タイヤの交換時期・寿命を徹底解説!【後悔する前に】

愛車のタイヤ劣化してないですか?

意外とタイヤの劣化に気づいていない、車オーナーの方はたくさんいます。

街中で走っている車でも、ひび割れが起こり、今すぐに交換した方が良い状態のものを多く見かけます。

タイヤの劣化は事故に直結しやすくとても危険です。

今回はタイヤの劣化状態を確認する方法や、タイヤの寿命を伸ばすコツ、交換する際の工賃や作業時間の目安をご紹介していきます。

廃車 買取 10年

タイヤの交換時期・寿命はいつまで?

タイヤ 交換時期 寿命

タイヤの寿命は保存状態により大きく左右されます。
劣化状態の確認方法としては

  • スリップサイン
  • ひび割れ
  • 膨らみ

など。

ではひとつひとつを具体的にご紹介していきましょう。

目安はスリップサインを確認する

タイヤ溝1.6mm。

タイヤの溝を確認する上で、必ず覚えておかなければならない数値です。

タイヤの交換時期を確認する方法として、1番簡単に行えるものはタイヤ溝を見ること。

通常新品タイヤであれば8mmほどあるタイヤ溝ですが、長く使えば徐々に溝はすり減ってきます。

タイヤにはスリップサインという、タイヤの溝を確認するための目安が取り付けられており、このサインが現れたなら、タイヤの溝は1.6mm以下だということ。

すぐにタイヤの交換を行いましょう。

しゅりくん
タイヤ溝に関しては法律で決められています。タイヤ溝の規定は1.6㎜。つまりスリップサインが表れているタイヤは法律違反ということです。

走行距離は3.2万キロが目安

一般的にタイヤ交換の目安は3.2万キロと言われています。

タイヤの溝は1万キロで約2mmすり減っていき、3万キロで6mmとなり3万キロを超えた段階で、スリップサインが現れ始めているという計算です。

新車からまだタイヤの交換をしたことがない方は、この数値を参考にタイヤの溝を確認してみましょう。

まいちゃん
まいちゃん
3万キロという数字が分かれば確認しやすいわ。

 

しゅりくん
3万キロという数値はあくまで目安です。車の走行方法や、道路の状態により長くもなり、短くもなるためこまめな点検が大切です。

メーカー推奨は5年程度

タイヤメーカーの推奨交換時期は5年です。

使用から5年以上が経ったタイヤは劣化している可能性が高く、まだまだ溝があるにもかかわらず交換しなければならないなんてことも。

劣化したタイヤはゴムが硬くなったり、ひび割れを起こしている、などが考えられるので、1度カーショップやディーラーに持って行き確認してもらいましょう。

しゅりくん
タイヤの点検はそんなに時間がかかるものではなく、無料で行ってくれる所がほとんどです。

製造年数はタイヤ側面に表記されている

タイヤ 製造年数

タイヤの年数表示は特殊で、知識がない方が見ても何のことかさっぱり分からないと思います。

今から年数表示の見方をご紹介するので、ご自分のタイヤの製造日を確認しておきましょう。

製造年月日が記載されている箇所はタイヤの側面。

丸く囲われた枠の中に4桁の数字があると思います。

この写真で言えば「2315」という数字。

この4桁の数字を真ん中で2つに分けます。

後ろの数字は年を、前の数字は月と週を表しており、これは2015年に製造されたタイヤです。

次に何月の何日に製造されたかという点ですが、23という数字はその年の23週目だと意味合いを持ち、1ヶ月は約4週間となるので、この場合だいたい5月の3周目であることが分かります。

結果、このタイヤは2015年の5月ごろに製造されているということが分かりました。

まいちゃん
まいちゃん
タイヤの製造年月日って特殊なんだね。

 

しゅりくん
見方に慣れてしまえば簡単にできるので、練習のために色々なタイヤの製造日を確認してみるのもいいですね。

外見で判断する。ひび割れ・膨らみなど

タイヤ ひび割れ 膨らみ

交換目安である5年に達していないタイヤであっても、劣化状態のひどいタイヤは存在し、溝以外での劣化状態では、ひび割れや膨らみなどがあげられます。

タイヤはゴムなので劣化するとひび割れを起こしてしまい、ひび割れを起こしたタイヤは、ゴムとしての性能が下がっているため危険です。

また縁石などにぶつかり膨らんでしまったタイヤを使い続けるのも、ひび割れ同様危険です。

愛車のタイヤがこのような状態ならばすぐに交換しましょう。

しゅりくん
タイヤのひび割れてしまってたら、この記事を参考にしてください。タイヤのひび割れの放置は危険!ひび割れの防止・対処方法を解説!

