ヘッドライトの黄ばみをオートバックスで除去してもらうのは 「あり」 ですか? にプロがお答えします!

  • 2021年7月27日
  • 2021年9月3日
  • 洗車

「あれ? ヘッドライト、こんなに黄ばんでいたっけ?」

恐らく、それなりに多くの方が経験されているこの体験。残念でため息がでますよね。
そんなに古くはないクルマでも、使用状況に依るものか、黄ばみが進行しているクルマもみられます。

こんなとき、あなたなら「自分でやる派」か「プロにまかせる派」どちらでしょうか?

めんどくさい、不器用だからとプロに任せる人もいるのではないでしょうか。

プロにヘッドライトの黄ばみ取りを任せるののはどうなのかを、紹介します。

ヘッドライトが黄ばむ原因

ヘッドライトの黄ばみは、ヘッドライト表面にコーティングされている「硬質被膜の劣化」が原因です。

長年の過酷な環境下での走行では、被膜表面に「微細な亀裂」が発生します。
この亀裂を起点として、表面全体にひびが拡散し、「曇りや黄ばみ」として現れます。

これがみなさんがよく目にする状態なのです。

そもそも、何故ヘッドライトにコーティングが施されているのでしょうか。
これは、ヘッドライトに使用している素材の変遷が背景にあります。

80年代後半から90年代前半にかけて、ヘッドライトの素材が「ガラス」から「樹脂」に変わるという過渡期を迎えます。
従来の画一的な規格モノのヘッドライト形状では、どうしてもデザインの自由度が少なく、樹脂にすることでデザインの幅が広がるとされたのです。
バンパーが「鉄」から「樹脂」に変化したことと基本的に同じ背景があります。

また、量産性も上がるという付随メリットもあります。

さて、このヘッドライトの「樹脂化」で、大きな課題となるのがヘッドライトに求められる機能です。
ヘッドライトはクルマ前面に設置され、その使用環境は過酷を極めます。

  • 太陽光からの紫外線(UV)
  • 太陽光からの赤外線(熱)
  • エンジンルームからの受熱
  • ヘッドライト発光体からの受熱
  • 前方からの飛び石との衝突
  • 昆虫や浮遊する微細物との衝突

これらをカバーする基本耐性がヘッドライトには求められます。大きくは下記でまとめられます。

  • 耐熱性
  • 耐衝撃性

この両方の特性を有し、そして、生産性、コストをも加味した最適な素材として、「ポリカーボネート」が設定されました。

また、これだけでは走行を繰り返す中に「経時的に発生する傷付きや汚れといった劣化」を抑え込む目的で、ポリカーボネートヘッドライトの外側前面に硬質皮膜を形成させています。

こうすることで、経時劣化を大幅に抑えることができ、曳いては、「夜間、クルマ前方に明るく安全な運転環境を提供する」というヘッドライト本来の機能が、長い期間維持できるということにつながります。

ヘッドライトの黄ばみのデメリット

言わずもがなですが、ヘッドライトの黄ばみのデメリットは、大きくは2点あります。

  • 見た目が古くさくなる
  • 光量が不足して照度が不足する

前者は、勿論みなさんも共感できることであると思います。
そう古くないクルマでも、ヘッドライトが黄ばんでいるだけで10年は古く見えるようになってしまいますね。

後者については、劣化が進行し過ぎると、安全を確保できず大変危険な状況となります。

この危険を回避するために、車検にはヘッドライトの照度基準が設けられています。
「車検照度基準:6400カンデラ以上/1灯」

標準状態のクルマでは、12000~14000カンデラ/1灯あります。
その半分が限界ラインのため、この付近の照度では相当暗く感じます。

この場合、ヘッドライト交換ともなれば、高額の支出を覚悟する必要があります。
その意味でも、日常的なメンテナンスを継続しておく必要があります。

ちなみに、ヘッドライトバルブ(電球)劣化形態を列記しておきます。
交換する際の目安として頂けたらと思います。

  • ハロゲン:突然切れて消灯する為、交換時期が分かりやすい
  • HID:時間とともに徐々に暗くなるが、切れて消灯することは少ないため、交換時期を判断し難い
  • LED:ちらつきが出だしたら交換時期と判断する(発光部というよりは、基板を構成する電子部品の劣化が多い)

