ルックはヘッドライトの黄ばみ取りに使える?ルックの注意点も解説!

車のヘッドライトはポリカーボネート樹脂という素材で出来ていることが多く、経年劣化によってだんだんと黄色く変色していきます。

ヘッドライトが黄ばんでくると、見栄えが悪くなるのはもちろん、ヘッドライトの光量が落ちてしまい、安全性能に支障をきたしてしまう可能性もあるのです。

そこで、今回は自分でヘッドライトの黄ばみを取る方法を紹介していきます。

また、お風呂掃除おなじみのルックをヘッドライトの黄ばみ除去に使用することができるのかについても紹介していきます。

ヘッドライトの黄ばみにルックは使える?

ヘッドライトの主な材質はポリカーボネート樹脂です。

ポリカーボネート樹脂は紫外線や酸性雨に弱く、時間が経つにつれて変色してしまうという特性があります。

もちろん、新車購入時には表面にコーティングがされているため、すぐに劣化するようなことはありません。

しかし、日々の洗車や雨の影響、さらに紫外線の影響を受けて、だんだんと表面のコーティングが剥がれていってしまいます。

そして、紫外線や酸性雨がヘッドライトの素材に直接当たることで変色してしまうのです。

 

一度、ヘッドライトが黄ばんでしまうと、洗車で落とすことはできません。

ただし、専用の除去剤や特殊な洗剤などを使用すれば、自分でも黄ばみを取り除くことが可能です。

しかし、専用の除去剤を手に入れることは難しく、初心者には扱うのが難しいものも多いです。

まいちゃん
身近にあるものを使ってヘッドライトの黄ばみを取り除く方法はないのでしょうか。
しゅりくん
結論からいうと、お風呂掃除などで使用されるルックでヘッドライトの黄ばみを落とすことは可能です。

ルックの主な成分は研磨剤であり、界面活性剤やアルカリ成分が含まれています。

つまり、ヘッドライト表面に付着している汚れや黄ばみを研磨剤で削り落とすことができ、界面活性剤やアルカリ成分が反応して汚れを落としてくれるということです。

身近にあるものを使用してヘッドライトの黄ばみを取り除くことができるため、この方法は知っておいたほうが良いでしょう。

 

また、最近ではスゴピカクリアライトという簡単に黄ばみを取り除くことができる専用クリーナーがあります。

スゴピカクリアはスプレータイプなので、ヘッドライトに直接吹きかけるだけで、初心者でも簡単にヘッドライトの黄ばみを取り除くことができます。

さらに、コーティング剤が含まれているため、汚れを落とした後にしっかりと表面をコーティングしてくれるのが特徴です。

したがって、黄ばみを落とした綺麗な状態を長い期間維持することができます。

ルックを使うメリット・デメリット

お風呂掃除用のルックを使用して、ヘッドライトの黄ばみを取り除くことができます。

もちろん、ヘッドライト専用のクリーナーではないため、使用にはメリットとデメリットがあります。

それでは、ルックを使うメリットとデメリットについて見ていきましょう。

【メリット】
ルックを使ってヘッドライトの黄ばみを除去するメリットとして挙げられるのが手軽さです。ルックはもともとお風呂掃除用の洗剤であるため、入手性も高く、ホームセンターやドラッグストアなどで簡単に手に入れることができます。もちろん、すでにお持ちの方も多いのではないでしょうか。したがって、ルックを使う最大のメリットは手軽さにあるといえるでしょう。さらに、研磨剤が多く含まれているため、しっかりと黄ばみを除去できるのが特徴です。また、本来お風呂掃除に使用するためのものなので、業務用成分や危険成分が含まれておらず、安全性にも配慮されています。

【デメリット】
一方、デメリットについては、専用洗剤ではないため、黄ばみ除去後のコーティング作業が必要になることが挙げられます。研磨剤が多く含まれているルックはヘッドライトの表面を削り落として汚れを落とします。そのため、しっかりとコーティングしておかなければ、余計に黄ばみが強くなってしまうのです。また、使い方を間違えるとボディやヘッドライト周りを汚してしまったり、傷をつけてしまったりする可能性があります。
そのため、ルックを使ってヘッドライトの黄ばみ除去を行う場合は、メリットとデメリットの両方を理解した上で行うようにしましょう。

