車のフロントガラスが曇る!状況別の曇りの解消法

車のフロントガラスの曇りに、イライラすることはないでしょうか?

ガラスが曇ると、運転の視界も悪く、余計な神経を使って運転をする羽目に。

今回の記事では、車のフロントガラスの曇りを解消する方法について解説します。

廃車 買取 10年

車のフロントガラスが曇る原因

フロントガラス 曇る 原因

曇りの原因は大きく分けて、2つに分けれる。

  • 外気温と車内の気温差が激しい
  • 車内の湿度が高い

外気温と車内の気温差が激しい

車のように、密封された空間でしたら、外気温と車内の気温差がどうしても生まれます。

その時の境界面(ガラス)に、「結露(けつろ)」ができて、曇りの原因となります。

そのため、冬の寒い時期も、曇りやすくなります。

外気温は低くなりますが、車内は暖房を使うため温度が上がり、その気温差によって曇りやすくなるのです。

車内温度が高い

気温差だけではなく、単純に車内の湿度が高いときも、曇りやすくなります。

例えば、窓ガラスにはぁーっと息を吹きかけると、窓ガラスは曇りますよね。

呼吸には水分が含まれて、つまりは湿度があります。

他にも、雨の日の濡れた傘や服は、水分を含んでいるので、車内の湿度は高くなり、曇りやすくなります。

しゅりくん
曇りの原因が理解できた上で、次は解消法について説明します!

フロントガラスの曇りの解消法

A/CスイッチをONにする

フロントガラス 曇り 解消 ACボタン

もっとも簡単な方法は、A/C(エアコン)のスイッチをONにすること。

車内の湿度を下げる機能があり、ONにすることで曇りを解消できます。

補足事項としては、A/CをONにすると燃費が悪くなります。必要な時にだけONにするようにしてください。

他にも、エアコンを内気循環から外気循環にすることで、湿度を下げることもできます。

寒い冬の時期にはお勧めできませんが、窓を開けて空気の入れ替えをするのも効果的。

デフロスターをONにする

デフロスターとは、ガラスに氷結した氷や結露を除去する装置。

これをONにすることで、曇りを取ることができます。

扇状のアイコンに、3本のくねくねとした矢印のマークが、デフロスターのスイッチになります。

車種によっては、フロントガラス用とリアガラス用に別れていることも。

「FRONT」「REAR」と表記される車種もあるので、そちらを目安にしてください。

多くの車で、エアコンスイッチ周辺に設置されています。

しゅりくん
長時間を使用するとバッテリー上がりに繋がることも。必要に応じて使用するようにしてください!

フロントガラス内側の解消方法

冬の寒い時期、車内の湿った空気がフロントガラスで冷やされて曇りやすくなります。

内側が曇りやすいかたは、この項目を参考にされてください。

ホコリ・汚れ・ヤニが付いていると、結露が発生しやすくなり、曇りやすくなります。

薄めた中性洗剤を使って、拭き掃除をすることで、曇りを防止することができます。

もちろん、曇り止め防止スプレーも使っても効果的。

外側を磨くかたは多いと思いますが、内側はついつい忘れがちになります。

内側が曇りやすいかたは、この方法を試してみてください。

フロントガラス外側の解消方法

フロントガラス 外側 曇り 解消

外側は、梅雨の時期に外気が湿っている時に、フロントガラスで冷やされ曇りがちになります。

解消方法はとても簡単。

外側の結露なので、ワイパーを使うことで解決します。

雨を拭き取る要領で、曇りを取り除いてくれます。

冬の暖房使用で曇る場合は?

冬に暖房を使用すると、内側から曇っていきます。

ですから、A/CスイッチをONにする、デフロスターをONにする、内側を綺麗にする、を試してみてください。

まとめ

フロントガラスが曇る原因は「外気温と車内の気温差が激しい」もしくは「車内の湿度が高い」ことが挙げられます。

A/Cスイッチやデフロスターの調整によって、曇りを解消することができます。

また、内側が曇りやすいなら、薄めた中性洗剤を使いながら窓ガラスを綺麗にする。

外側が曇りやすい時は、ワイパーを使うことで解消できます。

以上、「車のフロントガラスの曇る!状況別の曇りの解消法」でした。

廃車 買取 10年