ガラスコーティングした車の洗車方法とは?手洗い洗車と注意点

車のボディを汚れや傷から守ってくれる強い味方がガラスコーティングです。

コーティングさえすれば、ボディのケアにそれほど力を入れなくても大丈夫と思ってる人もいるでしょうが、果たしてコーティング後は洗車は不要なのでしょうか。

今回は、コーティングした車と洗車についての関係について、詳しく解説しましょう。

日本ライティング
日本ライティング

コーティングしていても洗車は必要なのか?

コーティングは汚れにくい・傷がつきにくくなるという効果がありますが、コーティングした後は洗車をする必要はあるのでしょうか。

その答えは「洗車の必要はある」です。

確かにコーティングをするとコーティングしてない状態の車よりボディは汚れにくくなります。
コーティングすることによってボディ表面に被膜が発生して、汚れなどをはじく働きをしてくれるからです。
そのため、汚れが付着しても拭き取るだけで簡単に落ちます。

しかし、長期にわたって放置していると汚れが被膜に付着したまま酸化してしまい、汚れが落ちにくくなるのです。

また、簡単に落ちる汚れとはいえ、汚れっぱなしだと見た目が汚くなり、ボディ保護以外のコーティングの性能であるボディのつや出し、輝かせる効果を発揮できません。
コーティングの性能を出すためにも、定期的な洗車が必要といえます。

ガラスコーティング施工後の洗車頻度と注意点

ガラスコーティングを施工した後の洗車は、何も考えずに行ってはいけません。どれくらいの頻度でやるか、どんな点に注意するかを把握しておく必要があります。

コーティングした車の洗車方法などについて、以下より解説しましょう。

施工後1ヶ月が経過したら定期的に洗車をする

ガラスコーティング施工直後に洗車をしてはいけません。
ガラスコーティングの被膜は1ヶ月ほど経過しないと完全に硬化しない仕組みです。

硬化してない状態の被膜を触ると、指の指紋や汚れなどがそのまま被膜状に残ってしまいます。
そのため、コーティング後は1ヶ月ほど放置する必要があります。

ただし、花粉や黄砂の多い季節は他の時期よりもボディが汚れてしまうので、軽く水洗いしてもかまいません。
洗ったあとはしっかりと水気を取ることも忘れないようにしましょう。

洗車頻度は、1〜2ヶ月に1回で水洗い洗車をする

ガラスコーティングの被膜が完全に固まってからは、1〜2ヶ月程度の頻度で水洗いするといいでしょう。

毎日運転する人は1ヶ月ほどでそれなりに汚れが付着するので、1ヶ月に1度の頻度での洗車がおすすめです。

洗車方法は、軽く水洗いをして、その後は水分をしっかりと拭き取るというやり方で十分です。ガラスコーティングされた車は、しっかりとコーティングで守られているので、その程度で汚れは簡単に落ちます。

それほど運転する機会がない人でも、駐車している間に大気中の汚れが付着しているので、2ヶ月に1回は洗車するといいでしょう。

あわせてワックスがけも定期的に行う

コーティングされた車はボディがより輝くようになっているので、ワックスがけは必要ないと思っている人もいるでしょう。

しかし、コーティングされたボディにワックスをかけると、ワックスが被膜の保護の役割をします。

つまりワックスとコーティングの被膜が二重でボディを守ることになるのです。
それにより、さらに汚れがつきにくくなり、定期的な洗車も輪をかけて楽になるでしょう。洗車時はワックスをしっかりとかけることもおすすめです。

関連記事

車のボディを美しく見せるために行うワックスがけは、それほど需要ではないと思っている人もいるでしょう。 しかし、ワックスは車にとってさまざまな利点があります。 今回は、ワックスのメリット、ワックスの選び方、おすすめワックスなどを紹[…]