タイヤの寿命をのばすポイントは?

ゴム製品であるタイヤは、保存状態によって寿命が長くもなり短くもなります。

車に乗っている、乗っていないにかかわらず劣化するため、あまり走っていない方ならもったいないと感じることでしょう。

「この前交換したのに点検したら交換を勧められてしまった」、こうならない為にもタイヤの寿命を伸ばすコツを覚え、実践することが大切です。

日頃のメンテナンス重視。車に優しい運転をする

タイヤを交換しなければならない条件として

  • 溝が少ない
  • 異様な膨らみがある
  • ひび割れがひどい
  • パンクしてしまった

などがあります。

安全運転を行う上でどれも深刻な症状であり、このような症状が出てしまえばすぐに交換すべきです。

タイヤの寿命を延ばす方法としては、

  • 車を屋根のある場所に停めておく
  • 走行の際ブレーキを過剰に使わないやさしい運転を心がける

などとなります。

どちらもすぐに変化が出るようなメンテナンスではありませんが、こういった日ごろのメンテナンスが結果として、タイヤの寿命を延ばす大事なポイントであるといえます。

しゅりくん
パンクに関しては不可抗力の場合もあるので、効果的なメンテナンスは無く、パンクした際は早めに発見することが大切です。

タイヤローテションをする

タイヤのすり減り具合は、後輪よりも前輪の方が大きいです。

長年同じ箇所に取り付けられ、ローテーションしていないタイヤの溝は均等ではなく、車にとってもよくありません。

そこで定期的なローテーションを行うことにより、タイヤの摩耗も均等にすることができます。

一般的には1年に1度の点検時にローテーションを行い、前後やクロスで入れ替えたりします。

もしタイヤ交換後や、新車からローテーションを行っていないという方は、この機会にローテーションをしてみましょう。

タイヤ交換費用は1本当たり2500円程度(工賃)

劣化が抑えられるからといって、ずっと同じタイヤを使い続けることは現在の技術では不可能です。

やはりある程度摩耗や劣化が現れたならば、交換が必要となってきます。

タイヤの交換費用は、タイヤサイズにより違いはあるものの、1本あたり2500円程度で行っている業者がほとんど。

4本交換するならば、工賃として1万円程度はみておきましょう。

しゅりくん
1本だけ交換するのであれば、前輪に付けてもらうことをオススメします。

作業時間は15分程度みよう

タイヤを交換する作業はある程度時間がかかります。

タイヤメーカーや、タイプによって固さも違い大変な重労働になる場合も。

そして交換するだけではなく、バランスも調整する必要があり、1本交換では約15分の作業時間が必要となります。

しゅりくん
タイヤを交換してもらう時は、ある程度時間に余裕を持ってお願いしましょう。

まとめ

タイヤの交換時期の目安はたくさんあります。

スリップサイン、ひび割れや膨らみなど長年使っていると徐々に劣化し、放置すれば走行に支障が出てしまいます。

またそれらの症状が発生していなくても、製造から5年たったタイヤや、3.2万キロ以上走行したタイヤの性能は落ちてきていると判断すべきでしょう。

しかし何の知識もない方がタイヤの劣化状態を確認するのは、現実的ではありません。

自分でタイヤの状態を確認できないと思うならば、ガソリンスタンドやカーショップへ行き点検を行いましょう。

またタイヤの性能を落とさずに長く使いたいのであれば、保存場所を日陰にしたり、ブレーキを頻繁に使わない運転を心がけることをオススメします。

そしてタイヤを交換するのであれば、費用としては1本あたり2500円程度、15分ほどの作業時間がかかると覚えておきましょう。

タイヤの事故は毎年何万件も発生し、主な原因としてメンテナンス不足であることが多いです。

いつ事故をするかわからないタイヤを使用するのではなく、お金はかかりますが劣化したタイヤは早めに交換し、安全なカーライフを送りましょう。

廃車 買取 10年