車検費用が安い業者の選び方とは?比較ポイントと費用を抑える方法

  • 2021年4月19日
  • 2021年4月24日
  • 車検

車検費用が安い業者の選び方を完全紹介していきます。

それぞれの特徴や比較するポイント、さらに費用を抑える方法も紹介していきます。

車検費用を抑える6つの方法

日本では2年に1度、車検を受けることが義務付けられています。
車検を受けなければ、無車検車となり、そのまま公道を走ると罰則があります。

しかし、2年に1回、高い車検費用を払うのもなかなか厳しいですよね。

そこで、車検費用を抑える6つの方法を紹介していきます。

関連記事

2年に一度の車検では、どうしても出費がかさんでしまいます。 大きな車ならば10万以上もの出費が必要になり、車検の為に節約している家庭は約4割ほどと言われています。 タイヤなどがすり減ってしまっても、ついつい車検の時期に考えようと[…]

車検費用 相場

1. 複数の車検業者に見積もりを取って比較する

車検業者を選ぶ際、複数の業者に見積もりを依頼することをおすすめします。

1つの業者だけだと、その金額が高いのか安いのか判断できません。
また、業者によって車検費用が異なるため、金額に大きな差が出る場合もあります。

そのため、必ず複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。

関連記事

車検を受ける際、事前に見積もりを取ったほうが良いのでしょうか。 車検の見積もりを取る方法とそのメリットについて紹介していきます。 車検の見積もりとは 車検の見積もりとは実際にどれくらいの金額がかかるかを事前に計算してくれるものです[…]

車検の際は見積もりを取るべき?見積もり方法とメリットとは

2. ディーラー以外の業者で車検を受ける

そして、ディーラー以外の業者で車検を受けるようにしましょう。

ディーラーは車の販売や修理、メンテナンスを行っており、安心感があります。
しかし、車検費用が高かったり、メーカー指定の純正パーツを使用していたりするため、金額が割高となります。

そのため、ディーラー以外の業者に依頼することで大幅に車検費用を抑えることができます。

3. 検査項目や整備項目を減らす

検査項目や整備項目を減らすことで車検費用を抑えることができます。

たとえば、ディーラーの場合は車検に必要な項目以外にもメンテナンスを行ってくれます。
さらに、まだ交換は必要ない程度のものでも交換することを勧められることがあります。

そのため、必要最低限の検査項目、整備項目にすることで車検費用を安く済ませることができます。

4. 部品交換はリビルド品を使用する

車検時には部品の交換が必要になることがあります。
しかし、メーカー指定の純正パーツを使用すると金額が高くなりがちです。

そのため、新品部品ではなくリビルト品を使用することで交換部品代を抑えることができます。

5. 店舗ごとの特典やサービスを活用する

店舗ごとに特典やサービスを活用する方法もあります。

店舗によっては会員割引を実施していることがあります。
さらに、頻繁に利用するガソリンスタンドでは特典があることもあるため、よく行くガソリンスタンドなどに相談してみるのも良いかもしれません。

6. 自分で車検を行う

ユーザー車検という自分で車検を行う方法があります。
ユーザー車検の場合、車検費用はかからないため、最安値で車検を受けることができます。

しかし、整備や検査、運輸局での車検などをすべて自分で行わなければなりません。
また、車検項目にはヘッドライトの光軸検査や排ガス検査などもあるため、検査するための機材がなければ数値を計測することができません。

さらに、プロによる検査ではないため、安心感という観点では心配が残ります。

結局、車検業者はどこが安いの?

では、結局どこの業者が安いのでしょうか。
それぞれの特徴を比較していきましょう。

業者 費用の目安 特徴
車検専門店 4~10万円 スピーディーで安い
カー用品店 2~7万円 交換部品の取り扱いが幅広い
ガソリンスタンド 1~4万円 店舗数が多いため、近場で受けられる
整備工場 3~5万円 ディーラーと同等の質だが、金額が高め
ディーラー 3~8万円 純正部品を使用する安心感があるが、高い

車検専門店

車検専門店は必要最低限の検査項目で検査を行うため費用も安くスピーディーに車検を受けることができます。
最近では即日車検を完了することもできるため、スピードと低コストを重視している方におすすめです。

