▷ ▷ ▷ LINEお友だち登録で10%OFFクーポンGET!

ヘッドライトの黄ばみを落とした後のおすすめコーディング方法は?

ヘッドライトは材質の性質上、紫外線や酸性雨の影響、さらに経年劣化によって黄ばみが発生してしまうことがあります。

しかし、最近では様々な対策グッズが販売されており、自分で黄ばみを取ることができるようになりました。

ただし、ヘッドライトの黄ばみを落とした後にしっかりとコーティングをしておかないと、すぐに黄ばみが再発してしまうのです。

そこで、今回はヘッドライトの黄ばみを落とした後のおすすめコーティング方法を紹介していきます。

\公式ショップならLINE追加で最安値!/
おさるのスゴピカ クリアライトおさるのスゴピカ クリアライト
目次

ヘッドライトの黄ばみを落とした後のおすすめコーディングは?

ヘッドライトの黄ばみの黄ばみを落とした後は専用のコーティング剤を塗布する必要があります。

コーティングをしっかりと行わないと、黄ばみが再発するだけでなく、黄ばみを取る前よりも酷くなってしまうことも珍しくありません。

そのため、ヘッドライトの黄ばみを取り除いた後は必ずコーティングを行いましょう。

コーティングを行うには市販のものを使用して行うDIYの方法とプロに依頼する方法があります。

DIYで行う場合
DIYで行う場合は専用のコーティング剤の購入費用だけで済むため、コストを抑えることができるのがメリット
です。しかし、コーティング剤の選び方を間違えてしまうと、期待通りの仕上がりにならなかったり、耐久性がなかったりすることもあります。そのため、これから紹介するおすすめのコーティング剤の特徴を理解し、ぴったりのコーティング剤を選ぶようにしましょう。また、DIYでコーティングを行う場合は塗りムラが出ないように気を付けることがポイントです。DIY施工の場合は時間がかかったり、塗りムラのリスクがあったり、デメリットもありますが、費用を抑えることができるため、あまりお金をかけたくない方には最適の方法だと言えるでしょう。
プロに依頼した場合
一方、プロに依頼した場合はプロ用のコーティング剤を使用するため、高いコーティング効果を期待することができます。ただし、費用が高くなりがちなのがデメリットです。そのため、お金をかけてでもヘッドライトをキレイにしたいという方にはおすすめの方法です。プロに依頼した時の費用相場は、ヘッドライトに黄ばみが発生している場合で55,000円以上、黄ばみなどがない状態であれば11,000円ほどが一般的です。

