車検費用の相場価格と安くなる方法を解説!

  • 2020年3月5日
  • 2021年4月24日
  • 車検

2年に一度の車検では、どうしても出費がかさんでしまいます。

大きな車ならば10万以上もの出費が必要になり、車検の為に節約している家庭は約4割ほどと言われています。

タイヤなどがすり減ってしまっても、ついつい車検の時期に考えようと先延ばしにしてしまうと思います。

しかし先延ばしすれば、車検の費用もグッと高くなり、値段を下げる為に部品交換をさらに先伸ばししてしまうなんてことも。

車検の内訳には、税金や保険料など様々な費用が含まれており、費用の種類は、どこで受けても変わらない費用と、整備工場により変化する費用の2種類が存在します。

今回は車検にかかる費用の内訳や相場、車検費用を安くする方法などをご紹介していきます。

廃車 買取 10年

車検費用は法定費用・車検基本料金・その他の諸費用に分類

車検の費用は「法定費用」「車検基本料金」「その他」の大きく3つに分類することができます。

その3つの中でも絶対に変わらない費用と、工場によって変化する費用とがあり、まず値段が変わらない費用として「法定費用」があげられます。

法定費用とは税金や保険料代のことを指し、3つの料金によって構成。

  • 重量税
  • 自賠責保険代
  • 印紙代

重量税は車の重さにより変化する税金であり、重くなればなるほど高額に。

自賠責保険はその名の通り自賠責保険の料金です。

この保険は任意保険と違い必ず加入しなければならない保険となっているため、自賠責保険に入らなければ車検を受けることすらできません。

印紙代は国への手数料のようなものだと考えておきましょう。

この3つはどこで車検を受けても変動することがないので、あらかじめ計算しておけば、どのくらい費用がかかるのかという目安になります。

車検基本料金やその他の料金は、整備工場により金額に差が出てくる部分です。

  • 24か月点検整備費用
  • 検査代
  • 代行手数料

上記3点からなる車検基本料金は、ディーラーなどでは高く、カーショップなどでは安い傾向にあり、その他の費用は、車検時に交換する部品点数により変動が激しく、交換する部品が多ければどうしても費用は高くなってしまいます。

まいちゃん
まいちゃん
車検ってこんなにたくさんの料金が発生していたのね。
しゅりくん
車検時は交換部品が少なくても費用がかさんでしまいます。車検だから仕方ないとまとめて交換するか、車検の負担を減らすため、こまめに交換しておくかはユーザー次第という事でもあります。

車検費用の相場価格は車両によって別れる

車検費用の相場は、どんな車なのかによって大きく変化し、金額の大きい費用の一つに重量税があります。

また検査料や代行手数料、交換部品の有無によってもかなり差があり、一概な金額を出すのはとても難しいのですが、交換部品は無いものとして車検基本料金をディーラーベースの7万円と仮定してご紹介していきます。

関連記事

日本で車を所有するには必ず車検を受けなければなりません。 それでは、どこで車検を受けるのが良いのでしょうか。 今回は失敗しないおすすめ車検業者の選び方を紹介していきます。 そもそも車検とはどんな制度? 車検とは正式には自動車[…]

