車のコーティングの価格相場は?ガラスコーティングだと高くなるの?

カーコーティングは車のボディを保護してくれる高性能なものですが、具体的にいくらかかるのか把握してない人は少なくないでしょう。

今回は、カーコーティングにかかる費用の相場、費用を安く済ませる方法などについて、詳しく解説します。

車コーティングの価格相場はどれくらい?

車に施すコーティングは全部5つの種類があり、その種類、そしてコーティングを施す車が新車か中古車かによって料金や持続性が異なります。

では、それぞれの料金・持続性の違いをみてみましょう。

新車のコーティング施工の価格相場

新車にするコーティング施工の料金の違いを以下の方にまとめてみました。

製品 料金 持続性
ワックス 1,000〜2,000円 1週間ほど
ポリマーコーティング 10,000〜30,000円 1〜3ヶ月
ガラス系コーティング 50,000〜70,000円 半年〜1年
ガラスコーティング 70,000〜100,000円 3〜5年
セラミックコーティング 100,000〜150,000円 5〜7年

料金がかかるほど持続性も長くなり、それだけ施工時間もかかります。

使用車(中古車)のコーティング施工の価格相場

同じ製品を使用しても中古車へのコーティング施工の費用は、新車に比べて違いがあります。
その料金を以下よりみてみましょう。

製品名 料金 持続性
ワックス 2,000〜3,000円 1週間
ポリマーコーティング 20,000〜40,000円 1〜3ヶ月
ガラス系コーティング 60,000〜80,000円 半年
ガラスコーティング 100,000〜150,000円 3~5年
セラミックコーティング 150,000~200,000円 5~7年

このように、同じ製品を使っていながら、中古車への施工は新車と比べると料金が高いです。
中古車は経年劣化により、細部にわたり傷や汚れ、シミなどがあるため、コーティングの前に下地処理をしなければいけません。新車より手間がかかるため費用もかかります。

車コーティングの価格相場は施工箇所で異なる

コーティングはコーティングの製品および施工を依頼するお店によっても費用が異なります。
その違いを以下より説明しましょう。

コーティングの種類によって価格は異なる

コーティングは使用する製品によって、料金だけでなく施工にかかる時間などに違いが生じます。それぞれの異なる点を表にまとめたのでみてみましょう。

製品名 料金 施工時間 持続性 汚れづらさ
ワックス 1,000〜2,000円 1時間 1週間 ×
ポリマーコーティング 10,000〜30,000円 3時間 1~3ヵ月 ×
ガラス系コーティング 50,000~70,000円 5時間 半年
ガラスコーティング 70,000~100,000円 10時間 3~5年
セラミックコーティング 100,000~150,000円 15時間 5~7年

このように、料金が高い製品ほど持続性も高く汚れもつきにくくなりますが、その分施工時間が半日〜1日ほどかかります。
急いでコーティングを済ませたい人は、安価なもので施工してもらうのがいいでしょう。

どの業者にコーティングを依頼するかで価格は異なる

コーティングの施工をする方法は全部で5つあります。それぞれの違いを以下の表でみてみましょう。

施工する方法 製品名 料金 持続性
コーティング専門店 ガラスコーティング

セラミックコーティング

100,000
〜150,000円
3~7年
カーディーラー ガラス系コーティング 80,000

~100,000円

1~2年
量販店 

(オートバックス、イエローハット等) 

ガラス系コーティング 

ポリマーコーティング

40,000

〜60,000円

1年
ガソリンスタンド ガラス系コーティング

ポリマーコーティング

20,000

〜30,000円

半年
自分で施工する ガラスコーティング 5,000

〜10,000円

1~3年

表のようにコーティングは自分で行うことも可能で、この場合だとかかる費用も安価に抑えることができます。
しかし手間とスキルが必要で失敗する可能性もあります。手間を省くためには専門店に依頼するのが無難です。

コーティングの価格を安く抑える4つの方法

コーティングは決して安いものではありませんが、ほとんどの人がなるべく安く出費を抑えたいと思っているでしょう。
そのような人のために、コーティング費用を安くする方法を4つ紹介します。

新車購入時にコーティング専門店に依頼する

新車購入時にコーティング施工も依頼すると、数年経過してからコーティングを行うよりも安く済ませられます。
中古車にコーティング施工をする場合、ボディの経年劣化のために下地処理をする必要があるので、その費用も取られます。

しかし,新車は劣化をまったくしていない状態なので下地処理の費用はかかりません。
新車時のコーティングはディーラーだと手数料が取られますが、専門ショップだと安く済ませられます。

web割引などを使用する

コーティングを受け付けているお店のホームページを見ると、web割引をやっているところもあります。
このようなお店だと10〜20%の割引、お店によっては50%の割引を行っているところもあるでしょう。

安く抑えたいならお店のホームページもしっかりとチェックすることが大事です。

2社以上に相見積もりを取る

コーティングを受け付けているほとんどのお店が、コーティング施工費用の無料見積もりを行っています。
1つのお店だけでなく複数のお店で見積もりを出せば、どのお店が安価で施工してくれるか知ることができます。

また、見積もりの際に値引きしてくれるところもあるので、見積もりは必ず出してもらいましょう。

DIY(自分で)コーティングをする

コーティングにかかる出費を最も抑えられる方法は、自分でコーティングを行うことです。
コーティング剤は市販でも販売されているので、それを使えば自分でコーティング施工を行うことができます。

カーディーラーに施工を依頼した費用が10万円だとすると、DIYの場合は5,000〜1万円で済みます。
カーディーラーの10〜20分の1で出費を抑えることが可能なのです。

しかし、自分で行うとそれ相応の時間がかかり、コーティングに関する知識も持っていないとできません。
また、購入してから数年経った車の場合、下地処理もしなくてはいけないなど、デメリットも少なくありません。

手間がかかってもいいから安く済ませたいという人は、DIYでのコーティングをおすすめします。

近くのコーティング可能な業者はグーピットで調べよう

コーティングを受け付けている業者を探す場合、グーピットの利用をお勧めします。
グーピットは車のメンテナンス専門サイトで、全国の整備工場に関する情報10,000店舗以上を掲載しているサイトです。

修理・点検・車検・コーティングと自身が希望する項目で、最寄りの店舗を見つければます。
サイト上からの予約も可能なので、コーティングをしようか計画している人はぜひ活用しましょう。

コーティング後の洗車不要?定期的なメンテナンスを心がけよう

コーティングをすれば汚れや傷がつきにくくなりますが、コーティングが何もかも車を保護してくれるわけではありません。
そのため、ずっと放置するのではなく、1〜2ヶ月に1回は洗車をして、車のメンテナンスをしましょう。

日頃からチェックしておけば、故障などの発生を回避できます。

まとめ

コーティング施工をする前に、かかる費用・施工時間・コーティングの種類など、さまざまな情報を把握していれば、施工依頼の際にスムーズにコーティング施工を進められます。

自分の車にぴったりなコーティングをしましょう。