車のタイヤ、足回りから異音が!?その原因と対応方法とは?

車のタイヤや足回りから異音が聞こえた場合、どのように対処したら良いのでしょうか。

また、異音が発生する原因には何があるのでしょうか。

今回は車のタイヤや足回りから異音は発生する原因と対応方法について紹介していきます。

関連記事

パンクしてしまったタイヤは修理すれば乗り続けられるのでしょうか。 また、パンク修理にかかる費用はどれくらいなのでしょうか。 今回はパンクしてしまったタイヤの交換の必要性やパンク修理代について解説していきます。 [sitec[…]

タイヤはパンク修理すれば乗り続けられる?修理代の目安と交換の必要性

走行時にタイヤや足回りから異音が発生する原因とは?

走行中に「ゴロゴロゴロ」などの普段耳にすることの無い異音が聞こえてくることがあります。
そのような異音を放っておくと、大きなトラブルを引き起こしてしまうことがあります。

そのため、異音が聞こえたら、事故を起こさないためにも、すぐに対処しておく必要があります。

それでは、まず異音が発生する原因について説明していきます。

タイヤに原因がある場合

足回りから異音が聞こえる原因の一つとしてタイヤに原因があることがあります。

たとえば、「キキキ」というようなスキール音が頻繁に起きてしまう場合はタイヤが古くなり硬化している可能性があります。
また、タイヤの空気圧が不足している場合でもスキール音がなることがあります。

さらに、ゴムでできたタイヤは経年劣化により、簡単にヒビが入ってしまいます。
そのような場合は走行に支障をきたし、最悪の場合、事故を引き起こしてしまう恐れがあります。

そのため、早急にタイヤを交換することをおすすめします。

タイヤ購入と予約が同時にできるネットサービス【TIREHOOD】を利用すれば、手間のかかると思われているタイヤ交換もスムーズに行えます。

TIREHOOD(タイヤフッド)
TIREHOOD(タイヤフッド)

ホイールに原因がある場合

タイヤの他にホイールに原因がある場合があります。
走行していてブレーキをかけたとき、「ギシギシ」という異音が発生したら、ホイールに何らかの原因がある可能性が高いです。

たとえば、ホイールを締めているホイールナットが締まっていないということが考えられます。
その場合、ホイールとホイールの取り付け面の密着が甘くなってしまい、異音が起きます。

そのまま放置しておくと、ホイールナットの緩みが酷くなり、ホイールが外れることもあります。
走行中にホイールが外れると自車が事故を引き起こすことはもちろん、歩行者に大きな怪我を負わしてしまう可能性があります。

そのため、ホイールから異音が聞こえたら、すぐに走行を止めて、ホイールやタイヤを確認しましょう。
また、可能であればレッカーなどを手配して整備工場等で確認してもらうのも良いかもしれません。

格安輸入タイヤ
格安輸入タイヤ

タイヤやホイール以外に原因がある場合

異音にはタイヤやホイールに原因がある場合があります。

タイヤの摩耗やホイールの変形によって、空気が抜けてしまったり、ホイールナットの緩みが生じてしまったりすることがあります。

しかし、足回りの異音にはタイヤやホイール以外に原因がある場合もあります。
それでは、タイヤやホイール以外の原因についてみていきましょう。

  • ブレーキパッドからの異音
    ブレーキパッドが原因で異音が起きることがあります。「キーキー」という甲高い音が発生した場合はブレーキが鳴いているという状態です。通常、ディスクブレーキを採用している車両の場合、異音を発生させることでブレーキ交換のタイミングを知らせていることがあります。そのため、ブレーキから異音が発生した場合はブレーキパッドとブレーキディスクの点検を行う必要があります。ブレーキからの異音は放置しておくと大きなトラブルになりかねません。特にブレーキパッドの摩耗が起きている場合は突然ブレーキが効かないというようなことがあります。そのため、ブレーキパッドからの異音が起きた場合は早急にブレーキの点検を行い、必要であればブレーキパッドの交換を行いましょう。
  • ハブベアリングからの異音
    また、ハブベアリングから異音が発生することもあります。ハブベアリングとは車輪の中心にある軸受けのことをいいます。このハブベアリングから「ゴロゴロ」という異音が発生した場合、ハブベアリングに何らかのトラブルが生じている可能性が高いです。ハブベアリングの材質は金属ですが、年数が経つと劣化してしまう部品です。そのため、潤滑がうまくいかずに「ゴロゴロ」という異音が起きます。特にFF車(フロントにエンジンがあり、フロント駆動の車)の場合、車両の方向転換と駆動を同じ軸で行っているため、ハブベアリングの負担が大きくなってしまいます。そのため、特にFF車の場合は異音が起きたらすぐに点検することをおすすめします。

タイヤや足回りから異音が発生したときの対応方法

それでは、タイヤや足回りから異音が発生したとき、どのような対応を取れば良いのでしょうか。

タイヤや足回りの異音は、はやめに整備工場に相談しよう

タイヤや足回りは車にとってとても重要な箇所です。
タイヤがパンクしたり損傷したりしていると、正常に走行することができず、走行中のバーストは大きな事故を引き起こしてしまう可能性があります。

また、ホイールの変形が生じている場合も真っすぐ走行できなかったり、突然空気が抜けてしまったりすることがあります。
さらに、ブレーキからの異音はブレーキの摩耗やトラブルが起きていることがあります。
特に、ブレーキは車を止めたり、減速させたりする重要な部品です。
そのため、命に関わる部品とも言われています。

したがって、ブレーキからの異音は特に注意しておく必要があります。
万一、そのまま放置しておくと、突然ブレーキが効かないということも有り得ます。

ブレーキが利かなくなってしまった場合、大きな事故を引き起こしてしまう可能性が高いです。
そのため、タイヤや足回りから異音が発生したら、すぐに整備工場に相談しましょう。

また、どこが原因で異音が発生しているかわからない場合もすぐに整備工場に車を持っていき、点検してもらうことをおすすめします。

関連記事

車の修理はどこに依頼すれば安く済むのでしょうか。 今回、おすすめ業者と安く済ませる方法を紹介していきます。 車修理を安く済ませる4つの方法 車の修理と聞くと、なんとなく高いイメージがありますよね。 しかし、傷の程度によ[…]

車の修理はどこが安い?おすすめ業者と安く済ませる方法

まとめ

車のタイヤや足回りからの異音には様々な原因があります。
タイヤに問題がある場合もありますし、ホイールやブレーキに問題があることもあります。

しかし、タイヤや足回りは車の重要な部品です。正常に走行できなくなったり、ブレーキが効かなくなったりすることもあります。
そのため、タイヤや足回りから異音が聞こえたら、すぐにプロの整備士に診てもらうことが必要です。

少しでも気になったら、整備工場に相談してしっかりと点検してもらいましょう。
足回りの点検を整備工場で行うことで大きな事故を引き起こすことを未然に防ぐことができます。