車のヘッドライトがつかない・切れた!交換費用はいくらかかる?自分でも交換できる?

車のヘッドライトがつかない!切れてしまった!ヘッドライトが切れると、夜間での走行が大変危険です。

また、ライトが切れた状態での走行は、整備不良となり、1点減点に加えて、7000円の罰金が課せられるので注意が必要。

ライトが切れていることに気づいたら、早めに交換をしてください。今回の記事では、交換費用はいくらかかる?自分でも交換はできる?と悩みを解決していきます。

廃車 買取 10年

まずは、メーカーの保証対象を受けれるかをチェック

ライトの交換費用を説明する前に、そもそも、メーカー保証の対象期間内であれば、無料で交換ができることも。

また、中古車でも、購入してすぐならば、整備不良の可能性が考えられ、無料交換を受け付けています。まずは、ディーラーや販売店に相談してください。

ライトの交換費用はいくらかかる?

ライトの交換費用は、バルブ(電球)の種類によって、交換費用は変わります。

バルブの種類は、「ハロゲン球」「HIDライト」「LEDライト」と3種類に分類できます。

しゅりくん
それぞれの交換費用の相場価格は、以下になります。
  • ハロゲン球の交換費用|3,500円〜5,000円程度(工賃込み)
  • HIDライトの交換費用|10,000円〜20,000円程度(工賃込み)
  • LEDライトの交換費用|10,000円〜20,000円程度(工賃込み)

交換は、どこに依頼するのが良い?

選択肢としては、ディーラー(販売店)もしくは、カー用品店・整備工場などへの選択肢があります。

ディーラーの方が、交換費用は高くなる傾向。ただし、安心して任せられるというメリットがあります。

一方で、交換費用を安くしたければ、カー用品店・整備工場がおすすめ。付き合いが長く・信頼できる業者がいれば、そちらに頼むのも良いでしょう。

ライトの交換は、自分でもできる?

ライト 交換 自分

自分で交換ができるかは、ライトの種類によって変わります。

  • ハロゲン球|自分で交換可能
  • HIDライト|自分で交換可能。ただし、車にダメージを与える可能性も。
  • LEDライト|純正のLEDは交換不可。自分での交換はあまりおすすめできません。

自分でライトの交換をすると、工賃分を浮かせられるので安上がりになります。(1,000円〜5,000円程度)


次の項目では、自分でライトを交換する方法について解説をしていきます。

しゅりくん
工程を見て、「自分でも出来そう。」と思ったらやってみてください。難しそうと思えば、プロにお任せすることをおすすめします。

ライトの値段はいくらかかる?

  • ハロゲン球(ランプ)の値段は、1,000円〜3,000円程度。
  • HIDライトの値段は、5,000円〜15,000円程度。
しゅりくん
相場価格として捉えてください。自分でライトの交換を行うと、部品価格だけで抑えることができます。

自分でライトを交換する方法

ハロゲン球・HIDライトの交換方法

ライト 交換

※消灯直後のバルブは、高温になっているため、熱が冷めてから作業をしてください。
※また、取り外しの際は、手袋を装着して、油分や水分が付かないようにしてください。

ハロゲン球・HIDライトの交換方法は以下の通り。

  1. ボンネットを開けて、ヘッドライト裏のコネクターを外します。(車種によっては、コネクターのツメを押して外すものも)
  2. バルブに付いているゴムカバーを外します。
  3. バルブを固定しているスプリングを外します。
  4. バルブを外します。ガラス管が傷つかないように 慎重に取り外してください。
  5. 新しいバルブと交換をします。
  6. 取り外しの時と、反対の手順で行います。スプリングのセット→ゴムカバーの装着→コネクターの装着
  7. ヘッドライトが点灯をしているかの確認をします。

交換作業の流れは、この通りになります。作業時間はそれほどかかりません。慣れていくと、数分程度で完了します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?車のライトの交換費用は、種類にもよりますが、3,000円〜20,000円程度。(工賃込み)

自分でライトの交換をすれば、工賃が浮くので、さらに安くできます。車をいじるのが好き、車の知識をお持ちのかたは、自分でやってみることもおすすめ。

作業工程を読んで、難しいと感じたならば、プロにお任せしてください。

以上、「車のヘッドライトがつかない・切れた!交換費用はいくらかかる?自分でも交換できる?」でした。

廃車 買取 10年