カー用品店

大手カー用品でも車検を受けることができます。

カー用品店では様々なメーカーのパーツを取り扱っています。
そのため、部品の交換が必要になった際、好きなメーカーの部品を取り付けることができます。

しかし、店舗や作業者によって技術の差がある場合もあります。

ガソリンスタンド

店舗数が多いガソリンスタンドの場合、近場で受けられるというメリットがあります。
しかし、車検を専門に行っているわけではないため、時間がかかってしまうことがあります。

整備工場

整備を専門にしている整備工場は質の高い点検、整備を行ってくれます。
金額については、ディーラーの次に高くなりがちですが、整備士の技術の高さがあります。

ディーラー

ディーラーの場合、検査や整備する項目が多いのが特徴です。
さらに、内外装の洗車サービスがあったり、配車や台車サービスも充実していたりします。

しかし、車検費用が最も高いため、金額よりも質の高さやサービスを重視する方向けとなります。

関連記事

ディーラーへ車検を依頼するのは割高なのでしょうか。 ディーラー車検のメリットと安く抑える方法を紹介していきます。 ディーラー車検の特徴は? それでは、まずディーラー車検の特徴について説明していきます。 ディーラー車検のメリット […]

ディーラー車検の費用は割高?依頼するメリットと安く抑える方法

業者に依頼するより安い「ユーザー車検」について

業者に依頼するよりも安く済ませることができるのが「ユーザー車検」です。
それでは、ユーザー車検について説明していきます。

ユーザー車検で抑えられる費用は「車検基本料」だけ

ユーザー車検の場合、検査費用などは一切かかりません。
そのため、法定費用で車検を受けることができます。

しかし、他の業者についても法定費用の金額は全く同じです。法定費用とは国で定められている金額のため、どこの業者で受けても、自分で車検を受けたとしても全く同じ金額を支払わなければなりません。

そのため、ユーザー車検の場合は車検基本料のみを抑えることができます。
また、24ヶ月点検については業者に依頼する必要があるため、トータルの時間と費用を総合的に判断することをおすすめします。

ユーザー車検のメリット・デメリット

ユーザー車検のメリットは数万円程度ですが車検基本料を抑えられるところにあります。
また、手続きから検査、整備まですべて自分で行う必要があるため、検査内容や税金などの知識がつきます。

しかし、デメリットもあります。運輸局は平日の限られた時間しか空いていません。
また、月によっては混んでいることもあり、丸一日かかることがほとんどです。

さらに、すべての検査を自分で行う必要があるため、整備や検査に時間がかかってしまいます。
車検には、ヘッドライトや排ガスなどの特定の機械がなければ検査できない項があります。

そのため、その機械があるテストセンターや整備工場などで調整してもらう必要があります。

関連記事

車検には大きく2種類が存在します。 ひとつは整備工場などに頼み、車検を行ってもらう方法、もうひとつが自分自身で陸運局に車を持ち込み、国の車検機関によって車検を通す方法。 陸運局に自分自身で持ち込む方法を、「ユーザー車検」と呼び、[…]

ユーザー車検 メリット デメリット

車検を安く受けるために|車検費用の内訳とは?

それでは、車検を安く受けるために車検費用の内訳を理解しておきましょう。

法定費用

車検費用には法定費用が含まれています。
法定費用とは自動車重量税、自動車賠償責任保険料、印紙代の総称です。

法定費用は国で定められた費用のため、どの業者に依頼しても金額は同じです。

関連記事

車検には車検基本料の他に法定費用というものがかかります。 では、車検にかかる法定費用とはどのようなものなのでしょうか。 また、内訳や諸費用の計算方法についても解説していきます。 車検にかかる法定費用とは? 車検にかかる費用に[…]

