ハイブリット車のバッテリー上がりの対処法は?ハイブリットならでは注意点も解説!

バッテリーが上がってしまうと、車は始動しません。

それはガソリン車、EV車、ハイブリット車どれも同じです。

意外と知られていませんが、ハイブリット車でもバッテリー上がりはおこってしまいます。

そんな時どうしたらいいのか困ってしまいますよね。

今回はハイブリット車のバッテリー上がりの対処法や、ハイブリットならではの注意点も交えながらご説明していきます。

しゅりくん
緊急で車を動かしたいかたはカーバッテリー110番もしくはJAF(日本自動車連盟)に連絡をしましょう。プロが安全・確実に車を動かしてくれます。

ハイブリットでもバッテリー上がりはおこる?

ハイブリット車でもバッテリー上がりはおこります。

そしてバッテリーが上がってしまうと、エンジンをかけることができなくなってしまいます。

ハイブリットのバッテリーはエンジン車に比べてとても大きく、バッテリー上がりなどあまり起こおこらないように感じる方もいることでしょう。

しかしハイブリット車にも12Vのバッテリーが積まれてあり、そのバッテリーが上がってしまうことにより、エンジン車のバッテリー上がりと同様の症状が現れます。

しゅりくん
バッテリー上がりに関しては、エンジン車、ハイブリット車関係なく発生するので注意が必要です。

ハイブリットのバッテリー上がりの原因は補機バッテリー

ハイブリット バッテリー上がり 補機バッテリー

エンジン車での電気供給源は12Vバッテリーが基本です。

ではハイブリットはどうなのでしょうか。

実はハイブリットにもエンジン車と同様に12Vのバッテリーが使われています。

しかしエンジン車に使われているバッテリーとは種類の異なる、ハイブリット専用バッテリーが使用されているのです。

このバッテリーを「補機バッテリー」と呼びます。

補機バッテリーによりメーター系を表示したり、カーナビやパワーウインドウを動かすことができます。

しゅりくん
補機バッテリーは、いわば必要不可欠なバッテリーともいえるでしょう。

ハイブリットバッテリーと補機バッテリーが搭載されている

ハイブリットに使われているバッテリーの特徴をもうひとつご紹介すると、ハイブリット車には

・ハイブリットバッテリー

・補機バッテリー

この2種類が存在。

何が違うのかというと、電気供給をする場所が異なるという点。

ハイブリットバッテリーはご存じのように、大容量のバッテリーであり感電すると死に至るほどの大電流が流れています。

そしてこのバッテリーは駆動用モーターに電気を供給し、モーターによってエンジンをアシストします。

しゅりくん
エンジンとモーター、この2つの機能の組み合わせがハイブリットと呼ばれている要因ですね。

それに比べ補機バッテリーは12Vのバッテリーなので、感電死するほどの電圧を持ち合わせていません。

しかし補機バッテリーの役割はとても重要で、まず車を始動させるうえで必要不可欠な、ハイブリットシステムを作動させたり、ライト系、センサー系の電気供給を行います。

現在の車、特にハイブリットは機能の大部分を電気で制御しており、この装置に電気が供給されなければ車としての機能を果たすことができません。

まいちゃん
まいちゃん
ハイブリット車には2つもバッテリーがあるんだね。
しゅりくん
はい。どちらもハイブリット車を正常に動かすためには必要なパーツです。

ハイブリットのバッテリー上がりの対処法は?

ハイブリット車に搭載されているバッテリーについて説明してきましたが、もし愛車のバッテリーが上がってしまった場合、どうすればいいのでしょうか。

バッテリー上がりの対処法は、ハイブリット車ならではの注意点も存在します。

エンジン車と同様に対処してしまうと、取り返しのつかない事態にもなりかねません。

しゅりくん
これからハイブリット車のバッテリー上がりについての対処法をご紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

ハイブリット車でもジャンピングで解決できる

ハイブリット ジャンピング

エンジン車での対処法と同様に、ハイブリット車でもジャンピングを行うことができます。

そして電気を分け与える車、つまり「救護車」はエンジン車を選びましょう。

「エンジン車に積んであるバッテリーじゃあ電気が少ないんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、ハイブリット車であっても始動の際に大量の電気を使うわけではありません。

しゅりくん
あくまでも「車を走らせることができる状態」にするためだけに、電気をもらうのです。

ブースターケーブルの繋げ方

ハイブリット車特有のマメ知識として、補機バッテリーの位置がエンジン車と違う点があげられます。

メーカーや、車種によっても違いますが、一般的にトランクの下にあることが多いです。

取り出すだけでも大変な場所なので、トヨタなどでは「救援端子」とよばれるプラス端子がエンジンルーム内に取り付けられています。

その救援端子があれば、その部分をプラスとして扱いましょう。

ケーブルをつなげる方法は

①バッテリー上がり車のプラスに、赤のブースターケーブルを取り付ける
②救護車のプラス端子に、赤のブースターケーブルを取り付ける
③救護車のマイナス端子に、黒のブースターケーブルを取り付ける
④バッテリー上がり車のマイナス端子に、黒のブースターケーブルを取り付ける。(救援端子で行っている場合は、塗装のされていない金属部分に取り付ける)
⑤救護車のエンジンをかけ少し回転数を上げておく(5分間ほど)
⑥バッテリー上がり車のエンジンをかける

