車のコーティングは本当に必要か?必要な人と不要な人をプロが伝授!

車のコーティングはボディを傷や汚れから守ってくれる機能がありますが、車の所有者にとって本当に必要なものなのでしょうか。

今回はコーティングすることによって得られるメリット、その費用などについて詳しく解説します。

車のコーティングが不要な人はこんな人!

車の所有者のなかには、コーティングしなくても大丈夫というタイプもいます。

そんな人は以下のようなタイプです。

・自分で洗車を定期的に行える人
コーティングは、被膜によって車体を保護して汚れや傷がつきにくくなる作用があります。
汚れても水洗いするけで汚れは簡単に落ちるので、戦車の回数も少なくなり手間がかかりません。

しかし、洗車を普段からマメにする人は、コーティングをしなくても、車を常にきれいな状態に保てます
また、そのようなマメな人は車を大事にしているので、車に傷がつかないように最新の注意を払っているので、コーティングで車を守る必要はありません。

・車にそれほど乗らない人
車が好きではなく単に足代わりにしている人、乗車の回数が少ない人は車の汚れをそれほど気にしないタイプが多いです。
そんな人はわざわざお金をかけてコーティングをして車を保護する必要はありません。

車のコーティングが必要な人はこんな人!

車のコーティングをおすすめしたい人は、以下のようなタイプです。

  • 車をきれいに保ちたい、傷をつけたくない人
  • 楽に洗車を済ませたい人
  • 車を売却する際、少しでも高く売りたい人

こんなタイプの人は、コーティングをすると多大なメリットがあります。
では、コーティングをするとどんなメリットがあるのか、それを以下より説明しましょう。

メリット①定期的に行う洗車が楽になる

コーティングをしていると、軽い洗車で汚れが落ちるようになります。
コーティングの膜でボディが滑りやすくなって付いた汚れが、落ちやすくなります。

よって、こびり付いた汚れをゴシゴシ落とす必要がなくなり、洗車が楽になるのです。

メリット②水垢やウロコがつきにくくなる

コーティングすると車のボディ表面に被膜が発生するので、ボディそのものを保護してくれます。
雨が降った際、車が酸性雨を受けると、酸性雨がボディ表面に付着して水垢やシミになって取れなくなります。

しかしコーティングをすれば被膜により汚れが付着しにくくなり、水洗いだけで簡単に洗い流せるのです。

メリット③小傷から車を守れる

車のボディは大気中の細かい砂などによって傷がつくこともあります。
また、人が乗り降りする際にボディにぶつかったりするのも傷がつく原因です。

しかしコーティングしておけば、被膜が外部の衝撃から守ってくれるので、傷がつきにくくなります。
コーティングの種類によっては自己修復能力があるタイプもあり、傷がついても熱によって元に戻るので安心です。

メリット④車を色あせから守る

車のボディは紫外線を受け続けると、ボディの塗装が色あせてしまいます。紫外線いよって塗装のカラーの結合が壊れてしまい、元々のカラーが変わってしまうのです。そのなかでも赤や黒などはっきりとした濃いカラーは、紫外線を浴び続けると元々あった美しい光沢が色あせてしまいます。

しかし、コーティングしていれば、強烈な紫外線を浴び続けても被膜がボディ本体をガードしているので、色あせる心配はありません。

メリット⑤車売却時に査定額が上がることも

車を売却する場合、車の状態を少しでも良くすればそれだけ査定額はアップする可能性があります。
そのためにはボディを磨いたり細部を清掃したりして手間がかかるでしょう。

コーティングによりボディが保護されている車は、購入時から何年か経過してもそれほど劣化しておらず、傷もついていない・汚れてもいない、良い状態を保てます。売却時に、手間をかけずに高額の査定額が期待できるといってもいいでしょう。

コーティング施工をすればお金がかかりますが、コーティング以降の手入れの手間の軽減、売却時の査定額アップを考えた場合、コーティング施工にかかる費用のほうが安いといえます。

車のコーティングが施工できる場所と費用

では、車のコーティングをしたい場合、どんなところに依頼すればいいのでしょうか。
コーティング施工を受け付けている業者は以下になります。

・カー用品店

コーティング種類 ガラスコーティング系、ガラスコーティング
耐久年数 1〜3年
費用 ・軽自動車:40,000円~70,000円
・中型、大型クラス: 70,000円~200,000円

・ディーラー

コーティング種類 ガラスコーティング系、ガラスコーティング
耐久年数 1〜3年
費用 ・軽自動車:40,000円~70,000円
・中型、大型クラス: 70,000円~200,000円

・ガソリンスタンド

コーティング種類 ポリマー系コーティング、ガラス系コーティング
耐久年数 3ヶ月〜1年
費用 ・軽自動車:5,000円~40,000円
・中型、大型クラス: 30,000円~120,000円

・コーティング専門店

コーティング種類 ガラス系コーティング、ガラスコーティング、セラミックコーティング
耐久年数 1年〜7年
費用 ・軽自動車:40,000円~100,000円以上
・中型、大型クラス: 70,000円~600,000円

車のコーティングは新車購入時が断然オススメ

車のコーティングを行うタイミングは、新車購入時がおすすめです。購入してある程度乗車してからコーティングを行うと、コーティング前にボディを洗浄したり修復したりといった作業も行うので、その分費用がかかります。

しかし、新車は購入した時点で傷も汚れもない、まったく劣化していない状態なので、コーティング以外の作業を省略できて、その分費用がかかりません。

中古車のコーティングなら市販のコーティング剤でもできる

中古車を所有しててコーティングをしたいと検討中の人は、業者に依頼せずに自分でコーティングを行う方法をおすすめします。

セルフコーティングを行う際におすすめするのがプロ絶賛のガラスコーティング Zeus clear(ゼウスクリア)です。

ゼウスクリアは、コーティング剤だけでなく、鉄粉取りねんど、脱脂剤、メンテナンス用コーティング剤などがセットで用意されています。
用意するのは洗車用具だけなので、業者に頼まなくても自分で愛車のコーティングが可能です。

グーネットを使うと近くのコーティング店も検索できる

コーティングを受け付けている業者を探したい場合、中古車情報サイトである「グーネット」の利用がおすすめです。
グーネットの検索機能を使えば、最寄りでコーティング可能な業者を簡単に見つけることができます。

まとめ

コーティングは車に執着しない人であればそれほど重要ではないですが、普段から車を愛用している人であれば、多大なメリットをもたらします。今回の記事を参考にして、この機会に愛車のコーティングを検討してみてはいかがでしょうか。