車の水垢取りおすすめランキング10選【ウォータースポット除去剤】

愛車についた水垢を落とすにはウォータースポット除去剤がおすすめです。

しかし、種類がたくさんありすぎて、どれを選んだら良いかわからないという方が多いと思います。

そこで、今回、車についた水垢を取り除くことができるウォータースポット除去剤を紹介していきます。

おすすめのウォータースポット除去剤を徹底分析しています。ぜひ参考にしてみてください。

車の水垢取りおすすめランキング10選【ウォータースポット除去剤】

軽い水垢から頑固な水垢まで自分で簡単に除去するためのウォータースポット除去剤を紹介していきます。

おすすめランキング10選から自分に合った除去剤を見つけてください。

リンレイ ウォータースポット除去用コンパウンド

リンレイウォータースポット除去用コンパウンドは頑固な水垢を簡単に除去することが可能です。

超微細の研磨粒子と油膜研磨粒子が配合されており、頑固な水垢と油膜をしっかりと取り除くことができます。

水垢がこびりついたフロントガラスに使用することで、水垢を綺麗に落とし、クリアな視界を確保することができます。

ジーオン ウォータースポットリムーバー

ジーオンウォータースポットリムーバーはスプレータイプなので手軽に使用することができます。

水などで薄める必要がなく、原液のままボディなどにスプレーすることで、水垢を除去することができます。

Surluster スピリットクリーナー

Surlusterスピリットクリーナーは洗車では落ちない水垢や汚れを徹底的に除去することができます。

さらに、微細の研磨剤が配合されているため、小さな傷も消すことが可能です。

スポンジにスピリットクリーナーを少量つけて、水垢が気になるところを磨き、クロスで拭き上げるだけなので誰でも簡単にできます。
金額もリーズナブルなのでコスパが良いクリーナーです。

モノタロウ ガラスうろこ取りクリーナー

モノタロウガラスうろこ取りクリーナーはガラスクリーナーでは落とすことができない頑固な水垢を綺麗に落とすことができます。

クリームタイプなので、スポンジと拭き上げ用のクロスがあれば簡単に作業できます。

また、水垢以外にも油膜にも効果があるため、ガラスだけでなくミラーにも使うことができます。

リピカ イオンデポジットクリーナー

リピカイオンデポジットクリーナーは研磨剤を使用せずに化学分解によって水垢を除去できるのが特徴です。

他のクリーナーには研磨剤が含まれていることが多いですが、リピカ イオンデポジットクリーナーは水垢の原因であるカルシウムやマグネシウムを化学分解で簡単に除去することができます。

CarZoot ウォータースポット除去剤

CarZootウォータースポット除去剤はプロも使用するCarZootブランドの製品です。

コンパウンドを使用せず、ウォータースポットやイオンデポジットを除去することが可能です。

2剤式となっており、頑固な水垢を簡単に綺麗にすることができ、驚異の除去力を誇っています。

カーメイト ウォータースポットクリーナー

カーメイト ウォータースポットクリーナーの特徴は3つの研磨粒子と特殊なファイバーパッドが配合されており、どのような水垢にも効果があるところにあります。

3種類の研磨粒子により油膜や水垢を取り除き、特殊なファイバーパッドによって油膜や被膜を簡単に除去することができます。

CAR CARE SYSTEM 酸性特殊クリーナー

CAR CARE SYSTEM酸性特殊クリーナーは専用のスポンジを使用することで、強力な水垢をしっかりと落とすことができます。

さらに、水垢だけでなく固着した黒ずみや錆、酸化被膜などをすばやく溶解することができるのが特徴です。

さらに、洗車のプロも使用していることから、安心して使用することができます。

カービューティープロツカハラ ステイン&スケール酸性クリーナー

カービューティープロツカハラステイン&スケール酸性クリーナーは業務用強力除去剤として知られています。

プロ仕様のため、頑固な水垢や油膜にもしっかりと効果があり、簡単にウォータースポットやイオンデポジットを除去することができます。

ステイゴールド おさるのスゴピカシリーズ「ウロコ取り」

ステイゴールド おさるのスゴピカシリーズ「ウロコ取り」はガラスの水垢だけでなく、樹脂製のピラーやバイザーにも使用可能です。

さらに、ボディにも使用することができるため、幅広い用途で使用できるのが特徴です。

また、使用方法もスポンジで拭いて水で流すだけなので、簡単に水垢除去を行うことができます。

車の水垢取り・ウォータースポット除去剤の選び方

車用のウォータースポット除去剤は多くの種類があります。

しかし、どれを使ったら良いかわからない方も多いかと思います。

実際、用途に合わせて使用しないと効果が出ないこともあります。

初めてウォータースポット除去剤を使用する方でもわかりやすいように、どれを選んだら良いかを紹介していきます。

コンパウンドタイプか分解・溶解タイプで選ぶ

ウォータースポット除去剤をコンパウンドタイプか分解・溶解タイプかで選んでいきましょう。

  • コンパウンドタイプ
    コンパウンドタイプは溶剤に研磨剤を含んでいます。したがって、頑固な水垢や油膜を磨き落とすことができるため、強力な除去剤と言えます。
    しかし、研磨剤を含んでいるため、ボディなどの繊細な表面を傷つけてしまう可能性もあります。使用する時はボディなどをしっかりと保護することが大切です。
  • 分解・溶解タイプ
    一方、分解・溶解タイプは研磨剤を含んでおらず、化学分解を行うことで水垢を除去することができます。
    しかし、強力な液剤を含んでいるため、ボディのコーティング層も剥がしてしまうことがあります。使用する時は必ず説明書を読んで、養生などでボディの保護を行いましょう。

使用できる場所や範囲で選ぶ

使用する場所や範囲で選ぶ方法を紹介していきます。

通常、ウォータースポット除去剤は窓ガラス専用であったり、ボディ専用であったり、使用する場所によって分かれていることが一般的です。
また、ガラス専用の除去剤をボディに使用してしまうと塗装が剥がれたりすることもあります。

したがって、どこに使用できるかをしっかりと確認する必要があります。

関連記事

車のフロントガラスにこびりついた水垢やウロコの取り方を紹介していきます。 そもそも、なぜ水垢やウロコがついてしまうのでしょうか。 水垢がついてしまう原因や対処方法についても解説していきます。 車のフロントガラスにできる「水垢・[…]

車のフロントガラスの水垢・ウロコ取りの方法|原因から対処方法まで解説

どこまでの汚れに対応できるかで選ぶ

どこまでの汚れに対応できるのかについてチェックすることも大切です。

たとえば、ウォータースポットだけでなく、油膜やイオンデポジットにも効果があるのかどうかを確認することがポイントです。
しかし、車を見て、どの種類の汚れかを区別することは素人には難しいです。

したがって、あらゆる汚れに対応した万能タイプを選ぶことをおすすめします。

まとめ

車用のウォータースポット除去剤おすすめ10選を紹介してきました。

ウォータースポット除去剤には多くの種類があり、それぞれに特徴があります。

窓ガラスやボディなど使える場所で選んだり、ウォータースポットか油膜、イオンデポジットなど汚れの種類で選んだりすることがポイントです。

しかし、専門用語が多くてわからないという方も多いと思います。
その場合は万能タイプのクリーナーを使用することがおすすめです。