タイミングベルトの交換時期、費用など基本的な疑問について徹底解説

「タイミングベルトから異音が聞こえる・・・これって寿命や交換のサイン?」

「車検でタイミングベルトの交換が勧められた・・・費用はどれくらいかかるの・・?」

「そもそも、タイミングベルトってなに?」

この記事では、そんなタイミングベルトに関する悩みについて解説。

タイミングベルトの不調をそのままにしておくと、エンジン故障にも繋がる恐れがあります。そうすると、車の買い替えや廃車も検討しなければいけません。

走行に危険を感じたら迷わずJAF(日本自動車連盟)などのロードサービスに相談をしてください。

タイミングベルトとは?役割を解説

自動車やバイクを動かす上で重要であり、人間でいう心臓部のような働きをする部品、これこそがタイミングベルト。

自動車やバイクは、ガソリンを燃焼して走行しますが、その際エンジンではきれいな空気を取り込み、一方で汚れた空気をマフラーへ流すことにより排気を行っています。

タイミングベルトはエンジンの吸気と排気のタイミングをコントロールする役割を果たしています。

また、重要な役割を担うエンジン側面のカバーに覆われていることが一般的なので、自分で状態を確認することはまずできません。

タイミングベルトの寿命は?目安は10万km

メーカーや車種によって異なりますが、一般的な自動車であれば、タイミングベルトの寿命は10年または10万kmが目安。

チューニングが施されていてエンジンの出力をカスタムしている自動車のベルト、レーシング走行のような過酷な環境で使われたベルトは早く交換が必要になります。

一例として、ホンダのビートの説明書には10年または10万kmとの記述があるようですが、実際には5万kmほどで切れるケースも・・・。

急発進などの大きい負荷を与えている場合でもベルトにダメージが蓄積され10万km以下で切れてしまう可能性が高くなります。

一方で20万km走っても切れない自動車もあるので、あくまで「10万km」というのが一般的な目安ということです。

タイミングベルトが切れたらどうなるか?エンジン故障になるケースも

走行中にタイミングベルトが切れるとどうなるんだろうと気になりますよね?

走行中にタイミングベルトが切れると、まずエンジンが稼動せずに減速して止まってしまいます。

走行速度や、状況によっては非常に危険であると認識しておきましょう。

また走行が止まるだけではなくエンジンに深刻なダメージを負わせてしまうことがあり最悪の場合エンジン自体の修理が不可能になってしまったり、修理ができる場合でも割高になってしまうケースもあります。

しゅりくん
エンジンがかからなければこちらの記事をチェック!【症状別】車のエンジンがかからない時の原因と8つの対処法

タイミングベルト 切れたら

タイミングベルトの交換時期とメンテナンス

前述の通り、タイミングベルトが切れたら、エンジン故障にも繋がる恐れがあります。

そうすると、次に気になることがタイミングベルトの交換時期。

交換時期がわかればタイミングベルトが切れるリスクも抑えられます。

それでは解説をしていきますね。

タイミングベルトの交換時期についてはいろいろな意見が挙げられますが、一般的にはメーカー指定の交換時期を守っていれば過度なメンテナンスは必要ないと言えます。

しかしながら、タイミングベルト以外のメンテナンスを怠ると、タイミングベルトへの負担が大きくなるため、結果的にタイミングベルトの劣化が早くなることも十分に考えられます。

そこでタイミングベルトを長持ちさせるためには、エンジンオイルやロングライフクーラントなどのオイル(フルード類)をこまめに交換するといいでしょう。

まいちゃん
まいちゃん
エンジンオイルとロングライフクーラントってなに〜?
しゅりくん
エンジンオイルは、自動車やバイクなどのエンジンを動かすために必須のオイルで、エンジン内部に行き渡ることで様々な役割を担っています。エンジンオイル漏れの時に知っておきたい6つのこと!原因は?修理費用は?
しゅりくん
そして、ロングライフクーラントとは、エンジンを冷やすための液体であり、エンジンの焼き付きが起こって破損しないようにするための役割です。冷却水の交換・修理費用はいくら?自分でも交換はできる?