車検にかかる法定費用とは?内訳や諸費用の計算方法なども解説 車検には車検基本料の他に法定費用というものがかかります。では、車検にかかる法定費用とはどのようなものなのでしょうか。また、内訳や諸費用の計算方法についても解説していきます。 車検にかかる法定費用とは? 車検にかかる費用には大きく分けて車検基本料と法定費用の2種類あります。車検基本料とは依頼する業者や検査項目によって異なります。一方、法定費用とは国で定められた費用なので、どこの業者でも同じ金額がかかります。 車検にかかる法定費用の内訳について 法定費用には自動車賠償責任保険料、自動車重量税、そして印紙代の3種類がかかります。それでは、車検にかかる法定費用の内訳についてみていきましょう。 1.自賠責保険 まずは、自動車賠償責任保険(通称、自賠責保険)についてです。自賠責保険は強制保険とも呼ばれており、公道を走るには必ず入らなければいけない保険のことです。また、この自賠責保険に加入していない場合は車検を受けることができません。しかし、万一自賠責保険が切れたまま公道を走った場合、無保険車運行という違反行為となり、刑事罰の対象となってしまうため注意が必要です。また、自賠責保険の保険料については普通自動車か軽自動車かによってかわります。 2.自動車重量税 次に自動車重量税についてですが、車種や重量、そして年式によって税額が異なります。文字通り、重量が重くなるほど金額が高くなります。また、新車登録から13年が経過している車は通常の税額よりも約15%の割り増しとなってしまいます。さらに、新車登録から18年経過した車はさらに税額が割り増しになってしまいます。しかし、ハイブリッド車などのエコカーについては、エコカー減税が適用されるため、自動車重量税が免除されたり、50%減免されたりするため、他のガソリン車やディーゼル車よりも安く済みます。 3.印紙代 そして、印紙代が必要となります。印紙代は車検を行う場所や車種によって異なります。あまり費用の差はありませんが、仮に5ナンバーの普通乗用車の場合であれば、指定工場と認証工場では500円の差があるため、費用差があることを理解しておきましょう。 依頼場所 車種 費用 指定工場 軽自動車 1,110円 その他の車種 1,200円 認証工場 軽自動車 1,400円 3ナンバー 1,800円 4.5.6.7ナンバー 1,700円 法定費用は車の車種によって異なる 「なんとなく法定費用の内訳はわかったけど、イメージがつきにくい。」という方も多いと思います。そこで、実際の費用を表にまとめて解説していきます。 普通自動車の法定費用 法定費用は普通自動車と軽自動車によって大きく変わります。それでは、まずは普通自動車の中で比較してみましょう。 条件 法定費用 車種 重量 年数 依頼場所 エコカー減税適用有無(50%減免) 自賠責保険 自動車重量税 印紙代 合計 普通自動車 1.0t 5年 指定工場 有 25,830円 5,000円 1,200円 32,030円 1.0t 5年 指定工場 無 25,830円 16,400円 1,200円 43,430円 2.0t 13年 指定工場 無 25,830円 45,600円 1,200円 72,630円 同じ重量であっても、エコカー減税が適用されているかどうかで法定費用が大きく変わります。また、重量が重くなると重量税が跳ね上がるため、法定費用の合計金額が高くなります。 軽自動車の法定費用 次に軽自動車の法定費用を見ていきます。 条件 法定費用 車種 重量 年数 依頼場所 エコカー減税適用有無(50%減免) 自賠責保険 自動車重量税 印紙代 合計 軽自動車 - 5年 指定工場 有 25,070円 2,500円 1,100円 28,670円 - 5年 指定工場 無 25,070円 6,600円 1,100円 32,770円 - 13年 指定工場 無 25,070円 8,200円 1,100円 34,370円 軽自動車は重量区分がないため、年式やエコカー減税の適用かどうかによって費用差があります。しかし、いずれにしても普通自動車よりも圧倒的に法定費用が安いのが特徴です。 法定費用以外に必要な費用 それでは、法定費用以外に必要な費用にはどのようなものがあるのでしょうか。 車検基本料 車検には法定費用以外にも車検基本料がかかります。車検基本料は依頼する業者やプランによって大きく変わります。依頼する業者はディーラー、車検専門店、ガソリンスタンド、さらに整備工場などがあります。それぞれに特徴がありますが、費用差が大きいというのも事実です。特にディーラーの場合は純正部品を使用し、検査項目も多いため、他の業者と比べても割高に設定されています。一方、車検専門店は車検を専門に行っているため、費用も安くスピーディーに車検が完了します。 部品交換費用 そして、車検基本料以外には部品交換費用がかかります。車検時に必ずではありませんが、部品の交換が必要になることがあります。部品交換費用についても依頼する業者によって金額はまちまちです。カー用品店であれば様々なメーカーから部品を選ぶことができるため、好きな部品に交換することができます。また、整備工場であればリビルト品を使用することができるため、交換部品代を抑えることができます。 車検にかかる合計費用とその計算式 それでは、車検にかかる合計費用とその計算式について説明していきます。車検には車検基本料、法定費用、交換部品代がかかります。それらすべてを合計した金額が車検費用の総額となります。 条件 法定費用 車検基本料 交換部品代 車種 重量 年数 依頼場所 エコカー減税適用有無(50%減免) 自賠責保険 自動車重量税 印紙代 車検基本料 交換部品代 合計 軽自動車 - 5年 車検専門店(指定工場) 有 25,070円 2,500円 1,100円 22,000円 20,000円 70,670円 新車登録から5年経過したエコカー減税が対象の軽自動車の例です。車検専門店で車検を受けた場合、車検基本料の目安が22,000円になります。また、タイヤ交換やオイル交換をまとめて行った場合は20,000円程度のため、車検費用の合計は70,670円となります。仮にディーラーへ依頼した場合は車検基本料の目安が38,340円となるため、車検専門店よりも費用が高くなることがわかります。また、ディーラーの場合はタイヤ交換やオイル交換も割高になるため、注意が必要です。 依頼場所 車検基本料の目安(軽自動車) ディーラー 38,340円 車検専門店 22,000円 ガソリンスタンド 13,600円 整備工場 33,400円 車検費用を安くしたいなら楽天car車検で比較しよう! 車検費用を安く済ましたいのなら楽天car車検で複数の業者を比較することをおすすめします。楽天car車検は郵便番号を入力するだけで、近くの業者を探すことができます。自宅からの距離や他利用者のレビュー、さらに参考金額まで掲載されているため、とても簡単に車検業者を探すことができます。そのため、まずは楽天car車検を使用して業者に見積もりを取りましょう。 まとめ 車検には車検基本料や部品代以外にも法定費用というものがかかります。法定費用は国によって定められているため、どこでも車検を受けても全く同じ金額を支払わなければなりません。そのため、車検費用を抑える場合は楽天car車検で複数社から見積もりを取ることをおすすめします。

