タイヤ交換の値段はいくら?工賃の相場と安く抑える方法を大公開

消耗品であるタイヤはいすれ交換が必要になります。
また、パンクなどのトラブルが起きた時も交換する必要があります。

それでは、実際タイヤ交換にはいくらかかるのでしょうか。
今回、タイヤ交換の工賃相場と安く抑える方法を大公開しちゃいます。

タイヤ交換にはいくつかの方法があります。
ディーラーに依頼したり、ガソリンスタンドに依頼したりする方法など自分にあった方法を選ぶことができます。

しかし、依頼する業者や方法によって同じタイヤでも金額が大きく変わることがあります。

結論から言うと、タイヤ交換を一番安く済ませる方法はインターネットでタイヤを購入して業者へ持ち込んで交換してもらう方法です。

インターネットでタイヤ購入し、持ち込み交換する方法が一番安く済むのです。

関連記事

車のタイヤがパンクした場合、パンク修理やタイヤ交換をする必要があります。 しかし、最近のタイヤはパンクしても空気が抜けにくくなっているため、 すぐにパンクしていると気づかない場合もあります。 そこで、今回はパンクの簡単な見分け方と[…]

【車のタイヤ】パンクの簡単な見分け方と原因を完全解説

タイヤ交換にはいくつかの料金が発生する

タイヤ交換は単にタイヤを交換するだけではありません。

もともと付いているタイヤを取り外し、新品のタイヤに交換し、タイヤローテンションを行います。
その他、ホイールバランス調整やゴムバルブの交換作業があります。

そのため、タイヤ交換以外にもいくつかの料金が発生します。

関連記事

パンクしてしまったタイヤは修理すれば乗り続けられるのでしょうか。 また、パンク修理にかかる費用はどれくらいなのでしょうか。 今回はパンクしてしまったタイヤの交換の必要性やパンク修理代について解説していきます。 [sitec[…]

タイヤはパンク修理すれば乗り続けられる?修理代の目安と交換の必要性

タイヤ交換にかかる費用・工賃比較

それでは、タイヤ交換にかかる費用、工賃を比較しながらみていきましょう。

業者 目安工賃 特徴
カーディーラー 10,000円~30,000円 質が高く、在庫も豊富
タイヤ交換出張サービス 6,000円~10,000円 別途、出張費用がかかることも
カーショップ 4,000円~8,000円 価格は安いが在庫がないことも
ガソリンスタンド 4,000円~6,000円 価格は安いが在庫がないことも
タイヤ交換専門店
(持ち込み)
8,000円~12,000円 予約がいっぱいになっているときが多い
カー用品店 4,000円~8,000円 種類が豊富だが、待ち時間が長い場合がある

①カーディーラーの工賃とメリット・デメリット

カーディーラーはメーカーの特約店ということもあり、車種の特徴や特製を熟知しています。
そのため、その車に合ったタイヤを提案してくれるという特徴があります。

また、メーカー純正の推奨タイヤなども在庫にかかえており、その場で交換できる場合が多いです。
さらに、作業者のスキルも高く、安心して依頼することが可能です。

しかし、工賃については比較的高めに設定されています。
そのため、質の高さを求めるのであればディーラーに依頼することをおすすめします。

②タイヤ交換出張サービスの工賃とメリット・デメリット

タイヤ交換出張サービスを利用すれば、自宅に居ながらタイヤ交換を依頼することができてしまいます。
タイヤ交換出張サービスのメリットは自ら店舗に行く必要がないため、時間がない人でも気軽に依頼することができるというところにあります。

しかし、タイヤ交換費用以外に出張費用もかかってしまうため、少し割高になってしまうことがあります。

③カーショップの工賃とメリット・デメリット

愛車をカスタムしたり、チューニングしたりしている場合は、行きつけのカーショップでタイヤ交換を行うことができます。

普段から行き慣れているカーショップであれば、相談しやすいというメリットもあります。
また、純正サイズではなく、ドレスアップ目的でタイヤとホイールを同時に交換することもできるのがメリットです。

しかし、カーディーラーやカー用品店と比較すると店舗規模が小さいため、タイヤの在庫がないことが多いです。
そのため、依頼してからタイヤ交換までの時間がかかることが一般的です。

