車バッテリー交換の値段はどれくらい?費用を安く抑える方法をプロが解説

車のバッテリー交換の目安は、使い方やバッテリーの種類にもよりますが約3~4年と言われています。

他にも急なバッテリー上がりなどで交換することもあるでしょう。車を所有している以上、バッテリー交換は何度も経験するもの。

それならできるだけお安い方が嬉しいですよね。

そこで、車バッテリー交換の値段の目安と安く抑える方法についてまとめてみました。是非参考にしてください。

車のバッテリー交換にかかる費用の目安と内訳

一口にバッテリーの交換といっても、車の種類や用途によってバッテリー本体の値段はもちろん、交換工賃も違います。

特にハイブリッド車などはバッテリーが2種類装備されており、ハイブリッドシステムの起動に使われる補機用バッテリーの交換は高くなります。

交換するバッテリーがどのようなものか把握しておくことも大切です。

バッテリー本体代の目安

バッテリー本体の値段の幅はかなり大きく、約4,000円~40,000円程度になります。もちろんバッテリーの大きさや種類、性能、容量などによって異なりますが、高ければよい、という訳ではありません。

もちろん高価なものほど性能、始動性や長持ちする傾向にありますが、特に車にこだわりが無く、「普通に乗れれば良い」程度なら、安くても品質の良いバッテリーで十分な場合があります。

また、ハイブリッド車専用の補機バッテリーは普通のバッテリーよりも高くなります。

関連記事

不意なバッテリー上がりは、車のトラブルの中でもちょっとした不注意で起こりがちなトラブルです。いざというときに車が始動しないのは本当に困りますよね。 そういう時に、車専用のバッテリー充電器を持っていると、安心です。 そこで、整備士[…]

バッテリー充電器

バッテリー交換工賃の目安

バッテリー交換を業者に依頼すると、どのくらいかかるのでしょうか?

ディーラーなら安心と思うでしょうが、工賃は約3,000円となり、どこに依頼するよりも一番高くなってしまいます。

ではカー用品ショップに依頼するとどうでしょうか。ショップによっては約500円~1,000円とお安くバッテリーを交換してくれます。

ただし、そのお店で購入したバッテリーを使用すると、他店やネット購入の方がかなり安い場合が多いのですが、そこは工賃代だと考えた方が良さそうです。

バッテリー交換を街の自動車修理工場などに依頼すると、普通車なら約1,000円程度で交換してもらえます。ハイブリッド車や電気自動車でも3,500円程度でお願いできるでしょう。

ちなみに高速道路などでの急なバッテリー上がりでJAF(日本自動車連盟)に交換を依頼した場合、約12,880円もするので(会員なら無料)こまめなバッテリーチェックは欠かせませんね。

 

外したバッテリーの廃棄料の目安

外した後のバッテリーは、ほとんどの自治体で「回収不可」となっています。バッテリーの中には人体に有害な素材が使われているうえ、発火する恐れがあるためです。

業者にバッテリーの交換を依頼した場合は無料で引き取ってくれることが多いのですが、自分で交換した場合にはリサイクル業者やガソリンスタンドなどで引き取ってもらう必要があります。

無料で引き取ってくれる業者もありますが、処分代が必要な場合、費用は約500円~3,000円請求されることもあるようです。

バッテリー交換費用の総額は依頼する業者で大きく変わる

バッテリー交換の費用は、どんな種類のバッテリーをどこで買うか、そしてどこに依頼するのかで大きく変わってきます。同じバッテリーを交換するのに数万円も差が出ることもあり、手痛い出費になりかねません。

では、できるだけバッテリー交換を安く抑える方法をご紹介しましょう。

車のバッテリー交換費用を安く抑える方法

車のバッテリー交換を安く抑えるにはいくつかの方法があります。

格安のバッテリーを購入して持ち込む

実は、ディーラーやカー用品ショップなどでは、その店で購入しなくてもネットや激安店で購入したバッテリーの持ち込みがOKの場合が多いのです。

特に「オートバックス」ならバッテリー交換だけなら500円、しかも持ち込みOKなので、業者に依頼する中では「一番お得」に交換できるといってもいいでしょう。

バッテリーをネットで購入するならカーエイドストアがおすすめです。

車検や定期点検と一緒に依頼する

車検や定期点検の際に「ついでに」バッテリー交換も依頼すると、他の「工賃」とまとめてくれることがあります。

また、オイル交換などとセットでお得なパッケージになっている場合もありますので、事前に確認してみるとよいでしょう。


カーエイドストア
カーエイドストア

自分で交換作業をする

バッテリー交換は、業者に頼むと確かに安心で安全ですが、持ち込の手間や作業の時間、お金がかかります。

自分でバッテリーの交換をすると手っ取り早くて最も安く交換することが出来ます。

関連記事

車のバッテリーの交換は、業者に依頼するよりも自分で行う方が安くお得に済ませることができます。 また、業者を呼んだり、車を持ち込む手間もありません。反面、やり方を間違うと大変危険な作業になることも。 そこで、自分でできる安全で正し[…]

