【裏技】車の水垢のおすすめの落とし方・取り方かんぜんガイド

愛車を綺麗にしておきたいけど、毎回洗車する時間もないという方も多いと思います。

また、せっかく洗車しても、雨が降ってしまって、汚れが付着するということもあります。

さらに、雨が降った翌日には水垢ができてしまい、なかなか取れないなんてことも起こってしまいます。

そこで、車についた水垢のおすすめの落とし方について紹介していきます。

関連記事

愛車についた水垢を落とすにはウォータースポット除去剤がおすすめです。 しかし、種類がたくさんありすぎて、どれを選んだら良いかわからないという方が多いと思います。 そこで、今回、車についた水垢を取り除くことができるウォータースポッ[…]

車の水垢取りおすすめランキング10選【ウォータースポット除去剤】

車にできる水垢の種類と原因とは?

そもそも、なぜ車に水垢ができるのでしょうか。

水垢の種類と原因について説明していきます。

車にできる水垢には2種類ある

車にできる水垢は2種類あります。

  • 水性の水垢
    水性の水垢は空気中に含まれるほこりやチリがボディーに付着して雨によってほこりが流されてしまい、さらに雨が止んだ後、水分が乾燥することで発生します。
    つまり、雨によってほこりが流されて、水分だけが蒸発し、ほこりが蓄積されて水垢となるのです。
  • 油性の水垢
    油性の水垢は文字通り、油分を含んだ水垢です。ワックスなどの拭き残しや防水目的で使用されているグリスやオイルなどが飛び散り、ボディーに付着することで発生します。

車のガラスに付着するのはウロコ状の水垢

車のガラスに付着するのはウロコ状の水垢が多いです。
これは、水分に含まれるミネラルやカルシウムが水分の蒸発により結晶となり、ガラスに付着したものです。

たとえば、お風呂場のガラスが白く曇ったようになることがありますが、それも同じく水に含まれるミネラル、カルシウムが乾燥することでこびりついています。

ウロコ状の水垢は一度できてしまうと、簡単に落とすことが難しくなります。
また、白く曇ってしまうため、視界が悪くなり事故などの原因となってしまいます。

車の水垢を簡単に落とすオススメの方法

ボディーについた水垢やガラスに付着したウロコ状の水垢はそれぞれおすすめの落とし方があります。

しっかりと適切な方法で除去しなければ、ボディーを傷つけてしまったり、ガラスを痛めてしまったりすることもあります。

ついたばかりの軽い水垢はカーシャンプーで落とせる

ついたばかりの軽い水垢はカーシャンプーで落とすことができます。
軽い水垢の場合、シャンプーを使って洗車するだけで落とすことができます。

【裏技】車の水垢を台所用洗剤で落とす

さらに、台所用洗剤を使って、車の水垢を落とす裏技もあります。
台所用洗剤は油を分解する効果があるため、油性の水垢に効果があります。

使用方法は簡単で、台所用洗剤を10倍程度に薄めて泡立てます。
それをシャンプーのように使用して洗車を行うだけで、油性の水垢を取り除くことができます。

しかし、台所用洗剤を使って落とす方法には注意点があります。
台所用洗剤は泡立ちがとても良いのですが、その分しっかりと洗い流さないと洗剤の成分がボディーに残ってしまい、それが原因で新たな水垢になってしまう可能性があります。

したがって、洗い流す時は、いつも以上にしっかりとすすぐことが大切です。

【裏技】ガラスについた水垢にはお酢が有効

また、ガラスについたウロコ状の水垢にはお酢を使うことで綺麗に落とすことができます。

ガラスについた水垢はミネラルやカルシウムなどが乾燥したものなので、とても頑固です。

そこで使用するのがお酢です。
ミネラルやカルシウムがアルカリ性なのに対し、お酢は酸性成分です。

したがって、お酢を使用することでアルカリ性のミネラルやカルシウムを中和することができ、汚れを落としやすくするという仕組みです。

お酢を使用する際、ボディーなどに付かないようにしっかりと養生などを行うことがポイントです。
お酢の酸性成分が塗装面を痛める可能性があるため、万一ボディーに付着してしまったら、すぐに洗い流しましょう。

頑固な水垢落としには市販のクリーナーがおすすめ

そして、頑固な水垢には市販クリーナーを使用することがおすすめです。
特に固着してしまった水垢は洗車では取り除くことはできません。

そこで、「おさるのスゴピカ ウロコ取り」を使用することで簡単に頑固な水垢を落とすことができるのです。

おさるのスゴピカウロコ取りは窓ガラスの水垢だけでなく、ボディーの水垢、さらに樹脂製のサイドバイザーなどにも幅広く使用することができる、万能な水垢落としです。

自分で車の水垢落としができない場合は専門業者へ依頼

時間がなくて自分でなかなか作業ができない方、失敗してしまうかもしれないという不安がある方は専門業者へ依頼する方法もあります。

専門業者 金額相場
カーディーラー 2,000~4,000円
自動車用品量販店
・オートバックス
・イエローハットなど
1,500~3,000円
洗車専門業者
・KeePerなど
5,600~9,200円

