車のエアフィルター(エアクリーナー)とは?交換時期から費用まで一挙公開

車のパーツで重要な役割を果たしているのが、エアフィルターです。

車の点検の際、整備士さんから、一度でもエアフィルターの交換をすすめられた経験がある人も少なくないでしょう。

では、エアフィルターとはいったいどのような働きをするパーツなのでしょうか。

今回は、エアフィルターの役割や交換する際のメリットや交換費用などについて、詳しく解説します。

エアフィルター(エアクリーナー)とは?その役割は?

エアフィルターとは、車のエンジンが不純物を取り込まないようにするためのパーツです。
エンジンは、外部の新鮮な空気を取り込んで循環させることによって正常な働きをします。

具体的にいうと、取り込まれた空気は車の燃料であるガソリンに混ぜられてシリンダーに移行。
次に、シリンダーの圧縮運動によって点火が起きて燃焼という一連の流れを経て、エンジンは動き続けるのです。

しかし、取り込まれた空気は必ずきれいな状態とは限りません。
大気中には不純物も混ざっているため、それをそのまま取り込むと、点火するためのプラグに不純物が付いてしまい燃焼が円滑に行われないケースもあります。

また、空気を取り込む入口が塞がってしまい、エンジンが動かなくなる危険性もあるのです。

しかし、エアフィルターがエンジンの空気を取り込む場所に設置されていれば、取り込まれた空気をろ過して不純物を取り払い、クリーンな空気だけをエンジンに取り込めます。

エアフィルターとエアコンフィルターの違い

エアフィルターの働きを知って、エアコンに取り付けられたフィルターを想像する人もいるでしょう。
どちらも空気をろ過するという働きは一緒ですが、エアフィルターとエアコンフィルターには大きな違いがあります。

エアフィルターは前述した通り、空気をエンジンに取り込む前に空気をきれいにする役割です。
それに対してエアコンフィルターは、取り込んだ空気を排出する前にろ過して、空気をきれいにしてから外に出すという流れになります。

また、エアフィルターは車のボンネット内ですが、車に取り付けられたエアコンフィルターの場所はダッシュボード内です。

エアフィルターを交換するメリットとは?

エアフィルターを交換せずに不純物で汚れたままにしていると、前述した通り点火しにくくなってエンジンが動かないなどの不具合が起こり故障の原因になります。
しかし、エアフィルターを定期的に交換していれば、不具合や故障を事前に予防できて、故障した際の修理費用の出費を回避できます。

また、エアフィルターを交換しないで十分に空気が取り込めなくなると生じるのが、エンジンに負担がかかっての燃費低下です。
しかし、エアフィルターを交換すれば大量の空気をスムーズに取り込むことが可能になるので、燃費も良くなります。

エアフィルターの交換時期の目安は?

エアフィルターを交換するタイミングは、車の使用頻度によって異なりますが、一般的には走行距離2〜3万kmに達したときが交換の目安といわれています。

人によっては使用年数を目安にしているケースもありますが、年数よりも走行距離を確認して交換のタイミングを図るのが無難です。
しかし、人によって走行距離10〜20万km、あるいは、5万kmを目安にする人もいます。

もし、走行距離がどれくらいの目安にしていいのかわからない場合は、車検のタイミングがおすすめです。
多くの人は車検の際に交換をしてもらうことがほとんどなので、走行距離をチェックしていなくても車検のときに交換すれば間違いありません。

また、平均より車の走行が多い人、渋滞する道路の利用頻度が高い人は、定期的な点検がおすすめです。

特に、渋滞道など車の走行が多い地域は、空気中の塵埃が多い可能性があるので、不純物も多くエアフィルターに付着します。
そのような場合、エアフィルターが早く消耗することが多いので、まめに修理店や専門店に行って点検を受けるといいでしょう。