市販のおすすめのコーディング剤5選

市販のコーティング剤でも質の高い商品が多くあります。

しかし、コーティング剤によっては期待通りの効果が出なかったり、施工が難しかったりということも珍しくありません。

したがって、今回はおすすめのコーキング剤5選を紹介していきます。

選び方のポイント

ヘッドライトのコーティングに使用するコーキング剤には耐久性の高いものを選ぶのがポイントです。

一般的にヘッドライトの表面保護にはハードコートと呼ばれるクリア塗装かガラスコーティングが施工されています。

ハードコートについてはほとんどの自動車メーカーが採用している方法ですが、耐久性が弱く、5年ほどで黄ばみや白化が出てきてしまいます。

一方、ガラスコーティング系を使った施工であれば、耐久性の高さを実感することができるでしょう。

そのため、ヘッドライトの黄ばみを取った後にはガラスコーティング系のコーティング剤を選ぶことをおすすめします。

自動車メーカーが採用しているハードコートよりも耐久性に優れており、綺麗な状態を長続き
させることができます。

おさるのスゴピカ クリアライト

おさるのスゴピカ クリアライトは施工方法が非常に簡単なのが特徴です。

ヘッドライトの黄ばみを取った後、水気をしっかりと取り除き、付属のコーティング剤を使って円を描くように塗布していきます。

そして、仕上げに未使用のマイクロファイバークロスで拭き上げるだけです。

初心者でも簡単に施工ができ、耐久性も高いため、時間をかけずに素早く効果を実感したいという方におすすめのコーティング剤
です。

\公式ショップならLINE追加で最安値!/
おさるのスゴピカ クリアライトおさるのスゴピカ クリアライト

ヘッドライトクリアセット

ヘッドライトクリアセットは特殊な成分が黄ばみに反応し、汚れや黄ばみを浮かび上がらせることができます。

そして、高耐久のコーティング成分により、綺麗な状態を1年以上も保つことができるのが特徴です。

ヘッドライト表面に薄いガラス膜を作ることができるため、紫外線や酸性雨の影響も受けにくく、黄ばみの発生リスクを抑えることができるのです。

さらに、ヘッドライト以外にもテールライトやフォグランプにも使用することができるため、使い勝手の良い商品だといえます。

AA7

AA7は強滑水ガラスコーティングタイプのコーティング剤です。

研磨剤が入っていないため、ヘッドライト表面を傷つけることなくガラスコーティングの施工ができます。

さらに、耐久性が非常に高く、コーティング施工後約3年間も効果が持続するのが特徴です。

他製品と比較してコーティング剤そのものの費用が高めですが、耐久性が3年もあるため、コストパフォーマンスが高い商品です。

ヘッドライトコーティングシステムGHC-1

ヘッドライトコーティングシステムGHC-1はたった5分の簡単施工で効果を実感することができます。

チタン配合の特殊な硬化ガラス膜を表面につくることで、紫外線や酸性雨はもちろん、汚れやほこりの付着を防いでくれます。

はじめてコーティング剤を使うという方でも安心して使用することができます。

PROSTAFF(プロスタッフ) コーティング剤 魁 磨き塾 ヘッドライトガチコート S132

ヘッドライトガチコートは下地クリーナーとコート剤、手袋やクロスなどがセットになっており、すぐにコーティング施工を行うことができるコーティング剤です。

初心者でも扱いやすく、DIYにぴったりなコーティング剤と言えるでしょう。

さらに、耐久性は12ヶ月もあるため、長期間綺麗な状態を保つことができるのが特徴です。

初めてでも簡単にできるコーディング方法

ヘッドライトの黄ばみを取り除いたら、耐久性の高いコーティング剤でコーティングを行う必要があります。

しかし、コーティングをしたことがないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、初めてでも簡単にできるコーティング方法を紹介していきます。

ヘッドライトのコーティングを行う際は、ヘッドライトの表面をきれいにしておく必要があります。

汚れやホコリが付着している状態だと、そのままガラスが硬化してしまい、汚れが取れなくなってしまいます。

そのため、コーティング前にはマイクロファイバークロスなどで汚れなどを拭き取っておくことがポイントです。

そして、ボディ面にコーキング剤がかからないようにマスキングテープを使って養生していきます。

マスキングテープで養生していれば、万一ヘッドライト表面からコーティング剤がはみ出てしまっても、しっかりと養生をしていれば、特段の問題はありません。

そのため、養生作業は入念に行うようにしましょう。

初心者で失敗しやすいのは塗りムラが出るところです。

コーティング剤をムラなく塗るには薄くまんべんなく塗ることがポイント
です。

また、一度に大量のコーティング剤を塗ってしまうとムラができやすくなるため、注意が必要です。

用意をするもの

DIYでヘッドライトのコーティングを行うにはコーティング剤の他に用意しなければならないものがあります。

ガラスコーティングは硬化すると薄いガラス膜が作られます。

そのため、作業中は必ず手袋を使用するようにしましょう。

素手でコーティング剤に触れてしまうと、ガラス膜が肌についてしまう危険性
があります。

マスキングテープやマイクロファイバークロスもコーティング施工の必需品となります。

ホームセンターやカー用品店で簡単に手に入れることができるため、あらかじめ準備しておくことをおすすめ
します。

その他、雑巾やバケツなども汚れを拭いたり、ゴミを取り除いたりするときに必要になります。

用意するもの
・手袋
・マスキングテープ
・雑巾
・バケツ
・マイクロファイバークロス

手順紹介

手順
①コーティング部分の洗車
②マスキングテープで養生
③薄く全体にまんべんなくコーティング
④ゴミが付着しないように乾燥

コーティング施工は洗車から始めます。

車全体を洗う必要はありませんが、最低限ヘッドライト周りを洗うようにしましょう。

ヘッドライトにゴミやホコリがついていると、コーティング剤がうまく浸透しなかったり、ゴミが硬化してしまって取れなくなったりしてしまいます。

したがって、コーティング施工前には必ずヘッドライト周りを綺麗にしておくことが大切です。

そして、マスキングテープで養生をしておきます。

しっかりと養生を行うことで、ボディへの付着リスクを抑えることができます。

また、マスキングテープについては細いものと太いもの2種類以上を用意しておくことがポイントです。

特に複雑な形状のヘッドライトの場合、太いテープだと養生しにくいのです。

そのため、複雑な形状のヘッドライトや曲線部分には細めのマスキングテープを使用するのがコツです。

そして、しっかりと養生したら、コーティング剤を塗っていきます。

この時、薄く全体をまんべんなく塗っていくのがポイントです。

全体をムラなく塗れたら、しっかりと乾燥させます。

乾燥中にホコリやゴミが付着しないように、ヘッドライト周りをカバーで覆ったり、できるだけ風が当たらないように保護したりすることが大切です。

万一、乾燥中にホコリなどが付着してしまうと、ホコリも一緒に硬化してしまうため、見栄えが悪くなるだけでなく、コーティング剤本来の力を発揮することができなくなってしまいます。

したがって、乾燥中も細心の注意を払うことがポイントです。

まとめ

ヘッドライトは紫外線などの影響によって黄ばみが出てしまいます。

しかし、市販の溶剤で簡単に綺麗にすることができます。

ただし、黄ばみを取った後は耐久性の高いコーティング剤を使用しないと、もともとの状態よりも紫外線の影響を受けやすくなってしまいます

コーティング剤には様々な種類がありますが、今回はおすすめの5選を紹介しました。

それぞれの特徴を見て、ぴったりのものを選ぶようにしましょう。

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次