ヘッドライトが黄ばむ原因とは?予防方法と防止アイテムを徹底解説

ヘッドライトは手入れをしないで放っておくと、黄ばみが生じて見た目が悪くなり、新車であっても古く見えてしまいます。

なぜヘッドライトは黄ばんでしまうのでしょうか。今回はヘッドライトに生じる黄ばみの原因、その対処法などについて詳しく解説します。

ヘッドライトの黄ばみに困っている人は、ぜひ参考にしてください。

ヘッドライトが黄ばむ3つの原因

車のヘッドライトは以前だと主にガラスが使用されていましたが、現在はポリカーボネートという樹脂が主流となっています。この素材だとヘッドライトが破損してもガラスのように飛び散ってケガをする心配がないからです。

このポリネーボネートが劣化することによって、ヘッドライトに黄ばみが生じます。

では、なぜ劣化が起きてしまうのか、その原因を次より紹介しましょう。

原因①紫外線による劣化

紫外線は人間の肌にとって天敵ですが、ヘッドライトにも悪影響を与えます。ポリネーボネートは耐久性・透明性の高い素材として知られていますが、実は紫外線に弱いことが欠点です。

各メーカーは紫外線対策としてヘッドライト表面にコーティングを施していますが、数ヶ月〜数年と経つと経年劣化によって劣化が進み、その結果、コーティングが剥がれて紫外線を直接浴びてしまうのです。

これが屋内駐車場・屋根付き駐車場であればそれほど問題はないですが、屋外だとそのまま紫外線を浴びてしまうので、劣化が促進されるでしょう。

そのため、自分が所有している車のヘッドライトは、紫外線に弱いポリカーボネートなのかどうか確認する必要があり、その場合は駐車の際に気をつけなくてはいけません。

原因②バルブが高温になることによる熱劣化

ヘッドライトのバルブは車の作動時に高い熱を発するので、その高温でライトカバーに熱が伝わってヘッドライトを傷めてしまいます。

ポリネーボネートは耐熱性に優れており、120〜130度の熱でも耐えられますが、それでも熱を受け続けると劣化が進んでしまうのです。

特に渋滞時にはエンジンルーム内に熱がこもってしまうので、このときはヘッドライトの劣化が進みます。紫外線ほどのダメージはないですが、これもヘッドライトの劣化の原因です。

原因③小さな傷の積み重ねによる汚れ付着

ポリカーボネートは耐熱性は高いですが強度は低めで、傷がつきやすいのが特徴です。

以前に良く使われていたガラス製のヘッドライトに比べて、ポリカーボネートの強度は低めです。

ヘッドライトは車の正面に設置されているので、細かい砂やゴミ、小石を正面から受けてしまい、それがずっと続くと目に見えない細かい傷がどんどん付いていくでしょう。それが蓄積されるとそれなりのダメージになります。

ヘッドライトの黄ばみ放置は車検に通過できない原因にも!

ヘッドライトが黄ばむと「外観の印象が悪くなる」「ライトの鮮度が落ちて夜の運転時に危険が生じる可能性がある」などの弊害がありますが、車検に受かりにくいというデメリットも生じます。

黄ばみというものは一度定着してしまうと、通常の汚れのように洗ったり拭いたりするだけでは落ちません。

そのため、車検の際にヘッドライトが黄ばんでいると、ライトの光量不足を指摘されて車検をパスできず、ヘッドライト交換を強いられることもあるのです。当然ながらヘッドライトを交換すればそれだけ費用がかかり、余計な出費となります。

ヘッドライトの黄ばみを予防・防止する3つの方法

以上、ヘッドライトに黄ばみが生じる原因、黄ばみが生じた場合のデメリットについて説明してきました。

では、ヘッドライトの黄ばみを回避するためには、日頃からどのような対策をすればいいのでしょうか。

ヘッドライトの黄ばみを予防するための3つの方法を、以下より紹介しましょう。

紫外線が当たらないように保管する

ヘッドライトの黄ばみの原因である紫外線は、屋内・屋根付き駐車場であれば防げますが、屋外だと紫外線を浴びてしまいます。できれば屋内・屋根付きの駐車場の確保ができればいいですが、駐車場が見つからない・予算の都合で確保が無理という人は、それ以外の紫外線予防の方法を実施しないといけません。

その方法とは、車体カバーをかけることです。車体カバーであれば、屋内駐車場に支払う月々の支払いよりも安価で済ませられます。駐車場に停めるたびに車体カバーをかけるという手間がありますが、紫外線予防のためにしっかりと行いましょう。

黄ばみ防止コーティングで保護する

先述した通り、ヘッドライトは紫外線防止のためにあらかじめコーティングされているものが多いです。しかし、それでも経年劣化でコーティングは剥げてきます。

今では各メーカーからヘッドライト黄ばみ防止および黄ばみ除去のアイテムが販売されています。

そのなかでもおすすめなのが、ステイゴールドジャパンの「おさるのスゴピカクリアライト」です。これはコーティング作用だけでなく黄ばみそのものを除去する効果があり、どんなに洗っても落ちなかった黄ばみが、簡単かつきれいに除去できます。

黄ばみ防止フィルム(プロテクションフィルム)で保護する

ヘッドライトの黄ばみ防止は、専用の黄ばみ防止フィルムも効果的です。正式名称・プロテクションフィルムといわれるこのアイテムは、車体を保護するために独自の技術で開発されたペイントプロテクションフィルムを、ヘッドライトの黄ばみ防止用に特化したものとして販売されています。