ルックを使う時の注意点

ルックの主成分は研磨剤界面活性剤です。
そのため、塗装面などや金属製品には使うことはできません。

つまり、ヘッドライトに使用する場合はしっかりとマスキングテープを使って養生する必要があります。

万一、ボディなどについてしまうとボディの塗装が剥がれてしまう危険性もあります。

しゅりくん
ルックを使ってヘッドライトの黄ばみを除去する場合は、ヘッドライト周りにルックが付着しないようにしっかりと、養生するようにしましょう。

実際にヘッドライトの黄ばみを取る方法を解説

ルックには研磨剤が多く含まれているため、ヘッドライトの表面にこびりついた汚れや黄ばみを簡単に取り除くことができます。

手順
①洗車をしてほこりやゴミを落とす
②塗装面や金属部分を養生
③ウエスでルックを塗る
④ウエスやクロスで拭きとる
⑤コーティング作業

手順としては、最初に洗車をして表面に付着しているほこりやゴミなどを落としていきます。

そして、ボディ面や他の樹脂部分などにルックが付着しないように丁寧に養生作業を行っていきます。

この時、幅の大きさが異なる2種類のマスキングテープを使用することをおすすめします。

幅が広いマスキングテープは形状が直線のヘッドライトに使用し、デザインが複雑な形状や曲線があるところには細めのマスキングテープを使います。

そして、しっかりと養生することができたら、ウエスを使ってルックをヘッドライト表面になじませていきます。

ちなみにウエスとは業務用としても使用される拭き取り時に使う布です。

しゅりくん
本来、油汚れなどを拭き取る際に使用することが多いのですが、研磨剤が多く含まれているルックをなじませるときにも使いやすいので、ウエスを使うことをおすすめします。

ルックをなじませる時は全体的にまんべんなく塗っていくことがポイントです。

一度につけすぎると、研磨剤がうまく浸透しなかったり、綺麗に研磨することができなかったりします。

したがって、ルックを全体に薄く延ばすようなイメージでなじませていくことが大切です。

その後、新品のウエスやマイクロファイバークロスを使って、拭き上げ作業を行います。

この時、必ず新品のウエスやマイクロファイバークロスを使うようにしましょう。

汚れやウエスなどで拭き上げを行うと、ヘッドライト表面に傷をつけてしまったり、余計に汚れてしまったりすることがあります。

そのため、綺麗なウエスやクロスで拭き残しがないように拭き上げていきましょう。

用意するもの

ルックを使ってヘッドライトの黄ばみを除去するにはルック以外にも用意しなければならないものがあります。

用意するもの
・ルック
・マスキングテープ
・耐水ペーパー#1000
・耐水ペーパー#2000
・ウエス
・マイクロファイバークロス
・コーティング剤

耐水ペーパーについては、ヘッドライトの汚れや黄ばみの強さによって使用することをおすすめします。

なぜなら、ヘッドライトに付着した黄ばみが頑固な場合は、ルックに含まれている研磨剤だけでは効果が出にくいことがあるからです。

そのため、頑固な黄ばみには耐水ペーパーを使って、削り落とすことがポイントです。

 

そして、新品のウエスやマイクロファイバークロスは必ず必要になるので、用意しておきましょう。

ホームセンターやカー用品店でも売られており、どこでも手に入れることができるのが特徴です。

 

そして、仕上げ用としてコーティング剤を用意しましょう。
コーティング剤には様々な種類があるため、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

しゅりくん
どれを選んだら良いかわからない場合は、液体タイプやスプレータイプのものを選ぶと良いでしょう。

また、種類によって耐久年数や使い勝手も異なります。

予算や求める効果に合わせて選ぶことがポイントです。

最後にコーディング剤を使おう

ルックには研磨剤が含まれているため、強い黄ばみにもしっかりと効果が期待できます。

しかし、研磨剤によってヘッドライト表面が削られてしまうため、黄ばみを落とした後はコーティング処理が必要となります。

しっかりとコーティングをしなければ、紫外線や酸性雨が直接ヘッドライトの素材に当たってしまい、劣化が早くなってしまいます。

黄ばみを除去した後は、コーティング剤を使用してヘッドライトの表面を保護するようにしましょう。