④ガソリンスタンドの工賃とメリット・デメリット

ガソリンスタンドでもタイヤ交換を行うことができます。

給油したついでにタイヤの点検も行ってくれ、そのタイミングで交換が必要であれば交換することも可能です。
ガソリンスタンドは店舗数が多いため、遠くまで行く必要がなく、近くで済ませることができるのがメリットです。

しかし、タイヤ交換や整備を主な業務としているわけではないため、タイヤの在庫数が少ないことがネックになります。
そのため、選べる銘柄も少なく、車種によっては対応しているタイヤサイズを取り扱っていないということもあります。

金額については比較的安めですが、対応しているタイヤがあるかどうかは店舗によるというデメリットがあります。

⑤タイヤ交換専門店(タイヤ持ち込み)の工賃とメリット・デメリット

タイヤ交換専門店にタイヤを持ち込んで交換するのも一つの方法です。
インターネットでタイヤを購入すれば比較的安くタイヤを手に入れることができるため、交換だけを専門店に任せることができます。

ネット通販で価格の安いタイヤを見つけることができれば、とてもお得にタイヤ交換ができるというのがメリットです。
しかし、最近ではネット通販でのタイヤ販売が多くなってきているため、持ち込み作業の予約が取りづらくなってきています。

そのため、少し時間がかかることもあるため、注意が必要です。

⑥カー用品点の工賃とメリット・デメリット

大手カー用品店でもタイヤ交換を行うことができます。

カー用品店ではあらゆるメーカーのタイヤを扱っており、車種や走り方などによって適切なものを提案してくれるのが特徴です。

しかし、待ち時間が長くなってしまうことがあるため、事前に作業の予約をとっておく必要があります。

業者 内容 目安工賃
イエローハット タイヤ組み換え 1,000円~(1本)
タイヤ脱着 不可
オートバックス タイヤ組み換え 1,000円~(1本)
タイヤ脱着 2,000円~
ジェームス タイヤ組み換え 1,500円~(1本)
タイヤ脱着 店舗による
タイヤ館 タイヤ組み換え 500円~(1本)
タイヤ脱着 500円~(1本)

カー用品店によって目安工賃に違いがあります。
カー用品店大手のオートバックスやイエローハットではあまり金額差がない場合が多いです。
しかし、タイヤを主に取り扱っているタイヤ館では他の用品店よりも比較的安いことが多いです。


カーエイドストア
カーエイドストア

タイヤ交換にかかる料金を安くするコツ

それでは、タイヤ交換にかかる料金を安くするコツを紹介していきます。

まずは、インターネット通販でタイヤを購入する

まず、インターネットでタイヤを購入します。

たくさんの業者が様々な種類のタイヤを販売しています。
走行性能や寿命、静音性などあらゆる種類から選ぶことができる特徴があります。

また、コスト重視のタイヤも販売されており、リーズナブルに購入することが可能です。

そのため、まずは自分の好みのタイヤをインターネット通販で購入しましょう。

業者にて「持ち込み」交換をしてもらう

インターネットで購入したタイヤを業者にて持ち込み交換してもらいましょう。

近くの用品店や整備工場などに相談して工賃を確認してから、依頼先を決めることをおすすめします。
また、場合によっては持ち込み作業を断る店舗もあります。

そのため、事前に相談することがポイントです。
もし、持ち込みが厳しい場合は【TIREHOOD】を利用することで問題なく持ち込み作業を依頼することが可能です。

【TIREHOOD】はインターネット上で好きなタイヤを選ぶことができ、全国の店舗からタイヤ交換作業の予約までできてしまう便利なサービスです。
【TIREHOOD】を使用することで、タイヤの購入から作業予約まで一貫してできるため、とても簡単でお得にタイヤ交換を行うことができます。

TIREHOOD(タイヤフッド)
TIREHOOD(タイヤフッド)

まとめ

タイヤ交換の方法にはいくつか種類があります。
また、どこに依頼するかで金額が大きく変わることがあります。

ただし、インターネットでタイヤを購入し、業者へ持ち込むことで安くタイヤ交換することができます。
そして、購入から作業予約までできるTIREHOODのサービスを利用して、お得にタイヤ交換をしましょう。