【1番安い業者は?】車の修理代の相場価格を解説!修理期間はどれくらい?

「車の修理費用はどれくらいするんだろう・・・?」

「保険は使ったほうがお得なの?」

「修理箇所によって費用はどれくらい変わるの?」

「結局、車の修理はどこにお願いするのがいいの?」

やはり、この記事は、このような悩みを解決するための記事です。

車の修理をお願いする時に、一番気になるのは「お金」のこと。

今回の記事では、修理の費用・相場価格について掘り下げてながら解説していきます。この記事がお役に立てたら幸いです。それでは、参りましょう!

修理費用が思ったよりも高額で車の処分を考えるなら、廃車買取のハイシャルがおすめです。処分費用が一切かからずに廃車ができます。

廃車 買取 10年

【パーツ毎】車の修理代の相場価格はいくらになる?

さっそく、車の修理代の相場価格について紹介していきます。車の修理代は、故障・損傷をしたパーツによって異なります。

今回は、バンパー、エンジン、サイドミラー、ボンネット、フレーム、ドアの6箇所の修理相場価格について紹介していきますね。

結論から先に述べると、パート別の修理代の相場価格は、下記の通りになります。次に、詳細について掘り下げていきますね。

  • フロントバンパーの修理代 3万〜6万円程度
  • リアバンパーの修理代 5万〜7万円程度
  • エンジンの修理代 30万〜100万円
  • サイドミラーのカバーが割れた時 8,000円〜1万円程度
  • サイドミラーが割れた時 2,000円程度
  • サイドミラーが動かなくなった時 2万〜3万円程度
  • ボンネットのへこみ修理代 1万〜3万円程度
  • ボンネットが開かない・浮いている時の修理代 7,000〜1万5000円程度
  • 車のフレームの修理費用 10〜100万円程度
  • ドアのへこみの修理費用 2万〜3万円程度
  • ドアの交換費用 10〜20万円程度

バンパーの修理代の相場価格

車修理 バンパー

バンパーは、フロントバンパー(前側)とリアバンパー(後ろ側)の2つに分かれます。そして、フロントバンパーとリアバンパーでは、修理費用の相場は異なります。

  • フロントバンパーの修理代 30,000〜60,000円程度
  • リアバンパーの修理代 50,000〜70,000円程度
しゅりくん
これは、普通自動車の相場価格。軽自動車の場合は、この数字よりも多少安くなる傾向があります。

車のバンパーの交換費用や、「交換にするのか?修理にするのか?」の目安を知りたい方は、【車のバンパーの交換費用はいくら?どこに頼むのがお得?】の記事をご覧ください。

エンジンの修理代の相場価格

車の心臓部分と言える「エンジン」。そのため、エンジンの修理費用は高額になります。

・エンジンの修理代 30万〜100万円

しゅりくん
エンジンの不調や故障は、修理よりも交換するのが一般的です。

修理業者に見積もりを出した際に、想像以上に高額である時は、買い替えを検討しても良いかもしれません。

「エンジンがかからない」「エンジンの不調」の原因を知りたいかたは、「【症状別】車のエンジンがかからない時の原因と8つの対処法」の記事をご覧ください。

サイドミラーの修理代の相場価格

サイドミラーは、安心・安全な運転のために欠かせないもの。修理費用は比較的に安く済みます。そして、故障箇所によって費用は異なります。

  • サイドミラーのカバーが割れた時 8,000円〜1万円程度
  • サイドミラーが割れた時 2,000円程度
  • サイドミラーが動かなくなった時 2万〜3万円程度

ボンネットの修理代の相場価格

ボンネットの修理は、「へこみ修理」と「ボンネットが開かない・浮いている時の修理」と2種類に分かれます。

  • ボンネットのへこみ修理代 1万〜3万円程度
  • ボンネットが開かない・浮いている時の修理代 7,000〜1万5000円程度

小さなへこみの修理であれば、自分で直すこともできます。

DIY修理にチャレンジしたい!という方は、「車のへこみの直し方は自分でもできる?修理にださなくても完璧に仕上げる5つの方法」の記事を参考にしてください。

ボンネットのへこみは、自宅にあるちょっとしたもので直すことができます。あまりお金をかけたくないかたにおすすめです。

フレームの修理代の相場価格

車のフレームの修理は、高額になりやすくなります

・車のフレームの修理費用 10〜100万円程度

フレームに損傷があると、周囲のパーツ解体や組み立てが必要になることもあります。そのため、費用も高額になりがちに。修理が完了しても、元通りにはならないこともあるので注意が必要です。

