車のブレーキから異音が聞こえる4つの原因!修理・交換費用はいくら?

車の運転でもっとも重要な機能が、ブレーキ。

どんなに速く走れても、コーナリングがスムーズにできても、止まることができなければ、走行はできません。

そんなブレーキから「キーーーッ」「ゴーーーッ」と異音が聞こえたら、「ブレーキが効かなくなるのでは?」「車が故障するのでは?」「修理・交換費用はいくらかかるの?」と不安になるかたも多いと思います。

ブレーキが故障すると、安心・安全な走行は不可能で、大きな事故に繋がる恐れもあります。走行に危険を感じたら迷わずにJAF(日本自動車連盟)などのロードサービスに相談をしましょう。

しゅりくん
この記事では、ブレーキから異音が聞こえる原因、対処方法、修理・交換費用について解説をしていきます。

廃車 買取 10年

ブレーキから異音が聞こえる原因は?

ブレーキ 異音 原因

走行中に、突然「キーーーッ」「ゴーーーッ」と異音が聞こえたら、不安な気持ちになりますよね。まずは、ブレーキから異音が聞こえる原因についてを解説していきます。

主な原因としては、次の4点が挙げられます。

  • ブレーキパッドの消耗や減り
  • ブレーキパッドとブレーキディスクの摩擦による振動音
  • ブレーキディスクの錆び
  • ブースターのエア漏れ

キーっという異音が聞こえたら、ブレーキパッドの消耗・減りが考えられる

ブレーキパッドとは、タイヤと連動して回転しているブレーキディスクを挟み込む装置。

ブレーキディスクの両面に装備され、挟み込むことにより、車が停止します。ブレーキをかけるごとに、少しずつ消耗・すり減っていくので、厚みが薄くなっていくと、「キーーッ」という甲高い音が聞こえます。

ブレーキパッドの新品は、メーカー毎に異なりますが、約10mmほど。この厚さが、2〜3mm以下になれば、交換の目安となります。

そして、交換時期の目安の薄さになると、あえて異音を出して、交換を知らせる仕組みになっています。

しゅりくん
これを下回るとブレーキの効きが悪くなり、重大な事故に繋がる可能性があるのでご注意ください。早めに交換作業を行いましょう。ブレーキパットの交換費用はいくら?交換費用を安くする方法も紹介

ブレーキディスクの摩擦による振動音の可能性も(キーーッという異音)

ブレーキパッドの厚さが充分であっても、ブレーキディスクの摩擦の問題から、キーッという音が聞こえるケースもあります。

回転しているディスクと静止しているパッドが接触をして、振動を発生。

この時に、パッドやディスクの摩擦面に問題がある場合は、振動がキャリパーやサスペンションに伝わり、振動が音となって広がります。

しゅりくん
パッドとディスクとの摩擦の問題であれば、ブレーキパッドの面取りやグリスアップをすることで改善ができます。

ゴーという異音が聞こえたら、ブレーキディスクが錆びている可能性

ブレーキディスクは、外部に露出しているので、長時間放置をしていると錆びてしまうことも。

その状態で、パッドが接触をすると、ゴーという擦れた異音が聞こえます。

シューという異音が聞こえたら、ブレーキブースターのエア漏れ

ブレーキブースターは、運転手のブレーキの踏み力を軽減する装置。別名、倍力装置とも呼ばれます。

キャプレター、インジェクションの負圧を利用して、装置内を真空にして、ブレーキの制動力を高めます。

しゅりくん
シューっと大きな音が聞こえる場合は、ブースターからエア漏れをしている可能性があります。

ブレーキの異音への対処法

ブレーキ 異音 対処法

異音となる原因がわかったところで、次に、対処法についてを解説していきます。

ブレーキパッドの消耗や減り

ブレーキパッドは、1mm以下になると、効きが悪くなり重大な事故につながる恐れがあります。早めに交換作業を行ってください。

ブレーキパッドの寿命は約4万キロほど。(車種や走り方によって異なります)残量が、1.6mm以下になると異音が発生する構造になっています。

そのため、車両本体の不具合・故障の心配はありません。バレーキパッドの交換を知らせる警告音になります。ちなみに、ブレーキパッドが1.6mm以下になると、車検にも通らなくなります。

