ピカールでヘッドライトの黄ばみは取れるの?その疑問を徹底解説!

ヘッドライトは紫外線や雨、さらに経年劣化が原因でだんだんと黄ばみが強くなってきます。

黄ばんだまま放置しておくと、ヘッドライトの光量が落ちてしまい、車検に通らないなんてこともあります。

さらに、光量が落ちることで、夜間の走行にも支障をきたしてしまいます。

そこで、今回はヘッドライトの黄ばみの除去に金属研磨剤であるピカールが使用できるか、さらに使用する際の注意点などについて紹介していきます。

ヘッドライトの黄ばみにピカールは使える?

ヘッドライトの黄ばみは、樹脂の表面が紫外線や酸性雨などに反応し、くすんでくるのが主な原因です。

そのため、ヘッドライトの黄ばみを取り除くには劣化した表面を削り落とす方法が効果的なのです。

しかし、紙やすりなどを使用すると、傷がついてしまい、綺麗な仕上がりにならないことも少なくありません。
そこで、金属研磨剤の代表的な存在であるピカールを代用する方法があります。

しゅりくん
ピカールは金属を研磨するのが主な用途となります。

その成分を見てみると、灯油乳化剤、そして3ミクロン以下の研磨剤です。

微細な研磨剤によって金属表面のくすみや汚れを綺麗に落とすことができるのが特徴です。

もともと金属用として開発されたピカールですが、ヘッドライトの表面のような樹脂素材にも使用できることがわかっています。

もちろん、ピカールのメーカーが推奨しているわけではありませんが、ピカールを使用してヘッドライトやテールライト、その他の樹脂部分の研磨に使用している事例も珍しくないのです。

そのため、簡単にヘッドライトの黄ばみを取り除くことができる方法の1つとしてピカールが使用できるのを知っておいて損はないでしょう。

さらに、最近では、スゴピカクリアライトという簡単にヘッドライトの黄ばみを取り除くことができるコーティング剤が販売されています。
洗車や磨き作業をしたことがない初心者でも簡単にヘッドライトの黄ばみを取り除くことができるため、多くの人気を集めています。

さらに、黄ばみを取り除くだけでなく、表面を特殊な成分でコーティングすることができるため、綺麗な状態を長持ちさせる効果もあります。

ヘッドライトの黄ばみ除去にはピカールやスゴピカなどを使うことで、初心者でも簡単に作業を行うことができます。

ピカールを使うメリット・デメリット

ピカールを使ってヘッドライトの黄ばみ取り除くことが可能であり、実際に使用しているケースも少なくありません。

そこで、実際にピカールを使ってヘッドライトの黄ばみ取り除く際のメリットとデメリットについて紹介していきます。

ピカールを使う最大のメリットは手ごろさと作業の簡単さです。

ピカールはホームセンターやインターネットで簡単に手に入れることができ、入手性が高いのが特徴です。

さらに、金額もリーズナブルであり、手ごろに手に入れることができます。

また、ヘッドライトの黄ばみ以外にもキッチンやお風呂場などのお掃除でも使用することができるため、非常に汎用性が高いのも特徴の1つだと言えるでしょう。

ピカールを使用すれば、初心者でも簡単にヘッドライトの黄ばみを取り除くことができるため、時間をかけずに綺麗な仕上がりを期待することができます。

しゅりくん
また、特殊な作業は必要なく、ヘッドライトの表面を磨くだけなので、磨きを経験したことがない方でも簡単に作業を行うことができるでしょう。

 

