【車のタイヤ】パンクの簡単な見分け方と原因を完全解説

車のタイヤがパンクした場合、パンク修理やタイヤ交換をする必要があります。
しかし、最近のタイヤはパンクしても空気が抜けにくくなっているため、

すぐにパンクしていると気づかない場合もあります。
そこで、今回はパンクの簡単な見分け方と原因を完全解説していきます。

関連記事

消耗品であるタイヤはいすれ交換が必要になります。 また、パンクなどのトラブルが起きた時も交換する必要があります。 それでは、実際タイヤ交換にはいくらかかるのでしょうか。 今回、タイヤ交換の工賃相場と安く抑える方法を大公開しちゃいま[…]

タイヤ交換の値段はいくら?工賃の相場と安く抑える方法を大公開

車のタイヤが走行中にパンクしたときの見分け方と異変

車のタイヤのパンクについて、走行中や停車中などそれぞれ見分け方が異なります。
それでは、まず走行中にパンクしたときの見分け方や異変について説明していきます。

タイヤ周辺から異音がする

走行中にタイヤ周辺から異音が発生した場合はパンクしている可能性があります。
たとえば、「ガタガタ」、「ゴトゴト」など普段聞かないような音がなった場合はパンクしているかもしれません。

普段の運転にはない振動がする

異音の他に振動が起こることがあります。
フロントタイヤがパンクしている場合は前側、リアタイヤがパンクしている場合は後ろ側から振動を感じることがあります。

ハンドルが取られて重い

また、ハンドル操作に重みを感じた場合はタイヤにトラブルが起きている可能性があります。

たとえば普段よりもハンドルを多く回さないといけなかったり、明らかにハンドルが重くなっていたりする場合はパンクしている可能性があります。

加速とブレーキに鈍さがある

空気圧が低下していたり、パンクしていたりするタイヤの場合、走行に支障をきたします。
特に加速やブレーキが通常よりも鈍くなることが多いです。

たとえば、アクセルを踏んでいても普段の加速と異なる場合があります。
また、ブレーキをかけても停止するまでの距離が長くなることがあります。

もし、ブレーキに異変を感じた場合はギアを落としたり、2やLギアに入れたりしてエンジンブレーキを使用しましょう。

カーブやコーナーでの膨らみがある

タイヤがパンクしている場合、カーブやコーナーでの膨らみが起きる場合があります。

タイヤのグリップは適切な空気圧が充填されている場合に発揮されます。

したがって、パンクしている場合はグリップ力が低下して踏ん張りが効かずにコーナーで膨らんでしまうことがあります。

停車中のパンクの見分け方と確認方法

これまで走行中のタイヤのパンクの見分け方について説明してきました。
次に停車中のパンクの見分け方と確認方法について解説していきます。

タイヤが凹んでいないかをチェック

まず、タイヤが凹んでいないかをチェックしましょう。
空気圧が極端に低くなっている場合はパンクしている可能性が高いです。

タイヤに異物が刺さっていないかをチェック

また、外傷によってパンクが起きることもあります。

たとえば、釘などの異物がタイヤに刺さっている場合は空気がゆっくりと抜けていきます。
そのため、釘などの異物が刺さっていないかタイヤ全体をチェックすることが大切です。

タイヤに亀裂やコブができていないかチェック

さらに、タイヤにピンチカットやバルジデントがないか確認することも大切です。
ピンチカットとはタイヤに強い衝撃が加わった時にできるコブのことをいい、一度ピンチカットが出来てしまうと修理することはできません。

一方、バルジデントとは帯状に膨らんだ状態のことを言います。
バルジデントは安全上問題ないとされていますが、タイヤの内部構造から生じた変形のため、心配な方はタイヤ交換をおすすめします。

また、エアバルブに損傷がないかも確認しておく必要があります。
エアバルブとは空気を入れる入口のことですが、エアバルブに損傷があると、そこから空気が抜けてしまいパンクを引き起こしてしまいます。
エアバルブを見て、明らかに変形していたり損傷していたりする場合は早急に交換が必要です。

しかし、見た目だけではわからない損傷もあります。
その場合は石鹸水をエアバルブ周辺につけるという簡単な方法で見分けることができます。
エアバルブ周辺に石鹸水をかけて、シャボン玉のような空気の泡が出来た場合、空気が漏れているという証拠です。そのため、すぐにエアバルブの交換を行いましょう。

車のタイヤがパンクする主な原因とは?

それでは、なぜ車のタイヤはパンクするのでしょうか。
主な原因について説明していきます。

釘などの異物が刺さった

釘などの異物が刺さると、そこから空気が抜けてしまいパンクを引き起こします。
また、大きな石やガラスの破片などもタイヤを貫通させることがあるため、注意が必要です。

タイヤ側面に大きな衝撃が加わった

タイヤの側面(サイドウォール)に大きな衝撃が加わるとパンクすることがあります。
通常、タイヤの側面は地面に接地する面と比べて薄くて柔らかく作られています。
そこに大きな衝撃が加わるとパンクを引き起こしてしまうことがあります。

タイヤの空気圧が適切でない

タイヤの空気圧が適切に入っていない場合もパンクしてしまう原因の一つです。
空気圧というのはタイヤによって決まっており、適切に入っていない場合は走行中に異変を感じたり、パンクしたりしてしまうことがあります。

特に、高速道路を走る時は空気圧が低すぎるとタイヤがたわんでしまい、パンクしやすくなってしまいます。そのため、高速走行時はタイヤの空気圧を少し高めにすることをおすすめします。

ホイールの円周部分(リム)の変形や劣化

ホイールに変形や劣化が生じている場合も空気が抜けてしまいます。

ホイールのリム部分が曲がっていたり、損傷していたりする場合はそこから空気が抜けることがあります。
そのため、ホイールの変形も確認しておきましょう。

 

いたずらをされた

その他、自然発生以外にもいたずらによるパンクもあります。
特に人目につかない駐車場や青空駐車場の場合、だれでも簡単に駐車場内に入ることができるため、いたずらされやすくなってしまいます。

釘で穴をあけられたり、故意にエアバルブキャップを壊されていたりすることがあります。
そのような場合は空気がすぐに抜けてしまい、走行できなくなってしまいます。

セキュリティーが整っていない駐車場ではいたずらでパンクさせられてしまうこともあるため、注意が必要です。

まとめ

車のタイヤのパンクの簡単な見分け方と原因について解説してきました。

走行中や停車中、それぞれ見分けるポイントが異なります。
走行中は異音や振動などからパンクを見分けることができます。
また、停車中は外傷がないかどうかやホイールに変形がないかを確認しておきましょう。

パンクしている場合はその状態で走行せずにJAF(日本自動車連盟) | JAFなどに連絡し、レッカーを呼んで運んでもらい、タイヤ交換を行うことをおすすめします。

最近では、タイヤの購入と同時に交換の依頼もできる【TIREHOOD】などもあるので、パンクしたと分かったら、早めの対応を心掛けましょう。

TIREHOOD(タイヤフッド)
TIREHOOD(タイヤフッド)