最新技術学資されたこのフィルムは耐久性が高く、フィルム自体に厚みもあるため走行中に当たる小石や砂などからも守ってくれるのも特徴です。コーティング剤よりも価格が高いですが、黄ばみ防止を徹底したい人におすすめといえます。

黄ばみ防止フィルム(プロテクションフィルム)については、以下の記事で詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてください。

関連記事

車のヘッドライトにいつの間にか黄ばみが生じている、という経験をしたことある人は少なくないでしょう。 ヘッドライトの黄ばみは見た目の悪さだけではなく、さまざまな弊害が生じるので、除去および防止策を取らなくてはいけません。 そのよう[…]

ヘッドライト黄ばみ防止フィルム プロテクションフィルム

ヘッドライトの黄ばみの予防・防止方法を徹底比較

以上、ヘッドライト黄ばみ予防・防止には車体カバー、コーティング、プロテクションフィルムと3つの方法があることを説明しましたが、次より、この3つの方法を比較してみたいと思います。

それぞれ表にわかりやすくまとめてみました。

車体カバー コーティング プロテクションフィルム
価格 3,000~10,000円 5,000~20,000円 30,000~40,000円
紫外線カット率 99%カットできるものがほとんど 50%程度 90%以上カットがほとんど
耐久性 3年~5年 半年~2年 4年~6年
手間 駐車時と出庫時に取ったり付けたりし、数ヶ月に一度、カバー自体の洗浄が必要 普段の洗車時に洗うだけ 普段の洗車と洗うだけ
再現性 量販店やWEBなど様々な場所で入手可能 基本ショップ施工だが、市販の材料を使用してDIYも可能 DIYは難しく、ショップで施工が基本

以上の表のデータをもとに、それぞれを比較してみましょう。

手間がかかるが費用を抑えたいなら「車体カバー」

何よりもコスト削減を最優先して出費を抑えたいと考えている人は、車体カバーがおすすめです。

車体カバーの価格は3,000〜10,000円なので、最安値にこだわった場合わずか3,000円ほどの出費で済ませられます。

ことあるごとに車体カバーをかける・取り外すという手間が生じますが、出費削減をするなら車体カバーがいいでしょう。

手間をかけず費用も抑えたいなら「コーティング」

コーティング・防止フィルムであれば、車体カバーのような手間がかりませんが、手間を省いてさらに出費もなるべく抑えたいのを希望する人は、コーティングがおすすめです。

表にあるようにコーティングの費用は、業者に頼む場合5,000〜20,000円と幅があり、最高額だと20,000円ほどかかるので決して安価ではありません。しかし、防止フィルムよりは安く抑えられて、車体カバーのような手間はかかりません。

業者に頼まず出費を抑えたい人は、黄ばみ除去とコーティングが同時にできる「おさるのスゴピカクリアライト」を利用して、DIYでコーティングすることもおすすめします。

手間をかけず効果を高めるなら「プロテクションフィルム」

多少は費用がかかってもいいので黄ばみ防止の効果を最優先する人は、プロテクションフィルムの利用がおすすめです。

業者に頼むと30,000~40,000円ほどの費用となり、他の防止策に比べると断トツで費用がかかります。しかし、その分、予防の効力および効果のある期間の継続は抜群です。

ヘッドライトの黄ばみ予防・防止はプロかDIYかどちらがおすすめ?

ヘッドライトの黄ばみ防止の作業は、専門業者に依頼する・DIYで行うという2種類があります。以下より、それぞれのメリット・デメリットを紹介しましょう。

専門業者に依頼するメリット・デメリット

専門業者はヘッドライトの黄ばみ防止、そして車に関する知識とスキルを持ち合わせたプロです。

そのため、確かな腕前でしっかりと黄ばみ防止の施工を行ってくれます。ただし、その分、費用がかかるのがデメリットです。

自分で(DIY)行うメリット・デメリット

DIYは何よりも費用がかからないのがメリットですが、車に関する知識とスキルがない人が行うと、手間がかかります。

また、正しい知識を持っていない場合、間違った防止策を行ってしまい、防止効果がない、部品を破損させてしまうなどの弊害があるでしょう。

ヘッドライトの黄ばみは除去後のコーティングが重要

今回、当ページで紹介した「おさるのスゴピカクリアライト」のように、DIYで黄ばみ除去ができる優れた商品は存在します。しかし、ほとんどの人が黄ばみを取り除いた段階で満足してしまうパターンは、決して少なくありません。

黄ばみに関して重要なのは黄ばみそのものではなく、いかに黄ばみの発生を日頃から防ぐか、という点です。そうすれば黄ばみ除去の作業を頻繁に行う必要もなく、黄ばみ発生がなくなり、安全運転に繋がります。

ヘッドライトの黄ばみやくもりをきれいに除去したら、そのあとは必ずコーティング剤を塗布することも忘れないようにしましょう。

なお、「おさるのスゴピカクリアライト」はコーティング剤もセットで付いています。

まとめ

車のヘッドライトに黄ばみが出てくると、見栄えの悪さ以前に、安全運転の妨げになる、車検が通らないなどのデメリットも生まれます。車検でヘッドライトを注意された場合、ライト交換をすることになり、余計な出費もかかります。

なぜ黄ばみが出るのか、それを防止するにはどうしたらいいのか、原因や対策をしっかりと頭に入れて、ヘッドライトをきれいに保ちましょう。

今回の記事を参考にして黄ばみ対策を行ってくれたら、幸いです。