▷ ▷ ▷ LINEお友だち登録で10%OFFクーポンGET!

白化したカウルトップを新車同様の黒さにする裏ワザ!樹脂の色あせを解消

「カウルトップが白化してしまって、印象が悪い​…​」

「白化したカウルトップを元に戻す方法はない?」

上記のような困りごとを抱えている方は多いのではないでしょうか。

カウルトップは、車の樹脂パーツの中でも特に劣化しやすいパーツです。

そのため、カウルトップの白化が気になる人は少なくないでしょう。

ボディをいくら艶やかに保っても、カウルトップが白化していると全体の印象もダウンしてしまいます。

白化に気づいたら、できる限り早急に対処したいところです。

当記事ではカウルトップが白化・色あせする原因や、カウルトップの色あせを復活させる方法について徹底解説していきます。

また後半には、カウルトップを黒くしたい方におすすめの商品についても詳しく紹介します。

カウルトップが白化して困っている方や、白化をなくして新車同様の黒さによみがえらせたい方は、ぜひお読みください。

目次

カウルトップが白化・色あせする原因

カウルトップが白化・色あせする原因として主に考えられるのは、紫外線とエンジンの熱です。

紫外線には車を劣化させる力があるため、太陽の光は車にとっての天敵と言えるでしょう。

その上紫外線は、車のボディ部分だけでなく、樹脂パーツに対しても悪い影響をもたらします。

特にカウルトップは、側面にあるパーツとは異なり、太陽の光を真正面から受けるパーツです。直射日光を受けることになるカウルトップは、ほかのパーツ以上に紫外線で劣化しやすいと言えるでしょう。

日差しに長く当たっていればいるほど、紫外線による劣化は激しくなるため注意が必要です。

屋外に駐車している車は、紫外線に長時間当たり続けることになるため、紫外線の影響を特に受けやすいと言えます。

紫外線による白化や色あせが進行しすぎてしまうと、後から対処してもあまりきれいにならなくなるリスクもあります。したがって、早めに対処することをおすすめします。

また、エンジンの熱もカウルトップを劣化させる原因のひとつです。

カウルトップはエンジンルームの近くにあるパーツであるため、エンジンの影響を強く受けます。

長い間エンジンの熱を浴び続けることで、変形や白化を起こすことがあるため注意が必要です。

ほかにも、外部の温度差や雨など、さまざまな要因によって白化や色あせは進行していきます。

カウルトップの色あせを復活させる方法

では、カウルトップの色あせはどのようにすれば見えなくすることができるのでしょうか。

カウルトップの色あせを修復したい場合、「樹脂パーツの復活材を塗りこむ」または「メラミンスポンジで表面を削る」という手段があります。

それぞれについて、以下で詳しく解説していきます。

メラミンスポンジで表面を削る

カウルトップ復活方法は、「メラミンスポンジで表面を削る」です。

白化が気になる部分を見つけたら、メラミンスポンジでこすりましょう。

メラミンスポンジとは、「メラミンフォーム」という材質でできたスポンジです。

メラミンフォームは硬くて細かな網目状の構造となっているため、網目がヤスリのように働き、白化部分を削り落としてくれます。

やり方としては、メラミンスポンジを水で濡らし、カウルトップの白化部分を擦り続ければOKです。

白化した部分が磨き上げられていき、次第に黒くなっていくでしょう。

水の代わりに、カウルトップを劣化させる心配のない洗剤を使用すると、さらに効果が高まる可能性もあります。

カウルトップをメラミンスポンジで磨く際は、誤ってボディまで磨いてしまわないようにご注意ください。

メラミンスポンジは削って汚れを落とすアイテムであるため、ボディに使用すると、削れてダメージを与えるリスクがあります。

またカウルトップの場合も、磨きすぎには注意が必要です。

過度に磨きすぎると、表面の質感が失われる可能性があるためです。

メラミンスポンジは100円ショップでも購入できるため、手軽に試すことができます。

ただし頑固な汚れがこびりついていた場合、かなりの根気がいる点に注意しましょう。

樹脂パーツの復活材を塗りこむ

1つ目のカウルトップ復活方法は、「樹脂パーツの復活材を塗りこむ」です。

樹脂パーツに対応した復活材を使用することで、カウルトップの白化や色あせを解消できる可能性があります。

カウルトップ本来の黒々とした鮮やかな色合いを取り戻してくれるため、車全体を引き締まった印象にしてくれることが期待できます。

カウルトップを黒くするならリブラックがおすすめ

カウルトップに新品同様の黒々とした輝きを取り戻したい方には、リブラックというアイテムがおすすめです。

当アイテムを用いることで、メラミンスポンジのように力を入れなくても簡単にカウルトップを黒くすることができます。

外装だけなく内装にも使える

1つ目のリブラックおすすめポイントは、外装だけなく内装にも使えるという点です。

リブラックは、ボディなどの外装だけでなく、ダッシュボードなどの内装にも使用できます。

1本でどちらも手入れできるため、コストパフォーマンスに優れています。

拭き取り不要で施工が簡単

2つ目のリブラックおすすめポイントは、拭き取り不要で施工が簡単な点です。

リブラックは、使用後にクロスなどで拭き取る必要がありません。したがって、手間がかからずスピーディに施工を終えられます。

硝子系の樹脂コーティング

3つ目のリブラックおすすめポイントは、硝子系の樹脂コーティングであるという点です。

シリコン系ではないため、誤ってボディに付着しても変色するリスクがありません。

まとめ

最後に内容をおさらいします。

当記事では、白化したカウルトップの原因や復活させる方法について解説しました。

カウルトップは、主に紫外線とエンジンの熱によって白化・色あせしていきます。

側面のパーツ以上に太陽の光を受けやすく、エンジンルームに近い場所にあるカウルトップは、ほかのパーツよりも劣化しやすいパーツだと言えるでしょう。

カウルトップの色合いを復活させたい場合、樹脂パーツの復活材を塗りこむか、メラミンスポンジで表面を削り落とすのがおすすめです。

カウルトップの白化を見えなくして、新車のような美しさを取り戻したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次