一方、ピカールを使用するデメリットとしては、磨いた後のコーティング処理が必要になることです。

ピカールの成分に含まれている微細な研磨剤がヘッドライトの表面を削ることで、表面の汚れを落としています。

しかし、ヘッドライトの樹脂素材も一緒に削ってしまっているため、汚れを落とした後はコーティング処理が必要となります。

もし、コーティング処理を行わなければ、紫外線や酸性雨の影響を直接受けてしまうため、すぐにヘッドライトが劣化してしまうのです。

しゅりくん
したがって、ピカールを使用してヘッドライトの黄ばみを除去した後はヘッドライトの表面をコーティング処理するのが必須だと言えます。

ピカールを使う時の注意点

ピカールを使用する時の注意点はヘッドライト以外のボディやガラス部分に溶剤が付着しないように気を付けることです。

ピカールの主成分は研磨剤、灯油、乳化剤です。

ボディ部分に付着し、放置しておくとボディが変色してしまう可能性もあります。

そのため、ピカールを使用する際は、マスキングテープなどを使用してボディやガラス部分をしっかりと養生するようにしましょう。

しゅりくん
さらに、作業する際は必ず手袋をし、肌に触れないようにすることが大切です。

実際にヘッドライトの黄ばみを取る方法を解説

ピカールを使用して、ヘッドライトの黄ばみを取る方法は簡単です。

黄ばみを取る方法
①汚れやゴミを取り除くために洗車
②マスキングテープで丁寧に養生
③ピカールを未使用のウエスにつけて磨く
④別のウエスで拭き上げ

まず、汚れやゴミを取り除くため、洗車を行います。

ヘッドライトにホコリやゴミが付着したままだと、研磨剤がゴミやホコリを巻き込んでしまい、磨いた時にヘッドライトを余計に傷つをける原因になります。
そのため、しっかりとゴミやホコリを取り除くため、入念に洗車を行いましょう。

洗車が終わったら、マスキングテープを使って、ヘッドライトの周りなどを養生していきます。

特に、ボディやガラス部分はしっかりと養生することをおすすめします。
さらに、ゴム製の部品にも溶剤がかからないように、丁寧に養生することが大切です。

養生作業が終わったら、ピカールを使用して磨き作業を進めていきます。

しゅりくん
ピカールは液状の研磨剤なので、しっかりと振ってから使用する必要があります。

未使用のキレイなウエスにピカールを付けて、ヘッドライト表面を磨いていきます。
磨き作業では、力を入れすぎずに、まんべんなく磨いていくのがコツです。

そして、全体を磨くことができたら、新品のウエスで拭き上げを行っていきます。

ヘッドライト表面にピカールの成分が残らないように、しっかりと拭き上げを行うのがポイントです。

ちなみに、ウエスとは古着などから作られる業務用の布です。
汚れはもちろん、油や不純物などをキレイに取り除くことができます。
ホームセンターやカー用品店で購入することができるため、簡単に手に入れることができます。

用意するもの

ピカールを使ってヘッドライトの黄ばみを除去するにはピカール以外にも用意するものがあります。

用意するもの
・ピカール
・耐水ペーパー#1000
・耐水ペーパー#2000
・ウエス
・マイクロファイバークロス
・コーティング剤

耐水ペーパーはヘッドライトの汚れや黄ばみの状態に合わせて使用します。

特に黄ばみが強い場合は、ピカールの微細な研磨剤だけでは落とすことが難しいです。

黄ばみの状態が酷い場合は耐水ペーパー#1000や#2000を使用して、下処理を行います。

あらかじめ耐水ペーパーを使用し、くすみや黄ばみを削り落としておくことで、より一層綺麗な仕上がりを期待することができます。

また、耐水ペーパーの番数はヘッドライト表面の状態に合わせて選ぶことが大切です。

しゅりくん
しかし、ピカールにも研磨剤成分が含まれているため、下処理として必要なのは、耐水ペーパー#1000耐水ペーパー#2000があれば問題ありません。

その他、新品のウエスやマイクロファイバークロスが必要となります。

汚れた雑巾やタオルを使用すると、ヘッドライトの表面を傷つけてしまいます。

そのため、磨き作業や拭き取り作業には必ず新品のウエスやクロスを使用するようにしましょう。

特に、仕上げの拭き上げ作業にはマイクロファイバークロスという繊維が細かいタイプのクロスを使用することをおすすめします。

そして、最後にコーティング処理に使用するコーティング剤が必要となります。

コーティング剤には様々な種類がありますが、使い勝手に合わせて選ぶのがおすすめです。

液体タイプやスプレータイプ、固形タイプなど使い勝手は様々です。

ヘッドライトの場合、液体タイプを使用することが多く、どれを選んだら良いかわからない方は液体タイプのコーティング剤を選ぶようにしましょう。

最後にコーディング剤を使おう

ピカールを使ってヘッドライトを磨くと、樹脂が露出した状態となり、紫外線や酸性雨の影響を直に受けてしまいます。

そのため、仕上げ作業としてコーティング処理を行う必要があります。

コーティング処理作業では、コーティング剤を使用して丁寧に塗り込みを行っていきます。

コーティング剤を使用することで、ヘッドライト表面を保護することができ、長い間キレイな状態に保つことができます。