方法を徹底解説 車を運転していると、ギラギラしたものに視界をさえぎられて運転しづらいという経験がある人もいるでしょう。 フロントガラスのギラギラの正体は油膜で、気がついたらフ...

まとめ

フロントガラスにこびりつくウロコ・水垢・油膜は、一度ついてしまうと拭いたり水洗いしたりしても、簡単には落ちません。

オートバックスでは、水垢・油膜取りだけでも作業してもらうことができるため、おすすめです。

プロの業者にお願いすると確実に綺麗にしてもらうことはできますが、料金もかかるため自分で作業したいという方もいると思います。お手頃な価格で効果が高い商品も紹介してきましたので、フロントガラスの水垢や油膜に困っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい
フロントガラスの曇る原因と対処法は?内側と外側の対策を解説 車のフロントガラスの曇りに、イライラすることはないでしょうか? ガラスが曇ると、運転の視界も悪く、余計な神経を使って運転をする羽目に。 今回の記事では、車のフ...
よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次