エアフィルターの交換方法・手順について

エアフィルターの交換は修理店などで専門家に交換してもらうのが無難ですが、自分でも交換が可能です。

どの車種でも交換方法はほとんど一緒なので、覚えておくと便利でしょう。

①エアフィルターの位置を確認し、箱を開ける

ボンネットをオープンすると見えるのが、エンジンへと続くパイプとつながっているボックスです。
このボックスの中にエアフィルターが収まっています。

  1. ボンネットをオープンして箱があることを確認
  2. その箱を開く

箱のふたは複数のクリップによって固定されていて、クリップの数は車種によって異なります。

クリップを外さずに無理やり箱を開けると壊れてしまうので、クリップはひとつ残らずしっかりと外して箱のふたを開けましょう。

②フィルターを交換

クリップをすべて外したら、次にやるべきことは箱を上げて装着されているエアフィルターを外す作業です。

前述した通、りエンジンと箱は太いパイプでつながっています。
そのため、箱は持ち上げても完全に取り出すことはできないので、箱をずらしてエアフィルターを隙間からうまく取り出さなくてはいけません。

箱の周りは他の機器の配線などもあるので、エアフィルターを乱暴に取り出すと周りの機器を傷つける恐れがあります。
周囲に注意しながら慎重にエアフィルターを取り出しましょう。

次にやることは、用意した新品のエアフィルターを隙間から箱へ入れて装着する作業です。
装着がうまくいかない場合はエアフィルターのタイプが違う・向きが違うなどが考えられます。
タイプや向きを確認して、しっかりと箱に収めるようにしましょう。

箱に収まったのを確認したら、箱を閉める→クリップをとめるという最初と逆の手順を行い、最後にボンネットをクローズしましょう。

そして、最終確認として行うのがエンジンをかけて計器の確認です。

計器をチェックしてエラー表示がなければ、正常に交換が完了したという証拠になります。

エアフィルターの交換費用の目安は?

修理店や専門店でエアフィルターの交換を依頼した場合、かかる費用の相場は3000〜5000円ほどといわれています。
その内訳は技術料が500円、それ以外の費用がエアフィルター代という見解が一般的です。
交換にかかる時間も10分ほどあれば交換完了します。

しかし、なかにはこの費用でも高いと感じる人もいるかもしれません。
そのような人には、前述した通り自分で交換するという手段があります。

amazonや楽天市場で探せば、2000円ほどであらゆる種類のエアフィルターを購入することが可能です。

エアフィルター交換はそれほど難易度が高いものでもないので自分で交換すれば安く済みますが、手先の器用さに自信がない人は、専門家に交換の依頼をしたほうが無難といえるでしょう。

エアフィルターの3つの種類

エアフィルターは大きく分けて3種類あります。どのような種類があるのか次より見てみましょう。

  • 温式エアフィルター
    このタイプは、別名・ウェットエレメントといわれています。
    ウレタンフォームと呼ばれる素材はオイルがしみ込んでいて2層構造になっているため、吸着性に優れているのが特徴です。
    そして、洗うことによって何度も使用できます。
    車本体の軽量化にも貢献するエアフィルターです。

 

  • 乾式エアフィルター
    別名・ドライエレメントと呼ばれるこのタイプは、素材が濾紙なのが特徴です。
    タイプによっては乾燥した布である不繊布を使用しているものもあります。
    空気抵抗が少ないので、空気をスムーズに取り込めます。

 

  • ビスカス式エアフィルター
    別名・オイルコートペーパーエレメントと呼ばれているのがこのタイプで、乾式タイプと同様に濾紙を素材として使用しています。
    乾式と異なる点は濾紙にオイルが染み込んでいる点です。
    長時間使用しても空気抵抗の少なさをキープできます。

まとめ

車を運転する際、エアフィルターがどのような機能を果たしているのか、認識することが大事です。

交換を怠ると車全体の機能が低下する・不具合が生じて安くない修理代がかかる可能性もあります。

エアフィルターは定期的にチェックするようにしましょう。