▷ ▷ ▷ LINEお友だち登録で10%OFFクーポンGET!

白化したゴムモールを復活させる方法!簡単塗装で新車同様の黒さに

「ゴムモールが白化してきて見栄えが悪い…」
「ゴムモールの見た目を元に戻す方法はない?」

上記のように困っていませんか?

ゴムモールは黒色となっているため、ほかのパーツ以上に色あせや汚れが目立ちやすいパーツだと言えます。ゴムモールが白化・色あせすると、車全体の印象ダウンにも繋がってしまうでしょう。

色あせが進行しないよう、気づいたら早めに処置を行うのがおすすめです。

とは言っても、どのようにして色あせに対処したら良いのかわからない方も多いでしょう。

そこで当記事では、ゴムモールが白化・色あせする原因、対処法、対処する上でおすすめの商品について紹介します。

ゴムモールの白化・色あせが気になっている方、白化や色あせに対処したいと思っている方は、ぜひお読みください。

目次

ゴムモールが白化・色あせする原因

ゴムモールが白化・色あせする原因は、主に以下の5つです。

  • 雨ジミ
  • 表面の性質上、汚れが溜まりやすい
  • 経年劣化
  • 日光
  • コーティング剤やカーワックス

雨ジミ

雨に何度も当たっているうちに、色があせてしまうことがあります。

特に普段青空駐車をしていると、雨に打たれる割合が高くなります。日頃何度も雨に打たれていれば、おのずと雨ジミができやすくなります。

雨ジミの主な原因は、雨に含有されている汚れです。雨は一見透明に見えますが、実は砂ぼこりや汚染物質といったいろいろな汚れが内部に含まれています。

汚れを含んだ雨粒がゴムモールに当たり、ゴムモールが雨の中の汚れを吸ってしまったことで、白化や色あせが起きているのです。

表面の性質上、汚れが溜まりやすい

車の塗装面はツルツルとしているため、汚れても雨や洗車の水に流されて落ちやすいという特徴があります。

一方でゴムモールは表面がなめらかではないため、一度汚れたらなかなか落ちにくいという特性を持っています。

経年劣化

年を重ねることも、ゴムモールが白化・色あせする原因のひとつです。

長い年月が過ぎていくごとに、ゴム素材は少しずつ劣化していきます。

劣化は、外の温度や酸素、オゾン、紫外線など、さまざまな外部環境に影響を受けることで起こります。

日光

日光に含まれる紫外線は、ゴムモールを含む車のさまざまなパーツに悪影響を与えます。

紫外線に当たり続けることで、ゴムモールの樹脂パーツが劣化し、色あせや白化を起こしていくのです。

さらに、日光を浴びることによる温度上昇も原因として挙げられます。

日光によって長い間熱にさらされると、劣化や色あせを引き起こしやすくなります。

特に炎天下に置いておくことの多い車は、紫外線や日光の熱で劣化しやすいと言えるでしょう。

コーティング剤やカーワックス

コーティング剤やカーワックスを車に使用した際、液体がゴムモールに付着し、そのまま放置されたことで白化を引き起こしたというケースも考えられます。

ゴムモールの色あせは復活材で解消

車の見た目に悪影響を与えやすいゴムモールの色あせですが、洗車では落ちないケースも多くあります。

処理が難しいゴムモールの色あせですが、一気に消すために威力の強いカー用品でまとめて対処しようとするのは危険です。

ゴムモールにマッチしない洗剤を使うことでダメージが加わってしまい、シミやひび割れの原因となるケースもあるためです。

前述の通り、コーティング剤やカーワックスなどのカー用品がゴムモールを傷つけるきっかけとなる場合もあるため、手入れの際には十分に注意する必要があります。

では、ゴムモールが色あせてしまった場合はどのようにして対処すれば良いのでしょうか。

結論、ゴムモールの色あせは、樹脂パーツに対応できる復活剤を用いることで解消できます。

劣化して白くなったゴムモールに復活剤を塗布することで、黒々としたきれいな色合いに戻すことができるのです。

編集部おすすめのゴムモールの復活剤はコレ!

ゴムモールの色あせを直すには、【CarZootプロ仕様】 黒樹脂 完全復活コーティングがおすすめです。

耐久性にも優れており、一度塗布するとおよそ1年は輝きが維持します。

色落ちした部分の色とツヤを復活させるだけでなく、コーティングする効果もあるため、未塗装樹脂が劣化していくことを防ぐ効果も期待できます。

プロ仕様という名前の通り、プロからのお墨付きで迷ったら買っておけば間違いはない商品です。

そのほかの樹脂パーツに使える復活剤のおすすめ商品をまとめた記事も参考にしてみてください。

まとめ

最後に内容をおさらいします。

ゴムモールは雨ジミや経年劣化など、さまざまな原因によって日々汚れていきます。

また表面が黒色であることから、ほかのパーツ以上に白化や汚れが目立ちにくいというのも特徴です。

ゴムモールの白化や色あせは、洗車で落ちないことも多くあります。

加えて、合わないコーティング剤やカーワックスなどを用いて落とそうとすると、むしろゴムモールにダメージを与えてしまうリスクがあります。

ゴムモールの色あせを取り除きたい場合は、専用の復活剤で解消するようにしましょう。

復活剤のおすすめは、リブラックです。

リブラックであれば、外装だけなく内装にも使える上、拭き取り不要で簡単に施工が行えます。

シリコン系ではなく硝子系の樹脂コーティングとなっているため、車のボディ部分を傷つける心配もありません。

ゴムモールの白化や色あせが気になっていた方は、今回の記事をぜひ参考にしてください。

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次