手順としてはこんな感じです。

まいちゃん
まいちゃん
ハイブリット車でもガソリン車と同じ方法でジャンピングができるんだね。
しゅりくん
そうなんです。ハイブリット車だからと諦めずに、自力で頑張ってみるのも方法のひとつです。

トヨタ車の公式動画が参考になる

ブースターケーブルの取り付けを、文章で理解するのはとても難しいと思います。

もし説明を読んでもあまりよくわからなかったという方は、トヨタが作成した「【緊急時Q&A】補機バッテリーがあがったときの対処法(ハイブリット車)」という動画がとても分かりやすいので、ぜひ参考にしてみてください。

ハイブリットでのバッテリー上がりの注意点!

電気はとても便利ですがシビアです。

下手に触ると簡単に壊れてしまいますし、もし電気がショートしてしまえば火災にも発展します。

電気装置の多いハイブリット車には、エンジン車と違う注意点が存在し、注意すべき箇所をないがしろにしてしまえば、最悪の場合、車が壊れてしまうことも。

12Vのバッテリーですら取り扱いによっては爆発を起こし、重傷となるほどの威力を持っています。

しゅりくん
バッテリーを取り扱う際には、十分注意して作業にあたるようにしましょう。

ハイブリット車での救援はできない

先ほどハイブリット車でもジャンピングできるとお伝えしましたが、ハイブリット車を救護車とした救援は行えません。

しかしエンジン車を救護車として、ハイブリット車のバッテリー上がりを助けることはできます。

またハイブリット車同士でのジャンピングも行えないので注意しましょう。

まいちゃん
まいちゃん
ハイブリット車はたくさん電気を持っているから、少しくらい分けてあげてもいいような気もするけど・・・。
しゅりくん
これからハイブリット車がどんどん増えていくため、応急処置としてのジャンピングができなくなってきますね。

ジャンピングで故障する可能性がある

ジャンピングができない理由としては、ジャンピングをすることによって流れた大電流が、ハイブリットの電気系統を壊してしまうためです。

エンジン車とハイブリット車では配線や、センサーのような電気系統が全く違います。

ハイブリット車特有の駆動用モーターを動かすための配線も多く、電気装置が多いということはセンサーの類も多いということ。

そういった電気系統にまで影響が出てしまうことから、ハイブリット車ではジャンピングを禁止しています。

しゅりくん
救援するはずの車が故障してしまっては全く意味がありません。もしバッテリーが上がった際は、必ずエンジン車にジャンピングをしてもらいましょう。

急いで動かしたい時はロードサービスに連絡

バッテリー上がりの車を急いで動かしたいときに、ハイブリット車かどうかを瞬時に見極めるのは難しいでしょう。

そんな時は救護車探しを諦め、ロードサービスに連絡することをオススメします。

JAF会員であればJAFに連絡する

ロードサービスと言えばJAF。

誰もが知っているであろう、有名なロードサービスではないでしょうか。

バッテリー上がりだけでなく、どんな車のトラブルにも迅速に対処してくれるのは本当にありがたい存在です。

バッテリー上がりに対しても専用の機器を持っているため、安心して任せることができます。

会員になればお得な特典も多いので、この機会に入ってみてはどうでしょうか。

カーバッテリー110番なら最短5分で到着!

カーバッテリー110番

バッテリー上がりのトラブルでオススメなロードサービスとして「カーバッテリー110番」があります。

この会社は全国に加盟店がある為、全国どこへでも駆けつけてくれ、最短5分という速さで現場へ向かいます。

またバッテリーに関して深い知識を持っている方ばかりなので、今回のようなハイブリット車のバッテリー上がりという特殊な状態でもスムーズな対応を行ってくれます。

自分で解決できるか自信のない方は、トラブルのプロに任せましょう。

しゅりくん
車のトラブルにはトラブルのプロに任せるのが一番確実です。迅速、丁寧、安心なサービスを提供してくれます。

まとめ

ハイブリット車にはハイブリットバッテリーと、補機バッテリーの2種類が存在し、エンジン車と同様、バッテリーが無くなれば、バッテリー上がりを起こしてしまいます。

ジャンピング方法が分からないという方は、トヨタの公式動画を参考にしましょう。

ハイブリット車のジャンピング方法を、とても分かりやすく解説してくれています。

応急処置として他車から電気をもらうジャンピングが可能ですが、注意箇所はハイブリット車を救護車としてのジャンピングは行えないという点。

下手をすると車が故障してしまう恐れがあるためです。

もし自分で対応できないという方は、すぐにロードサービスへ電話をしましょう。

ロードサービスも多種多様であり、有名なJAF以外にもカーバッテリー110番というバッテリー専門のロードサービスが存在します。

最短5分で駆けつけてくれる迅速な対応は、トラブルの際とてもありがたいですよね。

もしもの時の為にも連絡先メモっておくといざという時、安心できることでしょう。