車検は自分でもできる?ユーザー車検の流れと一発合格する方法

  • 2021年3月18日
  • 2021年6月8日
  • 車検

日本の法律では2年に1度、必ず車検を受けなければなりません。万一、車検を受けずに公道を走った場合は無車検運転として罰則と罰金が科せられてしまいます。

しかし、高い費用を払って車検を受けるのがもったいないと感じている人も少なくはないのではないでしょうか。

また、ディーラーや自動車販売店で車検の見積もりをして、金額に驚いたことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、実は自分で車検を通すことができ、車検費用を抑えることができてしまうのです。

そこで、自分でできる「ユーザー車検」について説明していきます。

関連記事

軽自動車には普通車と違い費用面で様々なメリットがあります。 小回り性能がよく、運転しやすいというメリットも大いにありますが、大半の方は費用が安いという理由で軽自動車を購入しているのではないでしょうか。 自動車と呼ばれるものは、基[…]

軽自動車 ユーザー車検

車検を自分でする「ユーザー車検」の方法と流れ

自分でする「ユーザー車検」はディーラーなどに依頼せずに自分で車検を受ける方法です。ユーザー車検を受けるための9つのステップについて説明していきます。

①車の点検と整備
車検を通す車両の状況を確認し、必要な箇所の交換や整備を行います。

②車検の予約
車両の整備が終わったら、車検の予約を取ります。

ここで注意が必要なのは車検証に記載されている有効期間満了日よりも前に車検を受けなければならない点です。基本的には有効期間満了日であれば、いつでも受けることができますが、1ヶ月前から当日に受けるのをおすすめします。

なぜなら、車検というのは最後に受けた日より2年間有効なため、有効期間満了日ギリギリに車検を受けたほうが少しお得になるからです。

③必要書類の準備
車検証に必要な4つの書類を準備します。

  • 車検証
  • 自動車賠償責任保険証明書
  • 自動車税納税証明書(※滞納している場合、車検を受けることができません。)
  • 定期点検整備記録簿(※車検後に法定点検を受ける場合、提出の必要はありません。)
関連記事

ユーザー車検では陸運局に車を持っていくのも、検査ラインを通すのも自分自身です。 そして当然、書類作成も行わなければなりません。 車検に必要な書類は意外と多く、今まで経験したことがない方は少し戸惑う部分も多い事でしょう。 そ[…]

④自動車検査場の車両を持ち込む
予約した日時に検査場へ行きます。

⑤事務手続き
検査場の窓口にて3つの書類を受け取ります。

  • 継続審査申請書
  • 自動車重量税納付書
  • 自動車検査票

3つの書類を受け取ったら、必要事項を記入して自動車賠償責任保険の継続加入を行います。
※自動車賠償責任保険とは強制保険とも呼ばれており、保険加入していなければ車検証は交付されません。

⑥受付を行う
3つの書類と事前に用意しておいた書類を窓口に提出し、受付を行います。

1.車検証
2.自動車賠償責任保険証明書
3.自動車税納税証明書
4.定期点検整備記録簿
5.継続審査申請書
6.自動車重量税納付書
7.自動車検査票

⑦自動車重量税と検査手数料の支払い
自動車重量税と検査手数料を窓口で支払います。

⑧検査を受ける
車両を検査コースへ持ち込み、検査を受けます。

⑨検査証を受け取る
検査に合格すると、窓口にて新しい検査証を受け取ることができます。

ユーザー車検のメリットは「費用の安さ」

ユーザー車検の最大のメリットは費用の安さです。車検を受ける多くの方がディーラーや自動車販売店、ガソリンスタンドなどに車検を依頼することが一般的です。

しかし、各業者では決められた車検基本料や法定費用、部品交換の工賃がかかります。そのため、検査費用以外にも別途、費用が発生してしまい、金額が高くなってしまうのです。

一方、ユーザー車検の場合は車検基本料や部品交換の工賃が必要ありません。

したがって、自分でできるユーザー車検にかかる費用は法定費用のみとなり、業者に依頼するよりも安く車検を受けることができるのです。(※法定費用:検査手数料、自動車賠償責任保険料、自動車重量税をまとめた費用の総称)

関連記事

車検には大きく2種類が存在します。 ひとつは整備工場などに頼み、車検を行ってもらう方法、もうひとつが自分自身で陸運局に車を持ち込み、国の車検機関によって車検を通す方法。 陸運局に自分自身で持ち込む方法を、「ユーザー車検」と呼び、[…]

ユーザー車検 メリット デメリット

ユーザー車検のデメリットは「時間」と「安全面」

自分でできるユーザー車検のメリットは費用の安さでしたが、どのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

ユーザー車検のデメリットは時間安全面が挙げられます。車両の整備や部品交換、車検の予約から検査当日の手続きまですべて自分で行う必要があるため、時間がかかってしまいます。また、自動車整備士による整備が行われないため、安全面についても不安が残ってしまいます。