また、フレームを修理すると「修復歴」が付き、下取り価格や買取価格も下がります。そのため、フレーム部分の損傷が激しいのなら、廃車にする選択肢も検討してください。

ドアの修理代の相場価格

  • ドアのへこみの修理費用 2万〜3万円程度
  • ドアの交換費用 10〜20万円程度

軽いへこみ傷程度であれば、2〜3万円程度で済みます。損傷が激しい時は、交換になり10万円〜20万円程度になることも。

車の修理でもローンは組めるが、金利に注意しながら借り入れを

車 修理 ローン

車の修理代は、時に数10万円もかかります。そんな時は、ローンは組めるのか?と誰しもが気になるところ。

結論を先に述べると、車の修理にローンは組めます。車の購入などでも使うマイカーローンが利用できます。

金融機関によって、金利、金利体系、借り入れ可能額、借り入れ期間、審査回答期間、来店の必要性などが異なります。また、年齢条件、申し込み資格、地域、保証人の有無なども異なります。

ローンを検討中のかたは、ご自身に合った金融機関を選択されてください。金融機関によっては、来店の必要もなく、インターネット経由で申し込みを行えます。

他に、即日借り入れをアピールするフリーローンもありますが、金利は高めに設定されています。フリーローンの審査は、マイカーローンと比べて審査は緩くなりますが、借り入れには注意が必要です。

すでに契約している金融期間・クレジット会社があれば金利などについて相談してみましょう。

車の修理にかかる期間・日数・時間も損傷部位によって異なる

車修理 期間

車の修理代の相場価格がわかったら、次に気になるのは、修理期間はどれくらいかかる?ということ。修理期間は、修理箇所や在庫の有無によって変わります。

また、交通事故被害での修理の場合は、通常よりも時間が多く取られがちに。保険手続きのため、被害状況の車両の撮影をする必要があるため、保険会社の担当者との日程調整が必要になります。

そのため、車両の撮影待ちで、数日かかる可能性もあります。

他に、年式の古い車や外車なら、修理パーツの流通が少なく、人気車種や国内メーカーと比べると、時間が取られるケースもあります。以上のことを踏まえて、パーツごとの修理期間の目安をお読みください。

先に、パーツごとの修理期間の目安をまとめると下記の通りとなります。詳細については後述します。

  • フロントバンパー|2日程度
  • リアバンパー|4日程度
  • エンジン|7日程度
  • サイドミラー|2日程度
  • ボンネット|3日程度
  • フレーム|数日〜30日程度
  • ドア|5日程度

バンパーの修理期間の目安

先ほどの説明の通り、バンパーには、フロントバンパー(前方)とリアバンパー(後方)の2種類があります。

損傷具合によっても異なりますが、フロントバンパーの修理期間は2日程度。

リアバンパーの修理期間は、およそ4日程度かかります。

エンジンの修理期間の目安

エンジンの修理は、必要パーツが揃っていたら、7日程度が完了します。

しかし、パーツの取り寄せや原因特定に時間がかかった場合は、1ヶ月程度の期間がかかることも。

サイドミラーの修理期間の目安

サイドミラーの修理期間は、比較的早くすみます。修理パーツの在庫があれば即日修理してくれることも。

ちなみに、サイドミラーの鏡部分が割れてしまった時は、修理ではなく交換となります。

ボンネットの修理期間の目安

ボンネットのへこみ傷を修理する時は、3日程度。

しかし、ボンネットが開かない・閉まらない等の修理なら、1日程度になります。ちなみに、交換になれば1週間程度の期間がかかります。

フレームの修理期間の目安

フレーム自体に損傷があった場合は、車の安全性にも影響があります。

そのため、修理期間は長期間になりがち。早ければ数日程度で完了しますが、1ヶ月以上の期間になることもあります。

ドアの修理期間の目安

車のドアは、軽い損傷なら5日程度。大きな損傷ならば、修理を超えて交換となり、7日程度かかります。

車の修理は、ディーラー、車用品店、修理工場、どこに依頼がおすすめ?

