車のフロントガラスの水垢・ウロコ取りの方法|原因から対処方法まで解説

車のフロントガラスにこびりついた水垢やウロコの取り方を紹介していきます。

そもそも、なぜ水垢やウロコがついてしまうのでしょうか。

水垢がついてしまう原因や対処方法についても解説していきます。

車のフロントガラスにできる「水垢・ウロコ」とは?

水垢やウロコとはフロントガラスなどに付着する白い汚れのことをいいます。

また、その汚れのうろこ模様になっていることから、通称ウロコと呼ばれています。
水垢には水性と油性の2種類あり、それぞれの特徴を知っておくことでしっかりと対策することができます。

  • 水性の水垢
    水性の水垢は水分が蒸発することによって、水の中に含まれるミネラルやカルシウムが固まることで発生します。
    お風呂場の鏡が白くくすんでしまうのも、水に含まれているミネラル等が固まってできる水垢です。
  • 油性の水垢
    オイルやグリス、ワックスなどの油成分が固まってできるのが油性の水垢です。自動車には防水目的で多くのオイルやグリスが使用されています。
    しかし、走行中に微量ながらオイルなどが飛び散ったりしてしまうことがあります。それが,フロントガラスやボディに付着してしまいできるのが油性の水垢です。

車のフロントガラスに水垢・ウロコの3つの原因

それでは、なぜ白い汚れの水垢がついてしまうのでしょうか。

3つの発生原因について説明していきます。

原因①排気ガスなどの化学物質

排気ガスなどの化学物質がフロントガラス等に付着し、それが雨などによって固まってしまい、水垢になってしまいます。

原因②空気中のホコリやゴミ

空気中に含まれるほこりやゴミなどが付着して発生することもあります。
フロントガラスについたホコリは雨によって洗い流されるのではなく、固まってしまいます。

そして、水分が蒸発することによって、ホコリだけがガラスにこびりつき、水垢となってしまうのです。

原因③ワックスや洗剤のすすぎ残し

洗車が原因で水垢がついてしまうこともあります。
洗車を行う際、しっかりとカーシャンプーを流さなければ、シャンプーに含まれる成分が凝固して水垢の原因となってしまいます。

さらに、洗車後のワックスがけでも拭き上げをしっかりとしなければ水垢になってしまいます。

車のフロントガラスの水垢・ウロコを除去する方法

それでは、フロントガラスについてしまった水垢を除去するにはどうすれば良いのでしょうか。

小さな水垢なら「市販のカーシャンプー」

小さな水垢であれば市販のカーシャンプーを使用することで取り除くことができます。

ただし、カーシャンプーの流し残しがあると水垢の原因となってしまうため、しっかり洗い流すことがポイントです。

また、水で洗い流した後は水分を乾いたタオルなどでしっかりと取ることが大切です。水分が残っていると、水が蒸発した時にミネラルやカルシウムが固着して水垢になってしまいます。

頑固な水垢に効く「市販の専用クリーナー」

頑固な水垢には市販の専用クリーナーを使用することがおすすめです。

特に、おさるのスゴピカ ウロコ取りシリーズはスポンジで拭いて水で流すだけで頑固な水垢を除去することができるのです。
フロントガラス以外にも樹脂できたバイザーやピラーパネル、ボディにも使用することができるため、あらゆる水垢に対応している専用クリーナーです。
使用方法も簡単なので、素人でも簡単に頑固な水垢を取り除くことができるのが特徴です。

関連記事

愛車についた水垢を落とすにはウォータースポット除去剤がおすすめです。 しかし、種類がたくさんありすぎて、どれを選んだら良いかわからないという方が多いと思います。 そこで、今回、車についた水垢を取り除くことができるウォータースポッ[…]

