▷ ▷ ▷ LINEお友だち登録で10%OFFクーポンGET!

車の樹脂やプラスチックパーツのつや出し方法は?白化を復活させる裏ワザ

「樹脂・プラスチックパーツの表面をもっとつややかにしたい​…​」
「パーツの表面が白化してしまった。復活させる方法はある?」

上記のような疑問や悩みをお持ちではないでしょうか?
樹脂・プラスチックパーツは、手入れをせずに放置すると日に日に劣化していき、見た目の印象が悪くなっていってしまいます。

当記事では、車の樹脂・プラスチックパーツの概要、つや出し方法について解説します。
また、パーツが白化してしまう原因やパーツが使用されている主な場所についても紹介していきます。

樹脂・プラスチックパーツに本来の黒さを取り戻したい方や、白化してきていることにお悩みの方はぜひお読みください。

目次

車の樹脂・プラスチックパーツとは?

まずは、車の樹脂・プラスチックパーツについて解説します。
車の樹脂・プラスチックパーツとは、塗装されておらず黒い色をした、樹脂性のパーツのことを指します。

樹脂・プラスチックパーツは車を軽量化させたり、コストを下げたりすることに一役買っているパーツでもあります。

表面はシボ加工されているため、ボディのようにツルツルとはしていません。
触ると、ややざらついた印象になっています。

シボ加工とは・・・ちりめん状に細かく寄った不規則なシワ模様の加工のこと。傷が付きづらくしたり、傷を目立ちにくくするための加工。

樹脂・プラスチックパーツのデメリットとしては、比較的劣化しやすい点が挙げられます。

樹脂・プラスチックパーツが使用されている箇所

樹脂・プラスチックパーツが主に使用されている箇所は、以下のような部分です。

・カウルトップパネル(ワイパーの根本近くにあるパーツ)
・センターピラー(ドアを保持するための柱)
・フェンダーアーチ(タイヤの上部あたりにあるパーツ)
・サイドステップ(側面のドアの下あたりにあるパーツ)
・サイドミラー(側面にある後方確認用のミラー)のガラス周辺や付け根
・バンパー(前と後ろに装備されているパーツ)

このように、樹脂・プラスチックパーツは車の至るところに使用されており、ボディと同様に長年車に乗っていると劣化していきます。

樹脂・プラスチックパーツパーツが白化する原因

樹脂・プラスチックパーツは、他のパーツよりも白く色あせやすいパーツです。最初は黒々とした輝きを放っていても、長く乗っているうちに少しずつ白化し、色があせていきます。
ではなぜ、樹脂・プラスチックパーツはだんだんと白化していってしまうのでしょうか。

樹脂・プラスチックパーツが白化しやすい理由は、主に以下の3つです。

・表面が塗装されていないため
・紫外線や太陽の光による温度上昇に弱いため
・雨(酸性雨)によって汚れたりダメージを受けたりしやすいため

樹脂・プラスチックパーツは、ほかのパーツとは違い塗装がされていません。(未塗装樹脂)
素材がむき出しとなっている状態であるためとても繊細で、さまざまな外部要因を特に受けやすいという特徴を持っています。

また、紫外線に弱いというのも理由のひとつです。紫外線が人間の体に悪影響を与えることは多くの人がご存知かと思いますが、紫外線によって悪い影響を受けるのは車も同じです。紫外線の熱を受けることで、車のパーツは色があせてきてしまいます。

さらに、太陽の光による温度上昇も原因のひとつとして挙げられます。
太陽の光を長い間受け続けると、樹脂・プラスチックパーツの温度が上昇します。急激に温度が上昇することで、樹脂・プラスチックパーツが劣化して色あせを引き起こしてしまうケースもあります。

太陽の方を向いたカウルトップは紫外線の影響を受けやすいため、特に劣化しやすいと言えるでしょう。

次に、雨の影響を受けやすいということも理由として挙げられます。
雨の中には化学物質や砂埃といったさまざまな汚れが含まれているため、雨の汚れが樹脂・プラスチックパーツに染み込んで白化を起こしている可能性があります。

ほかには、酸性雨の影響も考えられます。
酸性雨が樹脂・プラスチックパーツに当たることで、パーツが劣化して色あせを引き起こしているケースもあります。

色あせの原因のほとんどは太陽の光や紫外線、酸性雨などであることから、青空駐車している車のパーツは特に劣化が進みやすい状況にあると言えるでしょう。

車の樹脂・プラスチックパーツの艶出し方法

樹脂・プラスチックパーツのつやが失われ、色褪せていると、車全体の印象もダウンしてしまいます。
色あせに気づいた場合は、早めに対処を行いましょう。

樹脂・プラスチックパーツのつやを取り戻したい場合、「メラミンスポンジとシリコン塗装を使う」「樹脂・プラスチックパーツの復活剤で磨く」という2つの方法があります。

以下からは、詳しいつや出し方法について紹介します。

メラミンスポンジとシリコン塗装を使う

メラミンスポンジとは、メラミンフォームという素材でできているスポンジのことです。
メラミンフォームは、表面が細かな網目状になっている硬い素材です。
メラミンスポンジでパーツを根気強く磨くことで、色あせた部分が削られ、本来の黒さを取り戻す可能性があります。

メラミンスポンジはホームセンターや100円ショップでも購入できる身近な素材ですが、洗車では落とせないような汚れが落ちることも期待できます。
気軽に試せる上に、コストパフォーマンスが高い商品だと言えるでしょう。

スポンジに水を吸収させてから、色あせが気になる部分をこすって使用します。
あまり強くこすりすぎると、樹脂・プラスチックパーツを傷つけてしまう可能性があるため、丁寧に優しく行うようにしましょう。

メラミンスポンジでの研磨が終わったら、シリコン塗装を行います。
シリコンオイルやスプレーを用意し、パーツ全体にムラがないようきれいに塗布していきましょう。シリコン塗装を行うことで、ますますつややかな印象になることが期待できます。

ただし、メラミンスポンジは表面を削りとっているので、質感が失われたり、塗装がはがれたりする可能性があります。

使用の際はそれらのリスクを踏まえた上で施工しましょう。

樹脂パーツの復活剤で磨く

2つ目の方法は、樹脂パーツに対応した復活剤で磨くというものです。

樹脂・プラスチックパーツの色あせた部分に復活剤を塗布することで、パーツ本来の光沢を蘇らせられる可能性があります。
アイテムによっては、パーツの劣化を防いでくれる効果も期待できるでしょう。

使用することで黒々とした鮮やかな印象になるほか、劣化を遅らせて素材を長持ちさせる効果も期待できます。
紫外線や雨にも強くなる
ため、ぜひ使用してみてください。

当サイトがおすすめする樹脂パーツの復活剤は、【CarZootプロ仕様】 黒樹脂 完全復活コーティング になります。

施工も非常に簡単で、プロも使っている商品です。

ぜひ参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次