ブレーキパッドとブレーキディスクの摩擦による振動音

ブレーキパッドの面取りやグリスアップをすることで改善できます。

応急処置としては、ブレーキパッド用の鳴き防止剤・グリスを塗ることが効果的。値段は500円程度になります。

ただし、具体的な原因を特定するためにも、応急処置を施したあとは、プロの修理業者へと点検に出してください。


ブレーキディスクの錆び

ブレーキディスクの錆びは、走行状態でブレーキパッドを効かせると、摩擦効果で落ちていきます。

もしくは、プロの修理業者に、ブレーキディスクの表面研磨を依頼すること。

しゅりくん
ちなみに、ブレーキの分解整備は、国からの許可を得ている認証指定工場でないと出来ません。
まいちゃん
まいちゃん
命に関わる重要な所だもんね。
しゅりくん
自分(DIY)での修理は、絶対にやらないようにしてください。命や事故に繋がる恐れがあります。

ブレーキの修理・交換費用

ブレーキ 異音 修理費用 交換費用

やはり、一番気になるのはお金の面。修理・交換費用はいくらになるの?と気になるかたは多いかと思います。

ブレーキの修理・交換費用の相場価格は、損傷箇所によって異なります。一覧をまとめたので参考にしてください。

  • ブレーキパッドの交換・調整(工賃込み)1箇所1輪|10,000円〜50,000円程度
  • ブレーキディスクの研磨費用(工賃込み)|5,000円〜10,000円程度
  • ブレーキディスクの交換(工賃込み)1箇所1輪|5,000円〜
  • ブレーキブースターの交換費用(工賃込み)|15,000円〜50,000円程度

修理・交換箇所が複数見つかった場合は、数万円の費用になります。

また、作業時間は60分程度。ただし、込み具合によっても異なるので、必ず事前予約をしてください。

ブレーキの異音をそのまま放置にしておくと、ブレーキが効かない・効きにくい状態になっていきます。

しゅりくん
重大な事故につながったり、命にも関わってきますので、再三繰り返しますが、異音が聞こえるようになったら早めに修理に出してください。走行に危険を感じたら迷わずにJAF(日本自動車連盟)などのロードサービスに相談をしましょう。

修理・交換費用が高額ならば、乗り換えを考える選択も

修理・交換費用が高額になるのなら、これを機会に車を買い換える選択もあります。

年式が古く・走行距離も多い車であれば、ブレーキ以外の修理・交換の必要箇所が見つかり、さらに高額になる可能性も。

そのまま修理をして乗り続けるよりも、車を買い換えた方が得になるのか、損になるかを検討してみてください。

廃車買取の専門業者なら、ブレーキに損傷・不具合がある場合でも、「廃車費用を一切かけず」に廃車をできます。

多くの人が勘違いをしているのが「廃車には廃車費用がかかる」ということ。

しかし、廃車買取の専門業者なら、「廃車費用はすべて無料」「レッカー代料金も無料」「廃車手続き代行費も無料」と廃車費用を一切かけることなく、車を廃車にできます。

しゅりくん
他の業者では、「廃車費用がかかる」と言われた車でも、思わぬ高価買取価格がつけられることも。

「なぜ、廃車でも買取価格がつくのか?」と疑問を持たれるかたも多いのではないでしょうか?廃車買取の専門業者では、海外への販売ルートや中古車のパーツ販売のルートがあります。

「廃車費用がかかる。」「ボロボロで買取価格がつけられない。」と言われた車でも、車両価値を引出すことにより、廃車費用をかけることなく廃車手続きを進められます。

「廃車にお金も時間もかけたくない!」という方は、廃車買取の専門業者へとご相談ください。

シュリナビがおすすめする廃車買取業者は、廃車買取のハイシャル!全国対応で買取実績も豊富なのでおすすめです。

まとめ

ブレーキを踏み込むと、異音が聞こえる場合は、ブレーキパッドの消耗や減り、ブレーキディスクの錆びなどの原因が考えられます。

そのまま放置をしておくと、ブレーキが効きにくい・効かない事態になりかねます。

重大な事故に繋がる恐れ・命に関わる問題になっていくので、早めに修理に出すようにしてください。

しゅりくん
以上、「車のブレーキから異音が聞こえる4つの原因とは?修理・交換費用はいくら?」でした。

廃車 買取 10年