車検基本料

車検基本料とは業者によって設定された車検を受けるための費用です。
そのため、車検基本料の金額は業者やプランによって異なります。

通常、車検基本料は検査項目の種類や代車の有無、内装のクリーニングやその他の手数料が含まれています。
そのため、車検基本料によって車検費用の総額に差が出てきます。

部品交換費用

次に部品交換費用がかかることがあります。

車検ごとに部品交換が発生するわけではありませんが、車の部品は走行距離や年式によって劣化が進んでいきます。
そのため、どこかのタイミングで交換が必要になることがあります。

また、部品交換の際、メーカー指定の純正部品を使用するのか、リビルト品を使用するのかで金額が変わります。

車検を受けるときに余計な費用をかけないためには?

それでは、車検を受けるときに余計な費用をかけないようにするには、どうしたら良いのでしょうか。

過剰整備に注意する

まず、過剰整備に注意しましょう。

業者によっては車検に必要のないところを検査項目に追加することがあります。安心感を求めるのであれば、すべてを検査するに越したことはありませんが、車検には必要ないともいえます。
そのため、事前に必要最低限の検査を希望していることを伝えておくことが大切です。

また、まだ使用できる部品の交換がされるときがあります。
その場合、最終的な支払いで請求されてしまうことがあるため、部品の交換については事前に教えてもらうようにしておきましょう。

見積りと請求内容に違いがないか確認する

見積もりと請求内容に違いがないかを必ず確認しましょう。

最終的な請求金額が当初の見積もりと違うこともあります。
たとえば、代車費用を後々請求されてしまったり、クリーニング代が上乗せされてしまったりなど、追加費用が発生することがあります。

そのため、見積もりと請求内容を確認するようにしておきましょう。

まとめ

2年に1度受けなければならない車検ですが、できるだけ費用を抑えたいですよね。

今回、各業者の特徴やポイントについて紹介させていただきました。

本記事で紹介した車検費用を抑える方法をぜひ実践してみてください。