車内清掃のやり方完全ガイド|おすすめのグッズ9選と自分で行う掃除のポイント

車は長い間乗車していると、いつの間にか車内が汚れや臭いが染み付いてきます。

しかし、いざ車内清掃を実行しようとしても、どんな手順でどんな道具を用意したらいいのかわからない人もいるでしょう。

今回は、車内清掃に必要な道具や手順について、詳しく解説します。

まずは車内清掃の事前準備をしよう!

まずはじめに行うことは車内にある荷物などを一旦外に出すことです。

ここで大事なのは、シートのホコリを最初にたたいておくことです。
後でやるより最初にほこりを出し切ったほうが効率よく清掃が行えます。

車内清掃を行う日は、シートや天井などを拭き掃除したあとにすぐ乾くのがベストなので、晴れの日がいいでしょう。
湿気の多い日や雨の日は乾きが悪く、雑菌やカビが繁殖する原因になります。

これだけあれば十分!車内清掃で使用する道具6つ

車内清掃で使用する道具は以下のものになります。

  1. 車用ウェットシート
  2. モップ
  3. 掃除機
  4. 粘着クリーナー(コロコロ)
  5. ガラスクリーナー
  6. マイクロファイバークロス

清掃を開始してから「あれが必要だった」とならないように、事前にしっかりと揃えておきましょう。

また、清掃中は終始ほこりが舞うので、保護用にマスクも用意すると便利です。

車内清掃の手順

車内清掃には手順があり、その手順を守ことによって効率的に作業を進めることができます。

では、その手順について以下より説明しましょう。

STEP1:天井

車内は上から順に手をつけるのが効率よく清掃を進められる順番なので、最初は天井の清掃から行います。

天井の掃除は専用ウェットスーツを使って汚れを拭き取るという方法です。

専用ウェットシートは通常のウェットシートと違って洗浄成分が配合されているもの、防菌防カビ作用のあるものがあり、落ちにくい汚れも拭き取ることができます。

汚れをしっかりと落としたいあまりに力を入れてゴシゴシする人もいますが、それはやってはいけません。

力を入れ過ぎると天井の素材を傷めてしまう可能性があるので、ほどほどの力で拭き取りをしましょう。

STEP2:内装

続いて清掃を行うのは内装です。
まず、モップを使って表面に積もったホコリを取り除きましょう。

ドアポケットやドリンクホルダーはホコリや汚れが溜まりやすい箇所なので、しっかりと取り除くことが大事です。

ハンドルやシフトノブ、ドアハンドルはホコリだけでなく手の油や汗で汚れやすい箇所で、モップ掃除だけでは汚れは落ちにくくなっています。
この場合、専用ウェットシートで拭き取りをしてしっかりと油汚れを落としましょう。

STEP3:シート(座席)

シートの掃除はシート上に付いたゴミを掃除機で吸い取ります。

掃除機は一般家庭で使うタイプではなく、片手で持てる専用の掃除機を使うと楽に掃除できます。

背もたれと座面のすき間はゴミがたまりやすいので、背もたれを倒してかき出してゴミを取り除きましょう。

粘着クリーナーを併用してホコリやシートに付いた髪の毛、ペットの抜け毛などを取り除くと効率良く清掃が進められます。

関連記事

車内清掃を行う際に便利なアイテムなのが、車用掃除機です。 片手で操作できてす狭い箇所にも対応するため、車内の隅々まで掃除できます。 今回は、車用掃除機を選ぶポイント、おすすめ掃除機などについて紹介しましょう。 [sitec[…]

車内清掃のための車用掃除機10選|選び方のポイントとは?

STEP4:フロアマット・床

フロアマットは取り外して車の外に出してバサバサと揺さぶる、叩くなどして付着した砂や髪の毛、ほこりなどを落とします。
それでも付着したものが落ちない場合は掃除機・粘着クリーナーで取り除きましょう。

次に行うのがフロアマットを取り外してむき出しになった床の掃除です。

床は掃除機をかけてきれいにしましょう。狭い箇所は座席を動かすと掃除しやすくなります。

STEP5:ガラス(内側)