車検はどこで受けるのがおすすめ?失敗しないおすすめ車検業者の選び方

軽自動車の車検費用の相場

軽自動車は普通車と違い、軽自動車枠というものが存在する為、重量税に関しての料金は一律です。

内訳としては

  • 車検基本料金・・・7万円
  • 重量税・・・6600円
  • 自賠責保険代・・・・25070円
  • 印紙代・・・1200円

となり合計10万2870円が相場です。

軽自動車に関しては車検基本料金がもう少し安くなるので、8万円前後だと考えておきましょう。

しゅりくん
あくまでも交換部品がない前提での料金相場です。タイヤなどの高額なパーツを交換すれば10万円は必要になってきます。

小型車の車検費用の相場

近年では、軽自動車よりも一回り大きく、セダンタイプよりもひと回り小さいコンパクトカーが人気です。

コンパクトカーは1t前後の車両が多く出回っており、ここでも1t車と仮定し計算していきます。

  • 車検基本料金・・・7万円
  • 重量税・・・16400円
  • 自賠責保険代・・・25830円
  • 印紙代・・・1200円

合計11万3430円となります。

10万ほどあれば車検を受けることができるでしょう。

普通車の車検費用の相場

現在人気のミニバンの車両重量は1.6tほどとなっています。

また普通車で2t越えの車両あまり無いので、普通車では1.5t以上の枠で計算していきます。

  • 車検基本料金・・・7万円
  • 重量税・・・24600円
  • 自賠責保険代・・・25830円
  • 印紙代・・・1200円

合計12万1630円となりました。

普通車に関しては、車検基本料金が7万円以上かかる場合もある為、あくまでも相場であり交換部品も含めると、もう少し費用がかかってしまうと覚えておきましょう。

中型車の車検費用の相場

中型車となればトラックが主流であり、トラックは貨物自動車に該当し1ナンバーとなる為、車検の有効期限が1年となります。

また個人で8tほどのトラックを所有している方は少ないと思いますが、今回は自家用車としての相場です。

  • 車検基本料金・・・9万円
  • 重量税・・・32800円
  • 自賠責保険代・・・28720円
  • 印紙代・・・1200円

合計では15万2720円となりました。

注意してほしい点は重量税と自賠責保険料が12ヶ月分であり、車検基本料金は9万円では済まない場合もあるということ。

また大きなトラックを整備できる工場は限られており、どこでもできるわけではありません。

1年ごとの車検が必要なトラックは、維持費が高くなり費用面ではかなりの負担がかかってしまいます。

しゅりくん
車の料金設定は店によりさまざまですが、ディーラーの料金が基本料金であるといわれています。この記事ではディーラーベースでの相場を算出しているため、一般的な整備工場であればもう少し安くなる可能性は高いです。
関連記事

ディーラーへ車検を依頼するのは割高なのでしょうか。 ディーラー車検のメリットと安く抑える方法を紹介していきます。 ディーラー車検の特徴は? それでは、まずディーラー車検の特徴について説明していきます。 ディーラー車検のメリット […]

ディーラー車検の費用は割高?依頼するメリットと安く抑える方法

車検費用を安くする方法は?

できれば安く済ませたい車検費用。

どうすれば安く車検を受けることができるのでしょうか。

車検費用の詳細をご説明してきましたが、その内容を元に安くなるコツをいくつかご紹介していきます。

法定費用はどこでも変わらない

車検内訳でお伝えしましたが、法定費用は店舗が設定する金額ではないので変動しません。

この費用に関しては最低限必要となってくるので、あらかじめ自分の車で計算しておくと目安となる金額を知ることができます。

関連記事

車検には車検基本料の他に法定費用というものがかかります。 では、車検にかかる法定費用とはどのようなものなのでしょうか。 また、内訳や諸費用の計算方法についても解説していきます。 車検にかかる法定費用とは? 車検にかかる費用に[…]