ヘッドライトの黄ばみを除去する一般的な方法

この黄ばみを取り除き、クリアなヘッドライトを取り戻すためには、この硬質皮膜の劣化した表皮を取り除く必要があります。
そのやり方として一般的なアプローチとしては、以下2点があります。

  • 「溶かして落とす」 ⇒ 硬質皮膜を溶解させる溶解剤を塗布し、溶かしながらタオルなどの布で拭き上げる方法
  • 「削り落とす」 ⇒ 耐水ペーパーで削り落とす方法

前者は、いろいろな商品が多数販売されています。
中には、「溶解剤だけの商品」や「溶解剤+微細な研磨剤を配合した商品」があり、黄ばみの状況によって選ぶことが必要です。

後者は、#1500以上の耐水ペーパーで硬質皮膜を少しづつ削り落とすというアプローチになります。
また、硬質被膜の表皮の極一部であれば、除去した後もそのままで問題ありませんが、硬質被膜の多くを除去する場合には、除去後には硬質皮膜を再度設置するも必要となってきます。

もし、被膜がなければ、今度は素材素地そのものが傷つき始めてしまいます。

これを防ぐために、除去後の硬質被膜の再設置がポイントになってきます。

この硬質被膜(コーティング剤)もセットになった商品も多数販売されていますのでDIYでも充分対応可能です。

とはいっても 「自分でおこなうのは不安。プロに任せることも検討したい。」
という方のために、大手自動車販売大手の情報をお届けしますので、是非参考にされてください。

業者はどのように黄ばみ除去をしている?価格は?

大手であるオートバックス・イエローハット・トヨタ自動車販売と、一般的な板金塗装屋を比較してみました。

結論から言えば、板金塗装屋以外はどれも似通った対応であり、共通して高価ではありませんでした。
また、板金塗装屋が最後に塗装するクリア塗装は、クルマの外装に塗装する硬質クリアです。
Vカット機能はありませんが、紫外線で劣化する元々付いていた硬質皮膜を全て除去するだけでなく、長寿命で信頼がおけます。

オートバックス

作業内容 価格(両側) 作業時間
溶解剤による劣化硬質被膜の除去のみ 3300円~ 20分
溶解剤による劣化硬質被膜の除去+硬質皮膜形成 8800円~ 40分

2021年7月時点

イエローハット

作業内容 価格(両側) 作業時間
溶解剤による劣化硬質被膜の除去のみ 2000円~ 30分
溶解剤による劣化硬質被膜の除去+硬質皮膜形成 8600円~ 120分

2021年7月時点

トヨタ自動車販売(ディーラー)

作業内容 価格(両側) 作業時間
溶解剤による劣化硬質被膜の除去のみ 3300円~ 10分
溶解剤による劣化硬質被膜の除去+硬質皮膜形成 6600円~ 40分

2021年7月時点

板金塗装屋

作業内容 価格(両側) 作業時間
耐水ペーパー/コンパウンド研磨による硬質被膜完全除去 及び、2液性樹脂クリア塗装(高品質) 1.5~2.5万円 1~2日

2021年7月時点

関連記事

車の板金修理は頻繁に行うものではないので、費用の相場を把握していない人がほとんどでしょう。 では、板金修理にはいくらくらいかかるのでしょうか。 今回は、板金修理の具体的な費用、修理を自分で行う方法、修理する際の注意点などについて[…]

車の板金修理の相場は高い?実際にかかる費用を部分別にご紹介

オートバックスのヘッドライト磨き・コーティングメニュー 一覧

上記表にも一部記載していますが、オートバックスのヘッドライトに関するリフレッシュメニュー情報を3件紹介します。

ヘッドライトの黄ばみ除去『ヘッドライトポリッシュ』

上記表の「 溶解剤による劣化硬質被膜の除去のみ」に該当するメニューです。

黄ばみがそれほど進行していない状態での施工がおすすめです。

ヘッドライトの汚れ除去&コーティング

これは、上記表の「 溶解剤による劣化硬質被膜の除去+硬質皮膜形成」に該当するメニューです。

ある程度黄ばみが進行した状態で施工する場合は、硬質皮膜の再設定を併せておこなうことで、長期間きれいな状態を維持できます。

新メニュー『ヘッドライトプロテクションフィルム』

「PPF」(Paint Protection Film)というポリウレタンフィルムを基材とし、UVカット機能も付加したクリアフィルムを、従来の硬質被膜の代わりにヘッドライトに貼り付け、黄ばみを払拭するという新しい思想の技術です。