洗車後にワックスがけは必要?メリットや選び方、おすすめ商品を紹介

コーティングした車を手洗い洗車する際に気をつけるポイント

コーティングされた車を手洗いで洗車する場合、いくつかの注意点を把握して行わなければいけません。注意点を知らないままでいると、せっかくのコーティングが台無しになる可能性もあります。

では、以下より、その注意点を紹介しましょう。

まずは水で汚れを落としてからスポンジを使う

洗車する際は、スポンジやブラシでいきなりゴシゴシするのでなく、水をかけて表面のゴミを洗い流しましょう。洗車する車は1〜2ヶ月の間で細かい砂やゴミが付着しているので、その状態のままスポンジでゴシゴシ洗うと、砂やゴミがこすられて、被膜を傷つけてしまいます。

そのため、まずは水洗いで砂などを一掃しましょう。

関連記事

洗車時に使用するスポンジ・モップはさまざまな種類があるので、自分の車に合ったスポンジを選ぶ必要があります。 今回は、スポンジ・モップ選びの大事なポイント、おすすめスポンジなどを紹介しましょう。 [sitecard subtitl[…]

洗車スポンジ・モップおすすめ11選と失敗しない選び方を解説

洗車をしたらすぐに水気をとる

コーティングされた車の洗車は水洗いだけでも十分きれいになりますが、もし目立つ汚れがある場合は、シャンプーを使って洗いましょう。

洗車用シャンプーは汚れが落ちやすいように研磨剤が配合されているものがありますが、コーティングされた車にこの対応を使ってはいけません。研磨剤の作用により被膜に傷がついてしまいます。洗車用シャンプーのなかには研磨剤が含まれていないタイプもあるので、それを使用しましょう。

そしてシャンプーを使って洗車をしたら、しっかりと洗い残しがないようにすることも大事です。
水垢・ウロコが残るので、シャンプーでの洗車は洗い残しがないように、しっかりと水気を拭き取りましょう。

ガラスコーティング後の洗車機は利用しても大丈夫?

コーティング後の洗車に洗車機は使わないほうがいいです。洗車機がパワーがあるのでコーティングを傷つける可能性があるからです。
それでも洗車機を使いたい場合、いくつかの注意点を守る必要があります。

その注意点について以下より紹介します。

洗車機を使うなら「ノンブラシ」タイプを使う

洗車機のブラシでよく使用されているブラシはナイロンブラシ・プラスチックブラシです。

このブラシはコーティングを傷つける恐れがあります。
洗車機のブラシは、スポンジブラシ・ノンブラシタイプといったやわらかいブラシだと安心なので、これらのブラシが使われている洗車機を選びましょう。

洗車機に入れる前に必ず水洗いをする

洗車機を使用する前には、車のボディを水洗いしましょう。
水洗いする前のボディは細かい砂やほこりが付着しているので、そのままの状態で洗車機にかけるとブラジが砂などをこすってコーティングを傷つけます。コーティングにダメージを与えないように水洗いを欠かさないようにしましょう。

ワックス洗車は選ばないようにする

コーティングされた車をワックス洗車すると、コーティングの特性がなくなってしまう可能性があります。

そのため、洗車機はワックス洗車ではなくシャンプー洗車を選ぶといいでしょう。

関連記事

車にコーティングをしてボディに光沢が出たあと、さらに洗車機にかけるとコーティングされたボディはどうなってしまうのでしょうか。 今回はコーティング後の洗車などについて、解説します。 コーティング後の車に洗車機は使わないほ[…]

コーティング後の車に洗車機を使っても大丈夫?最適な洗車方法とは

まとめ

ガラスコーティングを施すと、汚れがつきにくくなる・ボディの輝きも増す・洗車が楽など、いくつものメリットがあります。

しかし、せっかくガラスコーティングをしてもいくつかの注意点を把握してないと、コーティングの作用は台無しになってしまうでしょう。

ガラスコーティングにおいての注意事項はそれほど難しいことではありません。

今回の記事を参考にして注意事項を実践して、コーティングの輝きを維持してください。