▷ ▷ ▷ LINEお友だち登録で10%OFFクーポンGET!

色あせたバンパーを新車同様の黒さに復活させる裏ワザ!樹脂の白化を解消

「バンパーの色あせが気になる​…​」
「色あせしたバンパーを黒く綺麗にする方法はない?」

黒い樹脂バンパーが取り付けられた車を持っている人の中には、上記のような悩み・疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。

バンパーは車のあらゆるパーツの中でも、特に目立つ部分のひとつです。そのため、できれば購入した頃と同じくらいの鮮やかな黒さを取り戻したいですよね。

当記事ではバンパーが色あせ・白化する原因や、バンパーの色あせ・白化を復活させる方法について詳しく解説していきます。

また後半には、バンパーを黒くしたい方におすすめの商品についても詳しく紹介します。

バンパーが色あせてしまい困っている方、色あせを無くして元の鮮やかな黒さを取り戻したい方は、ぜひお読みください。

目次

バンパーが色あせ、白化する原因

初めは黒々とした輝きを放っていたバンパーも、時間が経つにつれだんだんと色あせてきてしまいます。

ではなぜ、バンパーは色あせや白化を起こしてしまうのでしょうか。

バンパーの色あせや白化の原因として主に考えられるのは、樹脂から漏れ出した油分と紫外線です。

樹脂性バンパーから油分などのさまざまな成分が滲み出てきた結果、塗装に染みて性質を変化させ、白化を引き起こしている可能性があります。

加えて、樹脂は紫外線の影響を大きく受けやすい素材です。

太陽から放たれる紫外線には、樹脂を劣化させる働きがあります。バンパーが長い時間紫外線の光に当たり続けることで、紫外線の熱がダメージを与え、色あせを起こしてしまっている可能性があります。

日の当たる屋外で保管されている車は、特に紫外線の影響を受けやすいと言えるでしょう。

そのほかにも、雨に濡れたり外部の温度の影響を受けたりと、さまざまな原因によってバンパーは色あせていきます。

車の正面にもあるバンパーは、愛車全体の印象に大きな影響を与えるパーツです。バンパーの一部分が白化しているだけでも、車全体の美しさが損なわれてしまう可能性があるでしょう。

色あせや白化を起こしていると気付いたら、できる限り早めに対処することをおすすめします。

バンパーが色あせ、白化を解消する方法

以下からは、バンパーの色あせや白化を解消する方法について解説します。

  • メラミンスポンジで表面を削る
  • 樹脂パーツの復活材を塗る

1つずつ解説していきます。

メラミンスポンジで表面を削る

まずは色あせ・白化解消方法は、「メラミンスポンジで表面を削る」です。

メラミンスポンジは、表面が小さな網目状になった硬い素材「メラミンフォーム」でできています。

バンパーをこすることでメラミンスポンジがヤスリのような役割を果たし、色あせ・白化した部分を削るように落としてくれます。

使い方は簡単で、メラミンスポンジを水で濡らし、ひたすら表面を削るだけでできます。

水の代わりに洗剤を用いれば、より効果が高まることも期待できるでしょう。

ただし、バンパーにダメージを与える洗剤を使用しないようご注意ください。

メラミンスポンジは100円ショップでも購入できるため、気軽に試しやすいのもメリットです。

なお、メラミンスポンジでの施工は表面を削る方法であるため、過度に行うと塗装が剥がれ落ちるリスクもあります。

表面を劣化させる可能性がある点については、注意が必要です。

樹脂パーツの復活材を塗る(おすすめ)

続いては、色あせ・白化解消方法は、「樹脂パーツの復活剤を塗る」です。

カー用品の中には、樹脂パーツに対応した復活剤が売られています。

復活剤をバンパー表面に塗布することで、樹脂バンパー本来の黒々とした美しさが戻ってきます。

色あせたバンパーを黒くするならリブラック

色あせたバンパーに艶を取り戻し、黒くしたいのであれば、リブラックがおすすめです。

リブラックは、バンパーに吹きかけるだけで新車同様の鮮やかな黒々しさを蘇らせてくれるアイテムです。

吹きかけて使用するスプレータイプとなっており、シュッと吹き付ける形で気軽に使用できます。

白くなったり古ぼけた印象になったりした樹脂パーツにスプレーするだけで、表面がたちまち黒さを取り戻します。

ボケた線傷があっても見えなくなるため、車全体の美しさを取り戻してくれるでしょう。

スプレータイプとなっているため、手が届きにくいところにまでしっかりと吹き付けることができます。液状タイプのようにハケを用いて塗る必要もないので、手軽にサッと仕上げられるでしょう。

以下からは、リブラックの特におすすめできるポイントについて解説していきます。

外装だけなく内装にも使える

1つ目のリブラックおすすめポイントは、「外装だけなく内装にも使える」という点です。

リブラックはボディなどの外装だけでなく、ダッシュボードなどの内装にも使用できるため、1本で車のさまざまな部分を美しく蘇らせることができます。

バンパーはもちろん、ウィンドウのゴムモール、インパネ(インストルメントパネル)やドアパネル、トランクの樹脂パーツ、カウルトップパネルなど、あらゆる部分に使用できます。

拭き取り不要で施工が簡単

2つ目のリブラックおすすめポイントは、「拭き取り不要で施工が簡単」という点です。

他社製品とは異なり、リブラックは車に塗った後にクロスなどで拭き取る必要がありません。

面倒な手間が削減されるため、簡単に施工を行うことができます。

硝子系の樹脂コーティング

3つ目のリブラックおすすめポイントは、「硝子系の樹脂コーティングである」という点です。

他社製品のほとんどは、シリコン系のつや出し剤となっています。

シリコン系は、「ボディに付着するとボディが変色する可能性がある」というデメリットを持っています。

せっかく車の見た目を美しくしようと復活剤を塗っていたにも関わらず、ボディが汚れてしまっては本末転倒ですよね。

一方硝子系のリブラックであれば、上記のようなデメリットもなく安心して施工が行えます。

まとめ

最後に内容をおさらいします。

バンパーの色あせ・白化は、樹脂から漏れ出した油分や紫外線、雨や外部の温度といったさまざまな要因によって日々進行していきます。

バンパーの色あせ・白化を解消したい場合、樹脂パーツの復活剤を塗るか、メラミンスポンジで表面を削るのがおすすめです。

色あせたバンパーを黒くしたいのであれば、リブラックがおすすめです。

スプレータイプのリブラックであれば、ワックスタイプよりも気軽にバンパーの色あせを修復できます。

施工後はクロスなどで拭き取る必要もないため、より簡単に作業を完了できます。

硝子系の樹脂コーティングなので、シリコン系のようにボディを誤って変色させる危険もありません。

バンパーが真っ黒になることで、車全体も引き締まった印象になります。

バンパーの色あせが気になる方は、ぜひ今回紹介した方法を試してみてください。

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次