▷ ▷ ▷ LINEお友だち登録で10%OFFクーポンGET!

アドブルー(尿素水)がなくなるとどうなる?絶対に取るべき行動も紹介

ディーゼル車やトラックの運転手の必需品であるアドブルー。

もし、アドブルーがなくなるとどうなるのでしょうか?

結論から言うと、アドブルーがなくなるとトラックは走行できなくなります。

ですが、今回紹介する適切な行動を取れば、継続し走行できるはずです。

そこで今回は、

・アドブルーがなくなるとどうなるのか?
・どうような対処法を取ればよいのか?

などをご説明します。

うっかりアドブルーの補充を忘れていて、どうするべきか困っている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

アドブルーは排気ガスをキレイにしてくれる

本題に入る前に、アドブルーの役割について簡単にご説明します。

アドブルーとは、尿素を主成分とする水溶液のことです。
トラックのような軽油を燃料とするディーゼル車は、排気ガスの中に有害物質が含まれています。

この排気ガスにアドブルーを混ぜることで、窒素酸化物のような有害物質を窒素と水に分解し、無害化しています。

アドブルーは環境汚染を抑えるための非常に重要な役割を担っています。

アドブルーがなくなるとエンジンが再始動できなくなる

そんなアドブルーがなくなると、どうなってしまうのでしょうか?

冒頭でも触れましたが、トラックは走行できなくなります。
ただ、厳密に言うと、一度エンジンを切ると再度エンジンがかからなくなり、走れなくなります。

つまり、万が一アドブルーがなくなっても、エンジンを止めさえしなければ走行し続けることが可能です。

しかし、1つ注意点が必要です。
それは、環境汚染につながってしまうということです。

さきほどもお伝えしましたが、アドブルーの役割は排気ガスに含まれる有害物質を無害化すること。

アドブルーがなくなった状態で走行し続けると、排気ガスの浄化ができないので、そのまま有害物質を外に出してしまいます。

走行しないといけない状態であれば仕方がありませんが、極力走行は控えましょう。

アドブルーがなくなったら、補充できるスポットに駆け込む

エンジンを止めなければ走れると言っても、いち早くアドブルーを補充して対処する必要があります。

アドブルーは、ガソリンスタンド・カーショップ・整備工場などで取り扱っているので、最寄りの取り扱い店に駆け込みましょう。

値段の基準は次の通りです。

購入場所価格
ガソリンスタンド・ 整備工場150~300円/L
カーショップ400円/L

一般的にカーケアショップは割高になることが多いです。

注意点としては、場所によってはアドブルーを取り扱っていない店舗もあることです。

無駄足にならないように、事前にアドブルーを取り扱っているか、問い合わせをしてから向かいましょう。

アドブルーの代わりに水を入れるのはNG

もしかすると、アドブルーの代わりに水を入れたら大丈夫なのでは?と思った方はいるかもしれません。

結論から言うと、これは絶対にしてはいけません

アドブルーは不純物を含まない純水67.5%、尿素32.5%の割合となっています。

カルシウムやミネラルなどを含んだ水道水などを入れてしまうと、このバランスが崩れてしまいます。

万が一水を入れてしまうと、

・アドブルーが凍結して、エンジンがかからなくなる
・有害物質を分解するためのシステムが腐食する
・濃度センサーがエラーを感知して走れなくなる

などが起こってしまい、結果的にシステムを悪化させて高額な修理がかかってしまいます。

アドブルーがなくなっても、水を入れるという行為はしないようにしましょう。

もしもに備えて、アドブルーを常備しておこう

ここまでは、アドブルーがなくなった時の対処法を説明してきました。

このような困った状況にならないためにも、長距離のドライバーは車内に積んでおくことをおすすめします。

常備しておけば、アドブルーがなくなった時に補充をすることもでき、安心して運転することができます。

アドブルーはカー用品店など実店舗でも買えますが、400円/1Lと割高になる傾向があります。

一方、ネットで購入することで価格面もかなり抑えることができます。

どれを買えばいいのか分からないという方には、パーマンのアドブルーがおすすめです。


パーマン
パーマン

こちらの商品は189.2円/1Lとリーズナブルな価格で品質の良いアドブルーです。

パーマンショップ1965年の創業のトラックのパーツなどを中心に扱っている老舗ショップで、多くのトラックドライバーから支持を受けています。

ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

まとめ

最後に本記事のおさらいをしていきましょう。

アドブルーは軽油を使って走行するトラックなどのディーゼル車の排気ガスを無害化してくれる役割でした。

アドブルーの量が少なくなると

・チェックランプが点灯する
・アドブルー噴射異常という表示がモニターに出る
・警告ブザーが鳴る

上記のような状態になり、アドブルーの補充を催促されます。

アドブルーがなくなっても、エンジンを切らない限り、走行は継続することはできます。

ただ、環境には良くないので、必要最低限の走行に抑えていきましょう。

焦らずにアドブルーを取り扱っているガソリンスタンドやカーケアショップ、整備工場に駆け込みましょう。

アドブルーがなくなって困っている方のご参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次