タイヤはパンク修理すれば乗り続けられる?修理代の目安と交換の必要性

パンクしてしまったタイヤは修理すれば乗り続けられるのでしょうか。

また、パンク修理にかかる費用はどれくらいなのでしょうか。

今回はパンクしてしまったタイヤの交換の必要性やパンク修理代について解説していきます。

関連記事

消耗品であるタイヤはいすれ交換が必要になります。 また、パンクなどのトラブルが起きた時も交換する必要があります。 それでは、実際タイヤ交換にはいくらかかるのでしょうか。 今回、タイヤ交換の工賃相場と安く抑える方法を大公開しちゃいま[…]

タイヤ交換の値段はいくら?工賃の相場と安く抑える方法を大公開

専門店できちんと「内面修理」すれば使い続けられる

パンクしてしまったタイヤは専門店でしっかりと修理すれば使い続けることができます。
タイヤの側面であるショルダー部分やサイドウォールの穴やスリップサインが出ているタイヤでなければ、修理することでそのまま使い続けることが可能です。

しかし、サイドウォール部分に穴が空いてしまっている場合は、修理することができないため、交換が必要となります。
また、スリップサインが出ている場合、そもそもタイヤ交換の時期が来ているため、交換することをおすすめします。

サイドウォールの損傷やスリップサインが出ていなければ、専門店でしっかりと内面修理を行うことで使い続けることが可能です。

パンク修理には大きく分けて外面修理と内面修理があります。
外面修理とはホイールにタイヤをつけたまま、外側からパンク穴にプラグという修理剤を打ち込み、穴をふさぐ方法です。
タイヤの脱着が必要ないため、作業時間も短く、工賃も安く済むことが多いです。
しかし、外側からの修理になるため、内側の損傷具合を確認できず、またすぐに同じところからパンクを引き起こしてしまう可能性があります。

一方、内面修理とはタイヤからホイールを外して、タイヤの内側からパンク穴を修理する方法です。
内側からパンク穴をふさぐため、確実に修理することが可能です。
しかし、タイヤ脱着の手間が増えるため、作業時間も1本30分以上かかることがあり、工賃も外面修理より割高になってしまいます。

今後も長くタイヤを使い続けるのであれば、確実に修理することができる内面修理をおすすめします。

損傷した場所によってはタイヤ交換が必要

しかし、損傷した場所によってはタイヤ交換が必要となります。

強度が弱いショルダー部分にダメージを受けた場合は、修理してもすぐに穴が開いてしまうため、タイヤ交換が必要となります。

また、損傷している場所がいくつもあったり、大きな穴が空いてしまっていたりする場合は修理ではなく交換することをおすすめします。

タイヤ購入と予約が同時にできるネットサービス【TIREHOOD】を利用すれば、手間のかかると思われているタイヤ交換もスムーズに行えます。

TIREHOOD(タイヤフッド)
TIREHOOD(タイヤフッド)

車のタイヤがパンクしたときの対処法は3つ

車のタイヤがパンクした時の対処法は3つあります。

それでは、その3つの対処法を紹介していきます。

カーショップやガソリンスタンドにお願いする

まず、カーショップやガソリンスタンドに依頼する方法があります。

近くのカーショップやガソリンスタンドでもパンク修理を行ってくれることが多いです。
そのため、外出先で急にパンクした場合でも近くのガソリンスタンドに持っていくことで、修理やタイヤ交換に対応してくれます。

しかし、ガソリンスタンドから積車やレッカーなどが来てくれることは滅多にないため、自走できることが前提です。

安全に自走できる程度のパンクであれば、近くのガソリンスタンドまで走行し、修理してもらうことができます。

修理工場やタイヤ専門店にお願いする

修理工場やタイヤ専門店に依頼することもできます。

専門店では豊富な知識と経験から様々なアドバイスをしてくれます。
また、パンク修理の経験も多いため、修理技術も高いといえます。

しかし、専門的な技術をもっており、質の高い修理を行ってくれるため、内面修理の費用が割高になることがあるため、事前に金額の確認をしておきましょう。

なお、どの修理工場に相談すれば良いかわからない方はグーネットから簡単に修理工場を探すことができます。
必要な項目を入力するだけで簡単に探すことが可能なのでおすすめです。