【自分でできる】車のバッテリー交換のやり方|外し方と付け方完全ガイド

車のバッテリー交換を自身で行うときの手順

バッテリーの交換は慣れてしまえばさほど難しい物ではありません。

とはいえ、危険も伴いますので、手順を守り、注意しながら行いましょう。

①バックアップ電源確保をする

車によっては走行の傾向などを学習し、出力などを最適化するための「学習機能」が搭載されていることがあります。

このデータは電子制御なので、バッテリーを取り外すと消去されてしまう可能性があります。また、メモリー機能のあるオーディオ類やセキュリティー装置の設定なども初期化することがあり、再設定するのがかなり大変になります。

このようなメモリーやデータが消えない様に、バッテリーを取り外す際には「メモリーバックアップ」などでバックアップ電源を確保します。(やり方や必要のない車種もありますので取扱説明書で必ず確認するようにしましょう)

②バッテリー端子・ステーを取り外す

車のエンジンを完全に止めます。それからバッテリーの端子カバーを開き、マイナス端子、プラス端子の順に取り外していきます。端子に触れると感電する恐れがありますので注意しましょう。

次にステー(バッテリーの固定金具)をスパナで外しますが、取り外したナットをエンジンルームに落とさないように注意しましょう。

③新しいバッテリーを取り付ける

古いバッテリーを取り外し、同じように新しいバッテリーを置きます。この時、バッテリーの極性を間違えないように必ず確認しましょう。

④ステーを取り付けて、端子をつなぐ

新しいバッテリーをステーで固定します。今度はプラス端子、マイナス端子の順番で端子を取り付けていきます。最後にスパナでしっかりと固定し、端子カバーを取り付けます。

⑤バックアップ電源を取り外す

最後に、車のメモリーやデーターを保護する「メモリーバックアップ」の電源を取り外して完了です。

バッテリー交換のサインや時期、頻度

バッテリー交換は一般的に3~4年と言われていますが、車の使用状況によっては大きく違ってきます。

たまにしか車を使用しない場合には放電し、バッテリーの性能が落ちてしまうこともあります。また、アイドリングストップ車では、頻繁にエンジンの始動や停止を行うため、バッテリーの消耗が激しく早めの交換が必要になります。

急なバッテリー上がりを回避するためにも、こまめにバッテリーチェッカーなどを利用して確認するとよいでしょう。

また、室内ライトが暗くなったり、ウィンカーやパワーウィンドウの動作がもたつくように感じはじめると、電圧が落ちている可能性があるので、バッテリーの交換を考えた方が良さそうです。

関連記事

バッテリーは、その性能や自動車の使用状況によって、寿命は大きく変わります。 とはいえ、ちゃんとした基準がある訳ではないので、いつ交換すればいいのか判断に迷うこともありますよね。 そこで、バッテリーの寿命の判断の仕方と症状を解説し[…]

車のバッテリーの寿命と交換時期とは?寿命の判断から症状まで徹底解説

まとめ

いかがでしたでしょうか?バッテリーの交換は、業者に頼むにしろ、自分で交換するにしろ、ネットなどでバッテリーを購入したほうが断然お得になります。とはいえ、たくさんあるバッテリーの中から、何を選べばいいのか分からなくなることもありますよね。

どんなバッテリーを選べばいいのか分からない、お得にバッテリーを交換したいという方は、是非カーエイドストアをご利用ください。

ここでは、分かりやすい検索機能と安心の料金設定ですぐにお目当てのバッテリーを探し出すことが出来ます。急にバッテリーが必要になった時にでも、素早くご注文いただけます。

カーエイドストアなら、バッテリーを交換した後も余計な手間がかかりません。交換後の不要なバッテリーは無料で回収させていただきます。また、3,980円以上のお買い上げで送料は無料になるのでとってもお得です。


カーエイドストア
カーエイドストア