最後は各ガラスの内側の清掃です。
ガラスはタバコのヤニや手の垢や油汚れがついているので、専用ガラスクリーナーを使ってしっかりと汚れを落としましょう。

ガラスが汚れていると水蒸気がつきやすくなり曇りガラスの原因になりますが、専用クリーナーでしっかりと汚れを落とせば、曇りガラス防止にもなります。

シュリナビおすすめ!車内清掃グッズ9選をご紹介

上記で紹介した車内清掃に使うアイテムは、各メーカーからたくさんの種類が販売されているので、どれを購入していいのか迷う人もいるでしょう。

では、当記事が厳選した車内清掃のおすすめグッズを9つ紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

天井・内装のお手入れグッズ

天井・内装の掃除で効果を発揮するグッズは次の2点です。

・ソフト99「クルマどこでもWet」

価格 627円(税込)
サイズ 約300×265mm
内容量 35枚

頑固な汚れに強い洗浄成分が配合された専用ウェットシートです。
除菌剤、防カビ剤も配合されているので清掃後もクリーンさが維持されます。


・リンレイ「ホコリキャッチャーミニ グリーン/グレー/パープル/オレンジ」

価格 407円(税込)
サイズ 約70×33×240mm
内容量 1個

カラフルな色合いが特徴の車内用モップです。見た目の良さだけでなく、性能も抜群で車内のホコリやタバコの灰を一掃します。


シート・フロアマット(床)のお手入れ

シートやフロアマットの汚れを一掃するのが、以下の4つのグッズです。

・クレトム「プロスペックサイクロンもも太郎 DA-41」

価格 5,500円(税込)
サイズ 約103×300×140mm
内容量 1個

車内清掃に強い効果を発揮するハンディ掃除機です。
小型ながらも強い吸引力で隅々まできれいにします。


・アイリスオーヤマ「トルクル カーペットクリーナー本体ミニ」

価格 500円(税込み)
サイズ 幅80mm×60周巻
内容量 1個

粘着力でゴミや髪の毛をすべて取り除く粘着クリーナーです。
通常のコロコロよりななめカットで使用済みのシートをきれいに剥がしやすい仕様になっているので、使いやすいです。


・ソフト99「本革拭くだけシート」

価格 528円(税込)
サイズ 約250×200mm
内容量 7枚

さっと拭くだけで汚れや油を取り除き、拭いた後はしっとりとした仕上がりになります。


・シュアラスター「ゼロインテリアマルチクリーナー」

価格 990円(税込)
サイズ
内容量 200ml

消臭力があるこのクリーナーは、雑菌繁殖を抑制する性能もあるので、雑菌やカビを防ぎます。

ガラス(内側)のお手入れ

・クリンビュー「SWIFT AND TIDY」

価格 600円(税込)
サイズ
内容量 170ml

くもり防止のためのスプレーですが、内窓のくもり防止だけでなく外窓の油膜取りにも使えます。


・ソフト99「窓フクピカ くもり止め強化タイプ」

価格 352円(税込)
サイズ 約300×265mm
内容量 10枚

さっと拭くだけでくもりを一掃できて、くもり発生防止の作用もあります。


・カーメイト「エクスクリア 360ワイパー」

価格 2,035円(税込)
サイズ 全長約380mm
拭き取り面:約100×150mm
内容量 1本

ワイパータイプのため、届きにくい箇所にも楽々届いて拭き取り残しがないようにします。

どうしても自分でできない場合は業者に依頼しよう!

以上、車内清掃の方法などについて説明してきましたが、車内清掃をしたいけど暇がない、清掃は面倒などという人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのが専門業者に依頼する手段です。
ガソリンスタンドやディーラー、カー用品専門店では、オイル交換や洗車だけでなく車内清掃も受け付けています。

プロのスキルと確かな知識を持ったプロの業者が清掃を行うので、落ちにくい汚れなどを一掃して新車同様に車内をピカピカにすることが可能です。

業者に依頼するので料金がかかりますが、手間をかけずに確実にきれいにしたいなら、業者利用がいいでしょう。

関連記事

車内の清掃をしたくても時間がなくてなかなかできないという人は少なくないでしょう。 そんな時におすすめなのがプロの業者にお任せする方法です。 では、プロの業者に依頼するとどんなメリットがあり、業者にはどんな種類があるのでしょうか。[…]

車内清掃・クリーニング!プロに任せるメリットと料金相場

まとめ

車内清掃は専用の道具の準備と清掃手順、清掃する時間の確保さえできれば、それほど苦労せずに実行可能です。

今回のこの記事を参考にして、この機会に実践してみて、長年の汚れを取り除いてみてはいかがでしょうか。