ロードサービスを利用する

JAF(日本自動車連盟) | JAFなどのロードサービスを利用する対処法もあります。

JAF会員の場合や加入している保険プランによっては、無料でロードサービスを利用することができます。
タイヤのトラブルについても無料で対応してくれる場合もあります。

また、JAF非会員の場合でもロードサービスを利用することができ、タイヤ交換の目安は11,000~13,000円が相場となっています。

車のタイヤのパンク修理にかかる費用と時間の目安

それでは、車のタイヤのパンク修理にかかる費用と時間の目安についてみていきましょう。

業者 費用の目安 時間の目安
ディーラー 2,000~5,000円 外面修理1本20分前後
内面修理1本30~60分
ガソリンスタンド 1,500円~2,000円 外面修理1本20分前後
内面修理1本30~60分
カー用品店 1,500円程度 外面修理1本20分前後
内面修理1本30~60分
タイヤ専門店 2,000円~5,000円 外面修理1本20分前後
内面修理1本30~60分

車のパンク修理にかかる費用の目安

車のパンク修理は修理内容や依頼する業者によって変わります。

たとえば、ディーラーの場合であれば外面修理で1本2,000円程度ですが、内面修理の場合は1本5,000円ほどになります。

しかし、ガソリンスタンドやカー用品店の場合は応急処置程度の修理のため、1,500円ほどが相場になります。
また、タイヤ専門店の場合は修理方法によって変わりますが、内面修理の場合、タイヤサイズによって変動がありますが、3,000~5,000円ほどが一般的です。

車のパンク修理にかかる時間の目安

一方、修理にかかる時間の目安についても修理方法によって変わります。
タイヤ脱着の必要がない外面修理の場合は1本20分以内で終わります。

しかし、内面修理の場合は早くても30分程度かかり、場合によっては1時間ほどかかることもあります。
また、店舗の混み状況や予約状況によっては待ち時間もかかるため、作業時間と合わせるとさらに長い時間がかかります。

車タイヤのパンクを見分ける方法について

それでは、次にパンクを見分ける方法について紹介していきます。

運転中の異常をチェック

車のタイヤのパンクは運転中の異常から確認することができます。

たとえば、普段より走行中のハンドルが重く感じたり、タイヤ付近から異音が発生したりする場合はすぐに確認する必要があります。

また、ブレーキの効きが悪かったり、加速に重たさを感じたりする場合はパンクしている可能性があります。
その場合はすぐに安全な場所に停車してタイヤを確認してしょう。

タイヤの異常をチェック

停車中にタイヤを確認することも大切です。
釘などが刺さっていないかタイヤを目視で確認することで、走行前にトラブルを防ぐことができます。

また、エアバルブに破損がある場合も要注意です。
エアバルブはタイヤの空気を入れる部分ですが、そのキャップの役割を担っているバルブに破損があると、空気が漏れてしまいます。
そのまま放置しておくと、タイヤから空気がだんだん抜けていき、気づかずに走行すると大きな事故を引き起こしてしまう可能性があります。

そのため、走行前にタイヤやエアバルブを確認することはとても大切なことです。

関連記事

車のタイヤがパンクした場合、パンク修理やタイヤ交換をする必要があります。 しかし、最近のタイヤはパンクしても空気が抜けにくくなっているため、 すぐにパンクしていると気づかない場合もあります。 そこで、今回はパンクの簡単な見分け方と[…]

【車のタイヤ】パンクの簡単な見分け方と原因を完全解説

まとめ

タイヤがパンクしたら交換せずに修理することも可能です。

近くのガソリンスタンドやグーネットから検索した修理工場に持っていくことで、タイヤの修理や交換に対応してくれます。
ただし、サイドウォールなどの強度が弱い部分にダメージを受けている場合はタイヤ交換が必要となります。

そのため、日ごろからタイヤのパンクを確認しておくことをおすすめします。
運転中の異音やハンドルの重さを感じた場合はすぐに停車してタイヤの確認を行いましょう。

また、車に乗る前にタイヤに釘が刺さっていないか、エアバルブに損傷がないかを確認することも重要です。