タイミングベルトの交換方法は?店舗に任せるのが無難

次にタイミングベルトを交換する際の自分で交換する場合と店舗で交換してもらう場合についてを考えてみましょう。

自分で交換する場合

自分で交換する場合は、作業時間を要するのはもちろんのこと、交換に必要な部品を洗い出す必要があるので非常に手間がかかります。

その分、全て自分で作業することになるので本来店舗へ支払う工賃が半分以下に抑えることができます。

しゅりくん
自動車整備に慣れている方は費用を抑えることができますが、初心者がいきなり自分で交換するのはオススメしません。

店舗で交換してもらう場合

自分で交換する場合との違いは、部品が全て純正品であり且つ工賃がかかるので費用が割高になることです。

何よりプロに任せることで失敗せず確実に修理されて戻ってきますし、素人による自動車整備には限界がありますので店舗での交換が無難でしょう。

タイミングベルトの交換費用(工賃)は?

タイミングベルトに異変を感じた時に、やはり気になるのが交換費用ではないでしょうか?

軽自動車3万円前後、普通車5万円前後で排気量などによって費用は変わります。

タイミングベルト交換の際にかかる費用は大きく分けて2つあり、部品代と工賃に分けられます。部品代は5000円前後と比較的安価で手に入りますが、工賃が以上に高く設定されています。

理由としては、一度エンジンカバーを外したりしないといけないなど、時間と手間がかかるからです。

このときエンジンのオーバーヒートを防ぐためのウォーターポンプも同時に交換しないかと勧められることがあります。

こちらも寿命は走行距離10万km前後であると言われており、タイミングベルトで動く部品の一つなので、再度エンジンカバーを外すくらいならば一度に交換してしまえば工賃も安く済みます。

タイミングベルトの交換場所、所要時間は?店舗に事前確認しましょう

タイミングベルト 交換場所

タイミングベルトはディーラーやカー用品店、整備工場で交換可能です。行きつけの店舗があればそちらで交換してもらうのが無難でしょう。

タイミングベルトの交換作業は、メーカーや車種によって異なり、一般的には3〜4時間程度で終わりますが、車種によっては倍以上の時間が必要になります。

店舗で事前にどのくらい時間がかかるか聞いておきましょう。

タイミングベルトを交換するか、廃車にするかどっちがいいのか?

エンジンなどの修理や交換に比べると、タイミングベルトの交換は安価と言えます。

ただ、10年または10万km走行した自動車はタイミングベルト以外にも劣化している部品がある可能性が高く、タイミングベルトを交換した後も、次々と別部品の修理が必要になったり、車検のたびに整備費用も高くなっていくでしょう。

ここで一つの選択肢として挙げられるのが「廃車」という選択肢です。

10万kmを超える前に見積もりを出すことで、ある程度の査定額を期待できます。

10万km前後で査定額は大幅に変わり、タイミングベルトを含む様々な部品の修理が必要な自動車は、最低額が下がってしまいます。

もし10万km走行し、タイミングベルトの交換を勧められてから手放そうと考えるなら、廃車買取が最適です。下取りや買取では断られるような自動車でも、買値がつく可能性があるでしょう。

タイミングベルトの豆知識

タイミングベルトから異音がする場合

タイミングベルトの異音の原因はファンベルトの可能性も。

タイミングベルトは歯車に噛み合うようにギザギザになっており、役割上滑るような構造はしていないため異音がすることはほとんどありません。

もし「キュルキュル」という音が出ている場合、原因はエンジン付近にあるファンベルトの可能性があげられます。

このような場合も急速に点検し、必要であれば交換修理をする必要があります。

タイミングベルトとタイミングチェーンの違いとは?

実はタイミングベルトと同じ働きをするタイミングチェーンという部品があります。

タイミングベルトはゴム素材でできており「切れる」前提で設計されているのに対し、タイミングチェーンは金属でできていて「切れない」前提で設計されています。

タイミングベルトは交換距離が10万kmですが、タイミングチェーンはおおよそ3倍の30万km。

このような理由から通常タイミングチェーンは廃車まで1度も交換しないことがほとんどです。

また軽自動車では、タイミングチェーンを用いている車種が増えてきています。

理由は、車のエンジン回転域が広い軽自動車や小型車は回転数も高いので、タイミングベルトより長持ちするタイミングチェーンの方が向いているからです。

まとめ

タイミングベルトについての情報を幅広く解説しましたが、いかがでしたか?

一般的な日本車の場合、交換時期はメーカー指定の10年または10万kmを守っていれば、特に問題はなく過度なメンテナンスも必要ありません。

「けれどもしタイミングベルトが切れて事故をしたり、高額な修理代を支払うことになりたくない」といった不安な方はこまめなメンテナンスをおすすめします。