車 修理 どこ

車の修理をお願いしようと思ったら、ディーラー、車用品店、(町の)修理工場のいづれかになります。

そんな時に、気になることは、「どこに依頼するのがベストなの?」ということ。この項目では、それぞれの特徴を解説していきます。

ディーラーの特徴

まずはじめに思いつくのは、ディーラー。

地域の正規代理店となり、一番の特徴は、「安心感」「信頼感」になります。

「ディーラーに頼んでおけば間違いなし!」と思っているかたも多いのではないでしょうか。

その一方で、ディーラーのデメリットは、「修理費用が割高」になること。車用品店や修理工場と比べると、修理費用は高くなります。

理由としては、他よりも、人件費や工場設備にお金がかかっていること。

ディーラーでは、整備士だけでなく、営業マンや事務スタッフなどの人件費があります。また、メーカー独自の研修プログラムなどもあり、信頼性を保つための企業努力を行っています。

他には、パーツ交換となった時には、メーカーの新品パーツを使用します。

正規パーツであるため、他社メーカーのパーツや中古品(リビルト)と比べると、パーツ代も高くなります。

しゅりくん
ちなみに、ディーラーでは、車を改造しているとほとんどのケースで断られます。

車用品店の特徴

車用品店の特徴は、ディーラーと比べると修理代は安上がりになる可能性が高いです。

ホームページも充実しており、修理の相場価格も掲載されています。その他にも、セールを行っていたり、ポイントが溜まるなどのメリットも。

一方で、車の修理専門業者ではないために、仕上がりのクオリティに多少不安が残る点も。高度な専門技術が必要なときには、断れるケースもあります。

町の修理工場の特徴

修理工場のメリットは、ディーラーと比べると修理代は安上がりになること。

ディーラーのように営業マンや事務スタッフなどが少ない分、人件費などの上乗せがありません。

また、付き合いがあったり、知り合いからの紹介であれば、修理代を安くしてくれることもあります。

他には、改造している車でも対応可能なのもメリット。

一方で、メーカー指定の専用器具が必要な場合などでは、修理を断られるケースもあります。

修理中に代車は無料で借りれるの?

車修理 代車

「修理中の代車の貸し出しはあるの?」

車に毎日乗っている人、通勤に使っている人にとっては、代車サービスの有無は気になるところ。

代車は、企業にとっては、自動車税、保険代、整備費用、ガソリン代などの維持費が発生するため、大きな固定費になります。そのため、貸し出しを行なっていない業者もいます。

まず、ディーラーでは、車検や点検などでは、無料貸し出しに対応していますが、故障や事故では、有料の貸し出しになることがあります。

そして、有料貸し出しの時には、1日5,000円〜1万円程度の費用に。自動車保険の条件によっては、代車費用を負担してくれる可能性もあります。自動車保険会社に適用されるのかを確認してください。

次に、車用品店では、ほとんどの場合に無料貸し出しに対応しています。(大手の車用品店の場合)

念のために、お近くの車用品店が対応しているかの事前確認をされてください。

最後に、町の修理工場は、規模によって異なります。大きな修理工場であれば、無料の代車サービスに対応している可能性があります。しかし、小さな修理工場であれば、対応していない可能性も。こちらも事前確認をされてください。

車の修理の見積もりが高額なら、廃車にすることも検討

修理の見積もりを取ってみて、想像以上に高額になるならば、廃車も検討してください。

年式が古い車、走行距離が多い車なら、中古車としての買取価格は期待が薄くなります。また、ディーラーに廃車依頼をすると、廃車費用を請求されることも。

しかし、廃車買取の専門業者なら、「廃車費用はすべて無料」「レッカー代料金も無料」「廃車手続き代行費も無料」と、廃車費用は一切かかることなく、車を廃車にできます。

多くの人が勘違いしているのは、年式10年以上・走行距離10万キロの車は廃車費用がかかるということ。廃車買取の専門業者なら、どんな車でも0円以上の買取保証。思わぬ高価買取価格をつけられることもあります。

独自の海外へ販売ルート、中古車のパーツ販売ルートを持っているから、廃車でも買取価格をつけられます。

車両価値を引き出すことで、他社では「廃車費用がかかる」「ボロボロで買取価格がつかない」と言われた車でも、0円以上の買取保証が実現。

「もう、廃車にお金も時間もかけたくないんだよね・・・」という方は、廃車買取の専門業者へとご相談ください。

シュリナビがおすすめする廃車買取業者は、廃車買取のハイシャル!全国対応で買取実績も豊富なのでおすすめです。

まとめ

車の修理代は、パーツの損傷具合によって異なります。バンパーなどの修理なら数万円程度で済みますが、エンジン系の修理(交換)だと100万円近くになることも・・・。

また、修理の依頼先は、信頼感や安心感を優先するなら「ディーラー」。安さを優先するなら「車用品店」「町の修理工場」がおすすめです。

もしも、修理費用が想像以上に高額になれば・・・、車を廃車にすることも検討してください。ハイシャルなら、どんな車でも0円以上の買取保証。お客様は1円も支払うことなく廃車にできます。

廃車 買取 10年