車の水垢取りおすすめランキング10選【ウォータースポット除去剤】

身近にある「重曹・台所用洗剤・クエン酸」

身近にある重曹や台所用洗剤、クエン酸を使って水垢を取り除く方法もあります。

重曹は水で薄めて使用し、水垢が付着したフロントガラスをスポンジで洗うようなイメージで水垢を除去していきます。

また、台所用洗剤は10倍程度に薄めて使用します。台所用洗剤には油を分解する成分が含まれているため、頑固な水垢やワックスやカーシャンプーが原因でできた油性の水垢にも効果があり、おすすめです。

しかし、ボディ部分に付着してしまうと、塗装面を痛めてしまう可能性があるため、必ずボディ部分を保護して作業することが必要です。

さらに、クエン酸を使用する方法もあります。クエン酸の酸性成分がアルカリ性の水垢を中和して水垢を取り除きやすくする効果があります。

関連記事

車についた汚れってなかなか落ちないですよね。 特に魚のウロコ状になっている汚れは、普通の洗車だけでは落とすことができないほど頑固な汚れです。 光の加減ではかなり目立つ汚れのひとつでもあるウロコ汚れですが、駐車場に屋根がない方は雨[…]

車 ウロコ取り

全て任せたいなら「自動車ガラス専門店」

自分でする時間がなかったり、場所がなかったりする方も多いと思います。
さらに、ボディを痛めてしまうかもしれないと不安な方もいらっしゃいます。

そのような方におすすめなのが自動車ガラス専門店に依頼することです。自動車ガラス専門では、頑固な水垢も綺麗にしっかりと取り除いてくれます。
専門業者では特殊な研磨剤と研磨機を使用してこびりついた水垢を綺麗に除去してくれるのです。

時間がなく、とにかく綺麗にしたいという方は自動車ガラス専門店に依頼することをおすすめします。

フロントガラスの水垢汚れを防ぐための対策方法は?

市販のクリーナーを使ったり、専門業者に依頼したりして綺麗にしたフロントガラスも放置しておくと、また水垢が付着してしまいます。

したがって、水垢が付かないように正しい方法で対策する必要があります。

フロントガラスの水垢汚れを防ぐための3つの対策方法を紹介していきます。

定期的に洗車をする

定期的に洗車を行うことがポイントです。

水垢は排気ガスや空気中のホコリ、ワックスの拭き残しが原因です。
したがって、定期的に洗車することでホコリなどをしっかりと落とすことができるため、水垢の発生を抑えることができます。

また、雨が降った後に水分が残らないようにしっかりと拭き上げるだけでも効果があります。

車体カバーを使用する

さらに、空気中のホコリやゴミが付着しないように車体カバーをかけることも効果的です。

完全屋内に駐車できるのであれば問題ありませんが、青空駐車場の場合、どうしてもホコリやゴミが付着してしまいます。

そのため、車体カバーを使用することで空気中のゴミから守ることができます。

コーティングをする

また、自動車全体にコーティングを行うこともおすすめです。

フロントガラスだけでなくボディもしっかりとコーティングすることで、ゴミの付着を抑えることができます。

水垢の原因であるホコリやゴミの付着を抑えることができるため、水垢予防になります。

関連記事

車にコーティングをしようか検討していてまず壁にぶつかることといえば「どのコーティングを選べばいいのか」という点です。 コーティングはさまざまな種類があり、それぞれ特徴・価格が異なります。 今回は、どのコーティングにしたらいいのかわか[…]

車のコーティングは6種類ある!愛車に合う選び方をプロが解説

まとめ

すでについてしまった水垢は市販のクリーナーを使用することで綺麗に落とすことができます。

水垢は早めに対応することで簡単に取り除くことができます。

しかし、そのまま放置しておくと頑固な水垢となってしまい、簡単には除去することができなくなってしまいます。
しつこい水垢については自動車ガラス専門店に依頼することがおすすめです。

ただし、定期的な洗車やコーティングなどの対策を行っていなければ、また水垢はついてしまいます。

したがって、水垢を防ぐためにも適切な対策を行いましょう。