気になる価格は、22,000円(税込)と高価ですが、検討する価値は充分あります。

また、オートバックスでは他にも清掃や修理などサービスを行っているので、修理のタイミングで依頼するのもいいかもしれません。

関連記事

車内清掃をする際、落ちにくい頑固な汚れもあります。 そんな車内の汚れで困っている人の強い味方となるのが、プロの清掃業者です。 今回はオートバックス・イエローハットという専門業者による社内清掃の特徴などについて解説しましょう。 […]

【オートバックス・イエローハット】車内清掃の特徴との料金相場について

DIYでやってみるなら

大手業者がおこなっている方法は、使用する物の違いはありますが、実はDIYでも実施可能です。

それほど難しいものではありませんので、是非トライしてみたらいかがでしょうか。

「硬質皮膜除去のみ」と「硬質皮膜除去+硬質皮膜コーティング」の2通りについてご紹介しておきます。

前提としては下記をご参考にしてください。

  • 「硬質皮膜除去のみ」: あまり黄ばみが進行していない初期段階でのクルマが対象とお考えください
  • 「硬質皮膜除去+硬質皮膜コーティング」: 黄ばみがかなり進行しているクルマが対象。取り去った硬質皮膜の再形成が必要
関連記事

車のコーティングをDIYで始めようと思っているけどやり方が分からない、自分でコーティングして失敗しないか不安と思っている人も少なくないでしょう。 あるいは、以前自分でコーティング施工をして失敗した経験がある人もいるかもしれません。 […]

車のコーティングの価格相場は?ガラスコーティングだと高くなるの?

【硬質皮膜除去のみ】おさるのスゴピカ クリアライト【ヘッドライト黄ばみ除去】1分で綺麗 研磨剤フリー

研磨剤フリーの溶解剤のみで硬質皮膜除去をします。
研磨剤を入れていないことから、溶解剤に自信アリが伺える商品でおすすめです。

グローブボックスに入れておいて、気がついたらいつでもどこでも清掃が出来るようにしておくのも良いですね。

【硬質皮膜除去+硬質皮膜コーティング】シュアラスター 【ヘッドライトクリーナー トリプルコーティング】 ゼロリバイブ SurLuster S-104

非常に簡便に硬質皮膜の劣化した表皮を除去可能です。
機能と価格のバランスもとても良い商品です。
グローブボックスに入れておき、日常的にメンテナンスできるお手軽さもメリットです。


【硬質皮膜除去+硬質皮膜コーティング】ワコーズ HC-K ハードコート復元キット ヘッドライト用下地処理&コート剤 V340

あのWAKO’Sのクリーニング剤と硬質皮膜形成剤のキットです。
微細研磨剤+溶解剤のクリーナーと硬質皮膜剤のセットのキットです。
バフやスポンジが付属し、とても使いやすく、良好な結果が得られるはずです。


【硬質皮膜除去+硬質皮膜コーティング】3M ヘッドライトクリーナー コーティング 磨き セット 39194

名実ともに優れた3Mの製品です。
クリーナーは付属しておらず、初めから硬質皮膜を耐水ペーパーで削り落とすことを前提としたキットです。
ハンドでポリッシュをおこなう#1000#3000の耐水ペーパーと硬質被膜剤のキットです。
ケミカルの勇3Mですから、その硬質皮膜剤の品質は特筆モノですので、これもおすすめです。


 

まとめ

今回、ヘッドライトの黄ばみについて、原因と除去方法、業者情報とDIY情報を併せてお届けしました。

オートバックスなどの業者に黄ばみ取りをお願いするのは「あり」か?の問いの答えとしては、「あり」だと考えます。

内容も金額的に妥当な対応なためわざわざ自分で行う必要を感じない人は、お任せするのもありです。