車検にかかる法定費用とは?内訳や諸費用の計算方法なども解説 車検には車検基本料の他に法定費用というものがかかります。では、車検にかかる法定費用とはどのようなものなのでしょうか。また、内訳や諸費用の計算方法についても解説していきます。 車検にかかる法定費用とは? 車検にかかる費用には大きく分けて車検基本料と法定費用の2種類あります。車検基本料とは依頼する業者や検査項目によって異なります。一方、法定費用とは国で定められた費用なので、どこの業者でも同じ金額がかかります。 車検にかかる法定費用の内訳について 法定費用には自動車賠償責任保険料、自動車重量税、そして印紙代の3種類がかかります。それでは、車検にかかる法定費用の内訳についてみていきましょう。 1.自賠責保険 まずは、自動車賠償責任保険(通称、自賠責保険)についてです。自賠責保険は強制保険とも呼ばれており、公道を走るには必ず入らなければいけない保険のことです。また、この自賠責保険に加入していない場合は車検を受けることができません。しかし、万一自賠責保険が切れたまま公道を走った場合、無保険車運行という違反行為となり、刑事罰の対象となってしまうため注意が必要です。また、自賠責保険の保険料については普通自動車か軽自動車かによってかわります。 2.自動車重量税 次に自動車重量税についてですが、車種や重量、そして年式によって税額が異なります。文字通り、重量が重くなるほど金額が高くなります。また、新車登録から13年が経過している車は通常の税額よりも約15%の割り増しとなってしまいます。さらに、新車登録から18年経過した車はさらに税額が割り増しになってしまいます。しかし、ハイブリッド車などのエコカーについては、エコカー減税が適用されるため、自動車重量税が免除されたり、50%減免されたりするため、他のガソリン車やディーゼル車よりも安く済みます。 3.印紙代 そして、印紙代が必要となります。印紙代は車検を行う場所や車種によって異なります。あまり費用の差はありませんが、仮に5ナンバーの普通乗用車の場合であれば、指定工場と認証工場では500円の差があるため、費用差があることを理解しておきましょう。 依頼場所 車種 費用 指定工場 軽自動車 1,110円 その他の車種 1,200円 認証工場 軽自動車 1,400円 3ナンバー 1,800円 4.5.6.7ナンバー 1,700円 法定費用は車の車種によって異なる 「なんとなく法定費用の内訳はわかったけど、イメージがつきにくい。」という方も多いと思います。そこで、実際の費用を表にまとめて解説していきます。 普通自動車の法定費用 法定費用は普通自動車と軽自動車によって大きく変わります。それでは、まずは普通自動車の中で比較してみましょう。 条件 法定費用 車種 重量 年数 依頼場所 エコカー減税適用有無(50%減免) 自賠責保険 自動車重量税 印紙代 合計 普通自動車 1.0t 5年 指定工場 有 25,830円 5,000円 1,200円 32,030円 1.0t 5年 指定工場 無 25,830円 16,400円 1,200円 43,430円 2.0t 13年 指定工場 無 25,830円 45,600円 1,200円 72,630円 同じ重量であっても、エコカー減税が適用されているかどうかで法定費用が大きく変わります。また、重量が重くなると重量税が跳ね上がるため、法定費用の合計金額が高くなります。 軽自動車の法定費用 次に軽自動車の法定費用を見ていきます。 条件 法定費用 車種 重量 年数 依頼場所 エコカー減税適用有無(50%減免) 自賠責保険 自動車重量税 印紙代 合計 軽自動車 - 5年 指定工場 有 25,070円 2,500円 1,100円 28,670円 - 5年 指定工場 無 25,070円 6,600円 1,100円 32,770円 - 13年 指定工場 無 25,070円 8,200円 1,100円 34,370円 軽自動車は重量区分がないため、年式やエコカー減税の適用かどうかによって費用差があります。しかし、いずれにしても普通自動車よりも圧倒的に法定費用が安いのが特徴です。 法定費用以外に必要な費用 それでは、法定費用以外に必要な費用にはどのようなものがあるのでしょうか。 車検基本料 車検には法定費用以外にも車検基本料がかかります。車検基本料は依頼する業者やプランによって大きく変わります。依頼する業者はディーラー、車検専門店、ガソリンスタンド、さらに整備工場などがあります。それぞれに特徴がありますが、費用差が大きいというのも事実です。特にディーラーの場合は純正部品を使用し、検査項目も多いため、他の業者と比べても割高に設定されています。一方、車検専門店は車検を専門に行っているため、費用も安くスピーディーに車検が完了します。 部品交換費用 そして、車検基本料以外には部品交換費用がかかります。車検時に必ずではありませんが、部品の交換が必要になることがあります。部品交換費用についても依頼する業者によって金額はまちまちです。カー用品店であれば様々なメーカーから部品を選ぶことができるため、好きな部品に交換することができます。また、整備工場であればリビルト品を使用することができるため、交換部品代を抑えることができます。 車検にかかる合計費用とその計算式 それでは、車検にかかる合計費用とその計算式について説明していきます。車検には車検基本料、法定費用、交換部品代がかかります。それらすべてを合計した金額が車検費用の総額となります。 条件 法定費用 車検基本料 交換部品代 車種 重量 年数 依頼場所 エコカー減税適用有無(50%減免) 自賠責保険 自動車重量税 印紙代 車検基本料 交換部品代 合計 軽自動車 - 5年 車検専門店(指定工場) 有 25,070円 2,500円 1,100円 22,000円 20,000円 70,670円 新車登録から5年経過したエコカー減税が対象の軽自動車の例です。車検専門店で車検を受けた場合、車検基本料の目安が22,000円になります。また、タイヤ交換やオイル交換をまとめて行った場合は20,000円程度のため、車検費用の合計は70,670円となります。仮にディーラーへ依頼した場合は車検基本料の目安が38,340円となるため、車検専門店よりも費用が高くなることがわかります。また、ディーラーの場合はタイヤ交換やオイル交換も割高になるため、注意が必要です。 依頼場所 車検基本料の目安(軽自動車) ディーラー 38,340円 車検専門店 22,000円 ガソリンスタンド 13,600円 整備工場 33,400円 車検費用を安くしたいなら楽天car車検で比較しよう! 車検費用を安く済ましたいのなら楽天car車検で複数の業者を比較することをおすすめします。楽天car車検は郵便番号を入力するだけで、近くの業者を探すことができます。自宅からの距離や他利用者のレビュー、さらに参考金額まで掲載されているため、とても簡単に車検業者を探すことができます。そのため、まずは楽天car車検を使用して業者に見積もりを取りましょう。 まとめ 車検には車検基本料や部品代以外にも法定費用というものがかかります。法定費用は国によって定められているため、どこでも車検を受けても全く同じ金額を支払わなければなりません。そのため、車検費用を抑える場合は楽天car車検で複数社から見積もりを取ることをおすすめします。