ユーザー車検は費用を抑えることができますが、プロによるメンテナンスが行われないため、しっかりと整備をしてほしい場合は別途点検を受ける必要があります。

不安な場合は予備検査場を利用しよう

ユーザー車検には費用を抑えることができるという最大のメリットがありますが、車検項目は非常に多く、排ガスやヘッドライトの光軸、光量などの調整も必要にあります。

しかし、排ガスの成分検査やヘッドライトの光軸検査など、目視で行うことはできません。そこで、実際の検査と同様の検査を受けることができるのが「予備検査場」です。

予備検査場では検査コースにてユーザー車検を受ける前に車検項目箇所のチェックができる検査場です。そこでは、特殊な機械が完備されており、排ガスの成分検査やヘッドライトの光軸検査も行うことができ、場合によっては調整を依頼することもできてしまいます。

したがって、車検前に予備検査場を利用して、各項目を確認して、車検に挑むのがおすすめです。

安さで選ぶならユーザー車検がおすすめ

車検を受けるにはディーラーなどに依頼することもできますが、自分で車検ができるユーザー車検は費用を大幅に抑えることができます。

したがって、安さで選ぶならユーザー車検がおすすめです。

自分で車検ができないなら近くの車検業者を探そう

もし、自分で車検ができない場合は近くの車検業者を探して依頼することができます。そこでおすすめなのは楽天car車検です。

なぜなら、自分にぴったりの車検業者を簡単に探すことができるからです。郵便番号を入力するだけで、複数の車検業者を比較することができ、ぴったりの業者に依頼することができます。

また、参考車検価格を見ることができたり、実際に利用した人のレビューも見ることができたりするため、じっくりと比較して検討することができるのがポイントです。自分で車検をするのが難しい場合は、近くの車検業者を探してみることをおすすめします。


楽天car車検
楽天car車検

ユーザー車検を受ける前準備まとめ

車検費用を大幅に抑えることができるユーザー車検について説明してきましたが、いかがでしょうか。ユーザー車検を受ける前準備についておさらいしていきます。

①車検検査項目の把握
どのような項目が検査されるのか把握しておきましょう。ワイパーやヘッドライト、ブレーキランプはもちろん、排ガス成分なども検査項目に入っています。

②自動車の状態をチェック
車検を受ける車両がどのような状態かを確認します。明らかに交換や整備が必要な場合は事前に交換しておきましょう。

③必要書類の準備
必要書類の確認と準備をしましょう。

  • 車検証
  • 自動車賠償責任保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 定期点検整備記録簿

自動車税に未納、滞納がある場合は車検を受けることができないので注意が必要です。また、定期点検整備記録簿については車検後にも受ける場合は提出不要です。

④車検費用の準備
車検費用の準備をしておきます。検査手数料は小型乗用車で1,700円、普通自動車で1,800円です。車検証を確認して、どちらに該当するか確認しておきましょう。

また、重量税と自動車賠償責任保険料も必要となります。自動車賠償責任保険料は24ヶ月で21,550円、25ヶ月で22,210円です。重量税については車の重量や年式、エコカーかどうかによって金額が変わります。事前に確認しておくことをおすすめします。

⑤ユーザー車検の予約
すべての準備が整ったら、検査の予約を取ります。

ユーザー車検当日の流れまとめ

  1. 予備検査場で最終調整
  2. 運輸支局で用紙の入手・作成
  3. 自動車重量税・検査手数料の支払い(印紙・証紙の購入)
  4. 自賠責保険の継続加入手続き
  5. 納税確認
  6. 車検の受付
  7. 検査コース
  8. 車検証の交付

ユーザー車検検査項目まとめ

  • 外回り検査
    ヘッドライトなどの灯火類、ワイパーやクラクションなどの検査
  • 足回り検査
    タイヤのスリップサインの確認、タイヤやホイールが車体から1cm以上はみ出していないかの確認
  • 排ガス検査
    排ガスの成分検査
  • サイドスリップ検査
    ハンドルを固定してまっすぐに走れるかの確認
  • スピードメーター検査
    実際の速度とメーターに表示されている速度の誤差を確認
  • ヘッドライト検査
    光軸と光量を確認
  • ブレーキ検査
    ブレーキとサイドブレーキの確認
  • 下回り検査
    ドライブシャフトブーツの損傷やオイル漏れなどの確認

ユーザー車検当日に必要な書類まとめ

  • 車検証
    現在所有している車検証を準備
  • 自動車賠償責任保険証明書
    自賠責保険の証明書を準備
  • 自動車税納税証明書
    自動車税の納税証明を準備
    ※未納、滞納の場合は車検を受けることができません。
  • 定期点検整備記録簿
    車検後に受ける場合は提出不要
  • 継続審査申請書
    窓口で受け取る
  • 自動車重量税納付書
    窓口で受け取る
  • 自動車検査票
    窓口で受け取る

まとめ

車検費用を大幅に抑えることができるユーザー車検について紹介させていただきました。

車検費用を抑えたくて、自分でやってみよう思われる方も多いかと思います。

しかし、なかなか情報がなく、実際何が必要でどのような手順で車検を受ければ良いのかわからない方が多いと思います。そこで、本記事を通して実際の検査項目は必要な書類、車検当日までの流れについて参考にしていただければと思います。