車の修理はどこが安い?おすすめ業者と安く済ませる方法

車の修理はどこに依頼すれば安く済むのでしょうか。

今回、おすすめ業者と安く済ませる方法を紹介していきます。

車修理を安く済ませる4つの方法

車の修理と聞くと、なんとなく高いイメージがありますよね。
しかし、傷の程度によっては1万円以下で直せることもあるのです。

もちろん、車種や損傷具合、さらに修理方法や依頼する業者によっても金額が異なります。

それでは、気になる車の修理を安く済ませる4つの方法を説明していきます。

1.複数の業者で見積もりを取る

修理費用を安くするには複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。
なぜなら、自動車の修理費用は特に定まった金額がないからです。

たとえば、A社が5万円かかる場合でもB社であれば2万円で済むということもあります。
そのため、まずは複数の業者から見積もりを取りましょう。

しかし、一件ずつ電話で問い合わせをして見積もりを取ることは現実的ではないですよね。

そこで、グーネットピットを使って業者を探す方法があります。
グーネットピットは自分の住んでいる地域の修理業者を簡単に探すことができます。

使用方法は簡単で、お住まいの地域と修理内容を選択するだけで、修理業者を見つけることができます。
そして、複数の業者に対してインターネットから問い合わせすることも可能なのです。
グーネットピットを使えば簡単に複数の業者から見積もりを取ることが可能です。

2.リビルトパーツを使う

車の修理費用を抑える方法としてリビルトパーツを使用する方法があります。

リビルトパーツとは中古部品を分解し、しっかりと洗浄して再組立てを行った部品のことをいいます。

中古部品なので不安に思われる方も多いかと思いますが、リビルトパーツを専門に扱っている経験豊富な業者によって丁寧に分解と洗浄作業が行われているため、安心してリビルトパーツを使用することができます。
そのため、少しでも修理費用を抑えるのであればリビルトパーツを取り扱っている業者を探しましょう。

3.修理費用が安い業者に依頼する

修理費用 仕上がり 特徴
ディーラー × 修理費用は高いが、質も高い。
カー用品店 アフターパーツが充実しているため、修理費用を抑えることができる。
整備工場 修理費用が安くて質も高い。しかし、整備工場によって仕上がりの差がある。

修理費用が安い業者に依頼することで費用を節約することができます。

たとえば、ディーラーへ依頼する場合、工賃が高く純正の新品部品を使用しているため、修理費用が割高になってしまいます。
また、カー用品店の場合はディーラーよりも安く修理することが可能です。
しかし、仕上がりに心配が残る場合があります。

整備工場は修理費用が安くて仕上がりの質が高いところもあります。
ただし、整備工場によっては設備が不十分であったり、整備士の経験年数によって仕上がりに差が出たりすることがあります。

4.自分で修理する

その他、自分で修理する方法があります。
自分で修理すれば工賃がかからないので部品代だけで済みます。

しかし、デメリットが大きいです。まず作業スペースを確保する必要があります。
また、時間がかかるだけでなく、修理が確実に行われているかの保証がありません

自動車は命に関わるものです。
そのため、少しのミスによって運転中に大きな事故を引き起こしてしまうこともあります。

傷などの小さな傷であれば簡単に直せるかもしれませんが、プロと比べると仕上がりに大きな差が出てしまいます。
そのため、自分で修理するのはあまりおすすめではありません。

保証期間内の場合はディーラーに依頼するのがおすすめ

ディーラーで修理を行う場合、基本的には部品をすべて新品に交換します。
また、メーカーの特約店なので部品調達も早く、車の特性や作業工程をしっかりと把握しているという特徴があります。

しかし、ディーラーはカー用品店や整備工場と比べると修理費用が割高となってしまいます。

ただし、保証期間内であればディーラーへ依頼するのがおすすめです。

ディーラーに依頼するメリット

保証期間内であれば無料または格安で修理を行ってくれます。

また、メーカー純正パーツを使用するため安心して依頼することができます。
さらに、車のコンピューターに接続して診断機で他の故障がないかも確認してくれるといったメリットもあります。

その他、台車サービスなどユーザーへのサービスの高さがディーラーへ修理を依頼するメリットです。

ディーラーに依頼するデメリット

一方、保証期間が過ぎていたり、保証期間内でも保証対象外の修理を行ったりする場合は修理費用が高額となってしまいます。

さらに、ディーラーのコンプライアンスに基づきチェックに時間をかけるため、追加費用がかかってしまうこともあります。

また、年式が古い車や生産終了車種の場合は部品が流通していないため、修理を断られることもあります。

安く修理したいならカー用品店に依頼するのがおすすめ

ディーラーは高額になってしまう可能性があります。

そこで、大手カー用品店へ依頼することを検討していきましょう。

大手カー用品店に依頼するメリット・デメリット

大手カー用品店の場合では純正部品以外での修理も可能なため、修理費用を抑えることができます。

また、年式が古い車種や生産終了車種であっても純正品ではなく流通品を使用して修理することが可能です。

しかし、カー用品店では店舗ごとに整備士の技術力に違いがある場合もあります。
そのため、仕上がりに差が出たり、店舗によって見積金額が異なったりするのがデメリットといえます。

大手カー用品店3社の特徴を比較

それでは、国内大手カー用品店3社の特徴を見ていきましょう。

  • オートバックス
    オートバックスは国内最大手のカー用品店です。日常の定期メンテナンスからオイル交換、さらに板金修理などにも対応しています。また、Tポイントカードの利用が可能なので、Tポイントユーザーにはおすすめです。
  • イエローハット
    イエローハットの店舗数は721店舗あり、日本全国で点検や修理を受けることができます。また、価格リーズナブルに設定していることから、気軽に点検や修理を依頼することが可能です。
  • ジェームス
    ジェームスに店舗数はオートバックスやイエローハットと比較すると少なめですが、トヨタグループのカー用品店ということもあり、安心感があります。

一カ所だけ安く修理したいなら修理工場に依頼するのがおすすめ

一カ所だけ安く修理したい時は修理工場に依頼するのがおすすめです。

しかし、どこにどのような修理工場があるかわからないですよね。

そこでグーネットピットを使えば簡単に探すことができます。
旧車やカスタムカーなどの特殊な車両でも対応できる修理工場も探すことが可能です。
また、グーネットピットは入力項目が少なく手ごろに探すことができるため、ぜひ利用してみてください。

修理工場に依頼するメリット

修理工場では純正パーツ入手が難しい場合でも対応してくれることがあります。
たとえば、純正パーツで対応できない場合は代替品や加工品等の提案をしてくれるため、生産終了車種であっても修理可能な場合が多いです。

また、ある車種に特化した専門的な工場やヴィンテージカーのみ扱っている工場、さらにハイブリッド車を専門に扱っている工場など、様々なタイプがあります。
そのため、輸入車や年式が古い車であっても、そのような専門的な工場であれば対応してくれるのです。

修理工場に依頼するデメリット

修理工場はディーラーよりも時間がかかってしまう可能性があります。

なぜなら、純正部品の調達に関してもメーカーの特約店であるディーラーであれば優先的に手配可能ですが、地域の修理工場であれば後回しにされてしまうこともあります。
そのため、通常よりも時間がかかってしまう場合もあります。

また、ディーラーのように整備士の研修制度が整っていないことがほとんどです。
したがって、整備士の技量に差があり、仕上がりに差が出てくる可能性もあります。

まとめ

車の修理を安く済ませるには様々な方法があります。

しかし、単に安さを追求しすぎると安心感がなくなってしまうこともあります。

そのため、グーネットピットを使って、信頼できる修理工場を探すことをおすすめします。