基本料金は安くできる可能性がある

車検費用に関して値引き交渉したいのであれば、基本料金に関して行いましょう。

車検基本料金は店舗によりかなりの差があり、交渉次第では安くしてもらえる可能性もあります。

しゅりくん
毎回車検でお世話になっている店舗があれば、一度話してみるのもいいかもしれませんね。
関連記事

車検費用が安い業者の選び方を完全紹介していきます。 それぞれの特徴や比較するポイント、さらに費用を抑える方法も紹介していきます。 車検費用を抑える6つの方法 日本では2年に1度、車検を受けることが義務付けられています。 車検を受[…]

車検費用が安い業者の選び方とは?比較ポイントと費用を抑える方法

複数業者にあいみつをとる

一番安くなる可能性の高い方法として、複数の車検業者で見積もりを出してもらうという方法があります。

今は車検専門業者などもあり、早く安く車検を行ってくれます。

そのような業者をいくつか見つけ、見積もりをしてもらったうえで一番安い店に頼めば、交渉せずに安く車検を受けることが可能。

もしかすると他の店舗の見積もりを見せることで、もっと割引を受けることができるかもしれません。

デメリットとしては、何店舗も行くのであれば手間がかかるという点。

手間をかけてもいいという方は、試してみる価値はありそうです。

関連記事

車検を受ける際、事前に見積もりを取ったほうが良いのでしょうか。 車検の見積もりを取る方法とそのメリットについて紹介していきます。 車検の見積もりとは 車検の見積もりとは実際にどれくらいの金額がかかるかを事前に計算してくれるものです[…]

車検の際は見積もりを取るべき?見積もり方法とメリットとは

エコカーを選ぶという選択肢

エコカーが主流になりつつある今、エコカー減税は車検の際にも大きく減額できる方法のひとつです。

自動車税などに適用されるエコカー減税ですが、実は重量税でも存在します。

車にもよりますが、燃費が良く環境にやさしい車ならば、重量税が全額免除となる場合も。

一時的な取り組みで始まったエコカー減税ですが、需要が多く終了時期を先延ばしにしている状態であり、いつ終了するか分からない部分でもあります。

こんなチャンスはめったにないので、この機会にハイブリッドカーやEV車の購入を検討するのもいいかもしれません。

車検費用はクレジットカードで分割にできる。ただし・・

キャッスレス化を国が誘導している現代において、車検費用もクレジットカードで支払うことが可能です。

クレジットカードでの支払いはメリットが多く、ポイントが溜まったり使用額に応じて値引きを受けることができるサービスも増えてきました。

車検費用に関してもこの流れに乗りかかりつつありますが、注意してほしいのはクレジットカードに対応していない店舗が多く、現実では現金での支払いが大半を占めているという点。

中には車検基本料金のみクレジットカードで支払い、法定費用は現金にしなければならない店舗もあります。

もしクレジットカードで支払いを行いたいのであれば、事前に確認しておきましょう。

マイカーローンを利用する手もあり

一部のローン会社では、マイカーローンの料金に車検費用を含めている場合があります。

そんなローンでは車検費用を別途で払う必要がなく、支出が均等になるというメリットもあるので、マイカーローンを組む予定のある方は検討してみるのも一つの手段ではないでしょうか。

まとめ

車検費用には「車検基本料金」「法定費用」「交換部品などのその他の料金」の3つがあります。

今回相場という形で具体的な金額を算出しましたが、交換部品の有無も大きくかかわってくる車検では、相場というものはあてにならず見積もりを出してみるまで金額的な部分は不透明です。

しかし法定費用は決まっており、個人でも簡単に計算できるので、車検費用が気になるという方は事前に愛車の法定費用を調べてみるのもオススメ。

車検費用を安く済ませたいのであれば、方法はたくさんあり自分ができそうな方法を実践してみましょう。

車検は2年に1度必ず受けなければならない検査です。

お金がないからと交換をオススメされている部品を、そのままにしておけば事故を起こす可能性はグッと高まります。

安く済ませるのも大事ですが、安全に運転できる環境を整えるという意味合いがあるということを覚えておきましょう。