いろいろな専門業者がありますが、それぞれ金額相場が異なっていたり、特徴が違っていたりします。

たとえば、ディーラーの場合、金額設定を明確にしていないことが一般的です。
そのため、ディーラーの担当者に電話等で確認する必要があります。また、ディーラーから外注業者に依頼している場合があるため、費用が高くなるケースもあります。

そして、オートバックスやイエローハットなどの自動車用品量販店の場合、ボディーサイズによって金額が変わりますが、1,500円から行ってくれます。
ディーラーよりもリーズナブルな金額設定となっています。
さらに、KeePerなどの洗車専門業者の場合は5,600円~9,200円が一般的です。こちらもボディーサイズによって金額が異なります。

しかし、洗車を専門にしている業者のため、水垢落としだけでなく、コーティングもしてくれるのです。
したがって、料金設定は他よりも高めな印象がありますが、コーティングも含まれているのでお得感があります。

車の水垢を落とす簡単3ステップ

次に、車の水垢を落とす簡単な3ステップを紹介していきます。

Step1.水拭きまたは水洗いをする

まず、ボディーに付着しているホコリやゴミをしっかりと水で洗い流します。

水でしっかり流しておかないと、スポンジで擦った時にボディーに傷がついてしまいます。

Step2.洗剤または水垢除去アイテムで洗う

次に、洗剤や水垢除去アイテムを使用していきます。カーシャンプーを使用して車全体を洗っていきます。

そして、しつこい水垢には性質に合わせたアイテムを使って水垢を取り除いていきます。

Step3.洗い残しを水で流し、乾いた布で水分をふき取る

そして、水でシャンプーをしっかりと洗い流します。
ここでシャンプーが残っているとシャンプーに含まれている成分が乾燥して固まり、新しい水垢の原因となってしまいます。

ここでは入念に水洗いすることがポイントです。そして、乾いた布を使用して水分を拭き取っていきます。

水分が残っていると水性の水垢の原因となります。しっかりと水気が残らないように拭き上げていくことが大切です。

白い車の水垢の落とし方とポイント

白いボディーの車には台所用洗剤を使って水垢を落としていきましょう。

  • ボディーの水垢は台所用洗剤で対策ができる
    油分を分解する効果がある台所用洗剤を使うことで水垢対策になります。
    また、台所用洗剤には研磨剤が含まれていないため、傷がつく心配もなく気軽に使用することができます。
    しかし、台所用洗剤を使用した後は水を使ってしっかりと流しましょう。
  • ガラスの水垢にはお酢が効果的
    ガラスに付着した水垢にはお酢が効果的です。酸性のお酢が水垢の原因であるアルカリ性のミネラルやカルシウム成分に反応し、取り除きやすくする効果があります。
関連記事

愛車についた水垢を落とすにはウォータースポット除去剤がおすすめです。 しかし、種類がたくさんありすぎて、どれを選んだら良いかわからないという方が多いと思います。 そこで、今回、車についた水垢を取り除くことができるウォータースポッ[…]

車の水垢取りおすすめランキング10選【ウォータースポット除去剤】

黒い車の水垢の落とし方とポイント

黒い車には市販されている専用の水垢除去アイテムを使いましょう。

黒のボディーの場合、台所用洗剤やお酢を使用することで塗装面を痛めてしまう可能性があります。
そのため、市販の専用除去アイテムを使って水垢を取り除きましょう。

車に水垢が付くのを防ぐ方法

車に水垢が付かないようにするには定期的なメンテナンスが必要です。

ガラス・ボディにコーティング剤を使用する

コーティングを行うことで、ボディーの表面がツルツルした状況を維持できるため、ゴミがつきにくくなります。

したがって、水で洗い流すだけでもしっかりとゴミを落とすことができ、水垢を防ぐことが可能です。

関連記事

車にコーティングをしようか検討していてまず壁にぶつかることといえば「どのコーティングを選べばいいのか」という点です。 コーティングはさまざまな種類があり、それぞれ特徴・価格が異なります。 今回は、どのコーティングにしたらいいのかわか[…]

車のコーティングは6種類ある!愛車に合う選び方をプロが解説

定期的な洗車やメンテナンスをする

たとえば、雨が降った後、そのまま放置するのではなく水で軽く流したあと、水分をしっかりと取ることで水垢の付着がほとんどなくなります。

関連記事

洗車において拭き上げはとても大切な作業です。 そこで、今回は洗車の拭き上げの重要なポイントとタオル選びのコツについて紹介していきます。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://shurinavi.[…]

【誰も教えてくれない】洗車の拭き上げの重要なポイントとタオル選びのコツ

車体カバーの使用や屋内での保管を心掛ける

また、車体カバーを使ったり、できるだけ屋内に車を保管することでゴミがつくのを防いだり、雨が当たらないようにすることができます。

まとめ

簡単な水垢であればすぐに対応することで取り除くことができます。

しかし、頑固な水垢の場合、洗車だけでは取り除くことができません。
そこで台所用洗剤やお酢を使用した裏技を紹介しました。

さらに、市販のクリーナーやコーティング剤を使用することで、簡単に水垢を取り除くことができ、水垢の付着を防ぐことができます。